close
1.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
北見, 智恵 ; 河内, 保之 ; 須藤, 翔 ; 牧野, 成人 ; 西村, 淳 ; 川原, 聖佳子 ; 新国, 恵也
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  131  pp.303-309,  2017-05.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/49549
概要: 症例は81歳の女性で, 中部胆管癌の診断で幽門輪温存膵頭十二指腸切除術が施行された. 病理組織学的所見は低分化型腺癌, pT3aN0M0 : stageIIAであった. 術後補助化学療法は行わず経過観察を行っていた. 術後5ヶ月目にCEAが 上昇し, CTで肝S4に35mm大の肝転移を認めた. Gemcitabine+cisplatin併用療法を開始, CEAは3ヶ月後に正常化し, 6ヶ月後のCTで病変は消失した. 11コース施行後は投与間隔を2投1休から隔週投与に変更し, 10回施行した. 化学療法開始から1年でGrade1の末梢神経障害が出現し, 完全奏効(Complete response : CR)を維持していたため, 化学療法を中止した. 中止後6ヶ月経過した現在無再発生存中である. 胆道癌に対する化学療法でCRが得られる症例はめずらしい. CR症例の化学療法継続期間, 治療中止時期など, さらに症例を集積して検討する必要があると考えられた. 続きを見る
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
島影, 尚弘
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  122  pp.49-55,  2008-01.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/32983
概要: 大腸原発の内分泌細胞癌はきわめて少なく,報告例の多くは直腸癌である.今回腸重積にて発症した盲腸原発の小細胞癌にも分類される内分泌細胞癌(以下内分泌細胞癌)の1例を経験したので報告する.症例は56歳男性.1999年10月腹痛を主訴に当院内科を 受診し,CT検査にて回盲部の腸重積と診断された.同時に多発性肝腫瘍も認めており悪性腫瘍が原因の腸重積と考え結腸右半切除を施行した.免疫組織学検査を含む病理組織診断にて盲腸原発の内分泌細胞癌と診断された.電子顕微鏡検査にて内分泌顯粒も確認されている.術後肺小細胞癌に準じ化学療法を全身投与および肝動注療法も含めて行ったが効果なく術後6ヶ月で死亡された. 続きを見る
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
飯合, 恒夫 ; 谷, 達夫 ; 白井, 良夫 ; 畠山, 勝義
出版情報: 日本内科学会雑誌 = 日本内科学会雑誌.  96  pp.277-282,  2007-02.  日本内科学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/17983
概要: 大腸癌の治療の第一選択は切除である。肝転移は、可能な限り切除することで予後の改善が期待できる。直腸癌に対しては、QOL(quality of life)の向上を求めて、肛門温存術である低位前方切除の適応が拡大している.切除以外でも,化学療法 や他の治療法の発展もめざましく,手術療法にそれらを組み合わせて治療することで,さらなる治療成績の向上に繋がっていくものと思われる. 続きを見る