close
1.

図書

図書
金石範著 ; 姜信子編
出版情報: 東京 : 明石書店
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
玄基栄著 ; 金石範訳
出版情報: 東京 : 新幹社, 2001.4
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
順伊おばさん
海龍の話
アスファルト
順伊おばさん
海龍の話
3.

図書

図書
金石範著
出版情報: 東京 : 文藝春秋, 1983-1997
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
曺智鉉著 ; 金石範 [ほか] 文
出版情報: 東京 : 新幹社, 2003.4
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
金石範著 ; 磯貝治良, 黒古一夫編
出版情報: 東京 : 勉誠出版, 2006.6
シリーズ名: 「在日」文学全集 / 磯貝治良, 黒古一夫編 ; 3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
鴉の死
万徳幽霊奇譚
海の底から、地の底から
驟雨
往生異聞
鴉の死
万徳幽霊奇譚
海の底から、地の底から
6.

図書

図書
金石範著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1993.7
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
野間秀樹編 ; 金石範 [ほか執筆]
出版情報: 東京 : クオン, 2014.2
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
金石範 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 集英社, 2012.6
シリーズ名: コレクション戦争と文学 / 浅田次郎 [ほか] 編集委員 ; 北上次郎編集協力 ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
鴉の死 金石範著
張赫宙著
浮漂 北杜夫著
無人地帯 日野啓三著
司書の死 中野重治著
黒地の絵 松本清張著
孫令監 金達寿著
痛恨街道 下村千秋著
上陸 田中小実昌著
車輪の音 佐多稲子著
架橋 小林勝著
壁の絵 野呂邦暢著
奇蹟の市 (まち) 佐木隆三著
詩 : 丸太の天国 谷川雁著
詩 : 突堤のうた 江島寛著
短歌 近藤芳美, 吉田漱著
俳句 鈴木しづ子著
鴉の死 金石範著
張赫宙著
浮漂 北杜夫著
9.

図書

図書
丸山, 健二(1943-) ; 清岡, 卓行(1922-2006) ; 阿部, 昭(1934-1989) ; 金, 石範(1925-)
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1977.12
シリーズ名: 筑摩現代文学大系 ; 95
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
中村一成著 ; 高史明 [ほか述]
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2017.1
所蔵情報: loading…
11.

図書

図書
金石範, 金時鐘著 ; 文京洙編
出版情報: 東京 : 平凡社, 2001.11
所蔵情報: loading…
12.

図書

図書
太宰治 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 講談社, 1974
シリーズ名: 現代の文学 ; 38,39
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
トカトントン 大宰治著
白痴 坂口安吾著
世相 織田作之助著
さようなら 田中英光著
夏の花 原民喜著
脱出 駒田信二著
触手/ 小田仁二郎著
朴歯の下駄 小山清著
消滅 竹田敏行著
C町でのノート 西野辰吉著
蓮花照応 石上玄一郎著
穴の底 伊藤人誉著
朴達の裁判 金達寿著
帝国軍隊に於ける学習・序 富士正晴著
マルと弥平 きだみのる著
出廷拒否 田所泉著
フォード・一九二七年 小林勝著
解体以前 垣花浩濤
海岸公園 山川方夫著
虜囚の哭 霜多正次著
黒と白の猫 小沼丹著
亀甲墓 大城立裕著
北の岬 辻邦夫著
鴉の死 金石範著
アメリカひじき 野坂昭如著
気違いマリア 森茉莉著
くさびら譚 加賀乙彦著
小さき町より なだいなだ著
トカトントン 大宰治著
白痴 坂口安吾著
世相 織田作之助著
13.

図書

図書
金石範著 ; 姜信子編
出版情報: 東京 : 明石書店, 2019.6
シリーズ名: 金石範評論集 / 金石範著 ; 姜信子編 ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
言語と自由 : 日本語で書くということ
「なぜ日本語で書くか」について
金史良について : ことばの側面から
「在日朝鮮人文学」の確立は可能か
ことば、普遍への架橋をするもの
『鴉の死』が世に出るまで
『1945年夏』の周辺
ある原稿のこと
「懐しさ」を拒否するもの
私にとっての虚構
わが虚構を支えるもの : なぜ「済州島」を書くか
在日朝鮮人文学
ことばの自立
どん底
田村さんのこと
弔辞 : 李良枝へ
あとがき(『火山島3』)
長生きせねば……
あとがき(『火山島7』)
『火山島』を完結して
韓国語版『火山島』の出版に寄せて
岩波オンデマンド版へのあとがき
この一年
「鴉の死」と『火山島』
禁書・『火山島』
禁書、その後
『火山島』の読者たち
文化はいかに国境を越えるか
文学的想像力と普遍性
『火山島』と私 : 普遍性へと至る道
玄基榮について
『順伊おばさん』訳者あとがき
主人公の性格創造と超越性
『椿の海の記』の巫女性と普遍性
朝鮮がテーマだからフヘン性がない
金時鐘の文体のことなど
言語と自由 : 日本語で書くということ
「なぜ日本語で書くか」について
金史良について : ことばの側面から