close
1.

図書

図書
原一郎〔ほか〕編
出版情報: 東京 : 医学書院, 1972
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
五島雄一郎著
出版情報: 東京 : 南山堂, 1971
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
荻野耕一編集企画
出版情報: 東京 : 金原出版, 1980.12
シリーズ名: 臨床検査MOOK / 山中學 [ほか] 編集主幹 ; no.4
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
高橋善弥太編集
出版情報: 東京 : 南江堂, 1979.4
シリーズ名: 内科シリーズ ; no.34
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
菊地三郎著
出版情報: 東京 : 医学図書出版, 1976.1
シリーズ名: 成人病シリーズ ; 5
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
大野公吉著
出版情報: 東京 : 中外医学社, 1965.6
シリーズ名: 中外医学双書
所蔵情報: loading…
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
加澤, 敏広
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  122  pp.37-48,  2008-01.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/32982
概要: Liiver X receptorα(LXRα)は核内受容体スーパーファミリーのひとつであり,主にマクロファージに発現して脂質代謝に関わる.本研究ではGM-CSFの存在下で分化したヒト単球由来マクロファージ(GM-Mφ)とM-CSFの存在下 で分化したマクロファージ(M-Mφ)を用いて,LXRαと脂質関連分子の発現について検討を行った.培養5日後のGM-MφはM-Mφに比べてLXRαとABCA1陽性細胞が有意に多く,LXRαの蛋白発現が高かった.培養5日目に酸化LDLを添加し,その48時間後のGM-MφはM-Mφに比べ脂質の取り込みは有意に増加した.以上の結果から,GM-MφはM-Mφに比べ脂質代謝により大きく関与していると考えられた.GM-MφはLLXRαの合成リガンドTO901317によってLXRαとABCA1の蛋白発現が増加した.GM-MφにLPSやZymosanを添加するとLIXRαやABCA1の他,MSR-Aの発現も有意に減少した.さらにGM-MφにLPSやZymosanを添加し,さらに酸化LDLを添加すると5日後に脂質の著しい蓄積が見られた.以上の成績からLLXRαはマクロファージの炎症反応と脂質代謝に重要な役割を果たしており,LPSやZymosanによるLXRαおよびABCA1の発現低下が泡沫細胞の形成に関与すると考えられた. 続きを見る
8.

図書

図書
野島庄七, 山川民夫編
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1975.6
シリーズ名: 生化学実験講座 / 日本生化学会編 ; 9
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
村勢敏郎編集
出版情報: 東京 : 医歯薬出版, 1996.3
シリーズ名: 別冊・医学のあゆみ
所蔵情報: loading…