close
1.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
島村, 公年 ; 畠山, 勝義 ; 須田, 武保 ; 酒井, 靖夫
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  111  pp.142-146,  1997-03.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/44492
概要: Recently, function-preserving surgery has become more widely applied to patients with rectal cancer. Compared with abdom ioperineal resection, sphincter-saving procedure generally leads to an improved quality of life(QOL). However, straight colo-anal anastomsis(St type)for extremely low rectal carcinoma often causes a deterioration. Therefore, we have performed colonic J pouch-anal anastomosis(J type)since 1988. Forty patients who received the J type and 14 who received the St type are discussed. Mean daily stool frequency was 2.4 at 12 months after surgery in the J group, significantly lower than 5.0 in the St group. Frequent bowel movements and urgency placed restrictions on daily life in 29% of the St group, while there were no severe restrictions in the J group. An increased number of patients are undergoing autonomic nerve-preserving procedures, and good functional results have been obtained. The incidence of urinary dysfunction requiring consultation with a urologist was lower in the autonomic nerve-preserving group(3.4%)than in the non-preserving group(34.8%). Some sexual dysfunction was found in 14.3% of the autonomic nerve-preserving group, and in 92.3% of the non-preserving group. These results that the sphincter and autonomic nerve-preserving procedures produce good postoperative QOL. 続きを見る
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
須田, 武保 ; 島村, 公年 ; 神田, 達夫 ; 岡本, 春彦 ; 酒井, 靖夫 ; 畠山, 勝義
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  111  pp.1-6,  1997-01.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/44411
概要: The aim of this study was to investigate the curability of a sphincter-saving operation using a colonic J pouch-anal ana stomosis for lower rectal carcinoma and the postoperative result of urinary function after an autonomic nerve preservation procedure. Materials and methods:Forty-three patients who were treated with coloanal anastomosis, 33 of whom received the J type and 10 the straight type, were discussed. Results:The total rate of recurrence of rectal carcinoma(n=39)was 20.5%, with a 17.9% rate of distant metastasis and a pelvic recurrence rate of 2.6%, but no anastomotic recurrence. The five-year survival rate after curative resection was 84.3% in all cases. The incidence of neurogenic bladder was a lower rate in autonomic nerve preserving group(16.7%)than in autonomic nerve non-preserving group(53.8%). Conclusion:The sphincter-saving operation with colonic J pouch-anal anastomosis does not prejudice cure of this carcinoma. And the autonomic nerve preservation procedure was successful in minimizing urinary dysfunction. 続きを見る
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
岩城, 孝和 ; 亀山, 仁史 ; 中野, 雅人 ; 山田, 沙季 ; 廣瀬, 雄己 ; 八木, 亮磨 ; 田島, 陽介 ; 岡村, 拓磨 ; 永橋, 昌幸 ; 島田, 能史 ; 小山, 諭 ; 若井, 俊文
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  129  pp.692-698,  2015-11.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/44296
概要: 症例は80歳女性. 前医で下部直腸癌に対し経肛門的局所切除術が施行された. 局所切除後2年1か月目に, 外陰部から肛門にかけて掻痒を伴う紅色扁平隆起性病変が明らかとなった. 生検でPaget細胞が認められた. 乳房外Paget病は, 皮膚原 発の一次性乳房外Paget病と二次性乳房外Paget病に分類され, 鑑別診断には免疫組織化学染色が有用である. 本症例では, 免疫組織化学染色でGCDFP-15陰性, CK20陽性, CK7陰性であり, Pagetoid spreadを伴う直腸癌局所再発と診断した. CT検査で所属リンパ節および遠隔転移を認めなかった. 外陰部膣合併切除を伴う腹会陰式直腸切断術を行うことで, 治癒切除となった. 直腸癌局所切除後のPagetoid spreadを伴う再発形式は稀であるが, Paget細胞遺残の可能性を考慮し, 外来通院時の肛門皮膚観察に注意すべきである. 続きを見る
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
山田, 沙季 ; 島田, 能史 ; 八木, 亮磨 ; 中野, 麻恵 ; 中野, 雅人 ; 亀山, 仁史 ; 小杉, 伸一 ; 若井, 俊文
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  129  pp.409-414,  2015-07.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/44120
概要: 症例は76歳の女性. 主訴は右鼠径部腫瘤. 肛門指診で, 肛門縁から2.5cmに下縁を有する2cm大の隆起性病変, および主病巣より肛門側に0.5cm大の粘膜下腫瘤を触知した. 大腸内視鏡検査で, 下部直腸に主座を有し一部肛門管に進展する2 cmの2型腫瘍を認め, 生検で中分化型腺癌と診断された. 胸腹骨盤部CT検査では, 右閉鎖, 右総腸骨, 右鼠径リンパ節の腫大を認めた. 下部直腸癌cStage IIIbの術前診断にて, 腹会陰式直腸切断術D3郭清, 右鼠径リンパ節郭清を施行した. 術後の病理組織学的検査では, 組織型は中分化~低分化充実型腺癌, 主病巣の深達度はMPで, ly2, v1と脈管侵襲を認めた. また, 右閉鎖リンパ節に2個, 右総腸骨リンパ節に1個, そして右鼠径リンパ節に3個それぞれ転移を認め, 下部直腸癌pStage IIIbの診断となった. 主病巣の肛門側に, 主病巣と非連続性で低分化充実型腺癌の粘膜下腫瘍を認め, そのさらに肛門側にリンパ管侵襲を認めた. 同粘膜下腫瘍は, 主病巣と非連続性であること, および主病巣と類似した組織型であることから直腸癌の壁内転移と診断された. また, 同粘膜下腫瘍は, 周囲にリンパ管侵襲を認め, さらに鼠径リンパ節転移を認めたことから, 直腸における下方向リンパ流を介した壁内転移と推定された. 続きを見る
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
島影, 尚弘 ; 長谷川, 潤
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  122  pp.56-61,  2008-01.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/32984
概要: 症例は47歳,女性.2005年1月肝転移を伴う下部直腸癌にて低位前方切除術とS5+S8区域肝切除を施行し,補助化学療法としてアイソボリン(以下1-LV)と5-FUを12回投与した.7月CT検査にて肝転移出現し8月肝部分切除術施行後TS-1の 内服を開始した.2006年1月肺転移に対し胸腔鏡下肺部分切除術を施行し,その後もTS-1を継続したが5月と7月のCT検査にて肝・肺転移が増大しTS-1はPDとなった.FOLFOX4への変更を考慮したが汎血球減少症・出血時間の延長出現し,TS-1による遷延性骨髄抑制と診断され対処療法を行い,結果的に5ヶ月の休薬となった.2007年1月にFOLFOX4をG-CSFを併用しつつ3コース施行するもCT検査にてPDであった,4月よりFOLFIRIをやはりG-CSFを併用しつつ2コース施行した.その後出血傾向増強し血小板減少が急速に進行した.9月の骨髄生検にて抗癌剤による二次性急性骨髄性白血病(以下s-AML)と診断され,そのおよそ1ヶ月後に永眠された. 続きを見る