close
1.

電子ブック

EB
三嶋秀行監修
出版情報: 大阪 : メディカ出版, 2015.7
シリーズ名: プロフェッショナルがんナーシング : プロフェッショナルを目指す看護師のために ;
本文リンク: http://mol.medicalonline.jp/library/ebooks/detail?id=2419
所蔵情報: loading…
2.

電子ブック

EB
市川度編著
出版情報: 大阪 : メディカ出版, 2016.2
シリーズ名: プロフェッショナルがんナーシング : プロフェッショナルを目指す看護師のために ;
本文リンク: http://mol.medicalonline.jp/library/ebooks/detail?id=2924
所蔵情報: loading…
3.

電子ブック

EB
神田清子, 二渡玉江編著
出版情報: 東京 : メヂカルフレンド社, 2015.10
シリーズ名: 看護実践のための根拠がわかる ;
本文リンク: https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000033714
所蔵情報: loading…
4.

視聴覚資料

AV
医学映像教育センター製作著作
出版情報: 東京 : 医学映像教育センター, c2012
シリーズ名: 看護教育シリーズ / 医学映像教育センター制作著作 ; . 看護のためのアセスメント事例集||カンゴ ノ タメ ノ アセスメント ジレイシュウ ; 12
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
医療情報科学研究所編
出版情報: 東京 : メディックメディア, 2013.4
シリーズ名: なぜ?どうして? : 看護師・看護学生のための / 医療情報科学研究所編集 ; 4 . 成人看護||セイジン カンゴ
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
医療情報科学研究所編
出版情報: 東京 : メディックメディア, 2015.4
シリーズ名: なぜ?どうして? : 看護師・看護学生のための / 医療情報科学研究所編集 ; 4 . 成人看護||セイジン カンゴ
所蔵情報: loading…
7.

電子ブック

EB
田村恵子編, 日本看護協会編集協力
出版情報: 大阪 : メディカ出版, 2017.11
本文リンク: http://mol.medicalonline.jp/library/ebooks/detail?id=3900
所蔵情報: loading…
8.

電子ブック

EB
勝俣範之監修
出版情報: 大阪 : メディカ出版, 2020.2
シリーズ名: Yori-souがんナーシング ;
本文リンク: http://mol.medicalonline.jp/library/ebooks/detail?id=6100
所蔵情報: loading…
9.

電子ブック

EB
田村友秀編集 ; 野村和弘, 平出朝子監修
出版情報: 東京 : メヂカルフレンド社, 2007.12
シリーズ名: がん看護実践シリーズ ;
本文リンク: http://mol.medicalonline.jp/library/ebooks/detail?id=2747
所蔵情報: loading…
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
内山, 美枝子 ; 坂井, さゆり ; 田中, 美央 ; 奥山, 晶子 ; 早川, 岳英
出版情報: 新潟大学保健学雑誌 = 新潟大学保健学雑誌.  12  pp.11-20,  2015-09.  新潟大学医学部保健学科
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/38962
概要: 看護学専攻3年次対象の『がん看護論』では「がん患者体験演習」を実施している。本演習の学習成果と課題を見出すことを目的に,平成23年度から平成26年度の演習上による学生の記載内容と自由記載からの集計および質的分析をした。結果,学生は,演習でが ん患者の立場からあきらめるものについては『形のある大切なもの』,『大切な人』,『大切な活動』,『形のない大切なこと』を選択し,発症時期や告知の時期では『大切な活動』,『形のある大切なもの』を優先的に選択していた。この選択は調査年度が変わっても同じ傾向であった。自由記載の分析結果では,【取捨選択をするという困難さの体感】,【がん患者が体験する喪失感の共有】,【人・ものの存在意義に対するあらたな認識】,【がん患者の支援方法を再考察する機会】の4カテゴリーが抽出された。これらから,本演習での学生の学習成果は一定しており,がん患者の生活と治療を模擬体験し,支援方法を考える機会になったと考えられた。<br />“Practical Training in Caring for Cancer Patients” is offered in “Cancer Nursing Theory Course”, which is intended for juniors majoring in nursing. For the purpose of finding learning achievements and issues of this training program, we compiled and performed a qualitative analysis of student notes and free comments made during the program between 2011 and 2014. As a result, the students put themselves in cancer patients’ position during the program and at onset or notification of the disease preferentially gave up “important activities” and “important things that are tangible” from “important things that are tangible,” “important people,” “important activities,” and “important things that are intangible.” This choice tended to be the same for all the academic years. An analysis of the student comments identified four categories: “experience of difficulty in making a choice,” “sharing of the sense of loss that cancer patients experience,” “renewed awareness of the significance of existence of humans and things,” and “opportunity to reconsider ways to support cancer patients.” These data revealed that the students’learning achievements of this training program were constant, and the students simulated the lives and therapies of cancer patients, making the experience an opportunity to consider ways to support these patients. 続きを見る