close
1.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
山中, 秀夫
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  106  pp.76-88,  1992-02.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/39531
概要: In order to clarify the histogenesis and mucin-character of carcinomas in the remnant stomach, 47 tumors (23 early and 24 advanced carcinomas) were selected, which occurred 10 years or more after the first gastrectomy. The results are as follows : (1) 92% of the tumors was a mixed type with gastric and intestinal mucin. (2) The differentiated type carcinoma was composed of tumors with predominantly gastric mucin (23% in the early and 18% in the advanced carcinoma), and tumors with predominantly intestinal mucin (77% in the early and 82% in the advanced carcinoma). (3) While, the undifferentiated type carcinoma consisted of tumors with predominantly gastric mucin (100% in the early and 31% in the advanced carcinoma), and tumors with predominantly intestinal type (61% only in the advanced), and a tumor with intestinal mucin (8% only in the advanced). (4) In the mucosa, many of the carcinomas showed a three-layered pattern like the normal gastric mucosa, the upper layer with GOS-positive, the middle layer without mucin, and lowest layer with ConA-III positive cells, but the layer-archetecture was lost in the invasive area. (5) Four of 10 carcinomas less than 10mm occurred in the anastomotic site, and three of them were surrounded by fundic mucosa (two with stomal gastritis) and one by moderately intestinalized mucosa. While, the remaining six occurred in the non-anastomotic site, and three of them developed in the fundic mucosa, and three in the intestinalized mucosa. (6) The carcinoma of the anastomotic site showed a milder intestinal metaplasia than non-anastomotic carcinoma. It is concluded that many of the carcinomas in the remnant stomach have gastric mucin character, but it disappears in the invasive area, especially of the differentiated carcinoma, and that there are two kinds of gastric mucosa for the histogenesis of carcinoma in the remnant stomach, fundic mucosa (or modified fundic mucosa=stomal gastriris without intestinal metaplasia), and intestinalized mucosa. 続きを見る
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
小菅, 優子 ; 岩渕, 三哉 ; 須貝, 美佳 ; 林, 真也
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  130  pp.589-600,  2016-10.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/47257
概要: 小型のリンパ球浸潤胃癌14個を用いて,本癌の組織発生経路と特徴的組織像の形成過程を検討した.組織型と病巣構築からみて,本癌は典型像ないし管状腺癌を混在する典型像としての組織発生が主経路であり,先行した管状腺癌から典型像へ移行する経路は少数と 考えられた.本癌は,従来マーカーの胃腸型粘液形質型分類では,粘液内では胃型が多く,粘液内では分類不能型が多かったが,幽門腺粘液の糖鎖抗原マーカーを加えた型分類では,粘液内と粘液下層ともに胃型が多かった.この違いは,癌の粘液下層進展に伴う幽門腺粘液のコア蛋白抗原の発現の低下,幽門腺粘液の糖鎖抗原の発現の維持によるものであった. 粘液内の典型像内では,Tリンパ球がBリンパ球より優位であり,細胞傷害性Tリンパ球がヘルパーTリンパ球より優位であった.典型像が粘膜内から粘液下層へ進展すると,粘液下層に細胞傷害性Tリンパ球,ヘルパーTリンパ球,Bリンパ球の浸潤が増加した.粘液下層の典型像内に多数のリンパ濾胞が形成されるに伴い,リンパ球浸潤は増加した.本研究により,本癌は粘液内に胃型形質を多くも\nち, 細胞傷害性Tリンパ球主体のリンパ球浸潤を伴う低分化腺癌(典型像) として発生する場合が最も多いこと,典型像の粘液下層への進展および粘液下層への典型像内での多激のリンパ濾胞の形成に伴い,粘膜下層にT細胞(主に細胞傷害性T細胞)とB細胞が増加して,本癌の特徴とされる組織像が粘液下層に形成されることを明らかにした. 続きを見る
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
高村, 麻子
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  122  pp.626-635,  2008-11.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/28148
概要: 大腸鋸歯状腺腫(serrated adenoma)(SA)は, 過形成性ポリープ(hyperplastic polyp)(HP)に類似した鋸歯状管腔構造と, 管状.管状繊毛・繊毛腺腫 (tubular/tubulovillous/villo us adenoma)(AD)に類似した腫瘍性細胞異型を示す大腸腺腫の組織亜型である. SAはHPから発生し, 遺伝子不安定性(MSI)を示す大腸癌の前駆病変と考えられているが, その組織発生の詳細については明らかにされていない. 本研究では, 外科切除および内視鏡的に摘除された219例のSAの組織構成成分を病理組織学的に解析し, SAの組織発生について検討した. その結果, SA単独例が37.0% (81/219), SAとHPの併存例(SA+HP)が22.4% (49/219), SAと異型過形成性ポリープ(atypical hyperplastic polyp) (AHP)の併存例 (SA+AHP)が15.10%(33/219), SAとADの併存例 (SA+AD)が25.6% (56/219)であった. SA+HP, SA+AHPのそれぞれ59.2%と54.5%で, SAはHPまたはAHPに包含されており, SAはこれらの病変を母地として発生したと考えられた. SA+ADの80.3%はSAとADとがモザイク状に混在しており, これらの病変はSAとADの両方向への形態形成を示す病変として発生したと推定された. SAのみからなる病変は他の病変に比べ大きさが小さく, 前駆病変を介さず正常粘膜から直接発生したと考えられた. SAの組織構成成分と発生部位との検討では, SA+AHPは他の病変に比べ有意に右側大腸に好発していた. これらのことから, SAは必ずしもHPを母地として発生するのではなく, その組織発生には複数の経路が存在すること, 組織発生経路の違摘まSAの発生部位とも関連していることが示唆され, AHPを母地として発生したSAが右側大腸に好発するMSI陽性大腸癌の前駆病変として重要と考えられた. 続きを見る