close
1.

図書

図書
高橋桂子, 鈴木真由子[著]
出版情報: [新潟] : 高橋桂子, 鈴木真由子, 2001.4
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
荒井紀子, 鈴木真由子, 綿引伴子編著
出版情報: 東京 : 教育図書, 2009.4
シリーズ名: 家庭科実践選書シリーズ ; 16
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
荒井紀子編著 ; 鎌田浩子 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 大修館書店, 2012.5
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
荒井紀子編著 ; 鈴木真由子 [ほか]著
出版情報: 東京 : ドメス出版, 2013.5
所蔵情報: loading…
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
鈴木, 真由子
出版情報: 新潟大学教育人間科学部紀要 人文・社会科学編 = 新潟大学教育人間科学部紀要 人文・社会科学編.  6  pp.327-335,  2004-02.  新潟大学教育人間科学部
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/1976
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
岡野, 勉 ; 宮薗, 衛 ; 室賀, 美津雄 ; 常木, 正則 ; 堀, 竜一 ; 鈴木, 真由子 ; 伊野, 義博 ; 森下, 修次 ; 大庭, 昌昭 ; 長澤, 正樹 ; 福原, 昌恵
出版情報: 新潟大学教育人間科学部紀要 人文・社会科学編 = 新潟大学教育人間科学部紀要 人文・社会科学編.  5  pp.249-263,  2003-02.  新潟大学教育人間科学部
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/25610
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
鈴木, 真由子
出版情報: 教育実践研究指導センター研究紀要 = 教育実践研究指導センター研究紀要.  20  pp.65-74,  2001-09.  新潟大学教育学部附属教育実践研究指導センター
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/17305
8.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
鈴木, 真由子
出版情報: 教育実践研究指導センター研究紀要 = 教育実践研究指導センター研究紀要.  19  pp.99-111,  2000-07.  新潟大学教育学部附属教育実践研究指導センター
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/17292
9.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
鈴木, 真由子
出版情報: 教育実践研究指導センター研究紀要 = 教育実践研究指導センター研究紀要.  18  pp.45-52,  1999-07.  新潟大学教育学部附属教育実践研究指導センター
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/17293
概要: われわれは、新潟県における教育行政(計116ヶ所)の取り組み状況を明らかにするため、平成9年10月に実態調査を実施したところ、概ね以下のような結果が得られた。 1)委員会・研修会等の実施、児童・生徒用の教材・副読本や教員用の指導書・指導資料 等の作成は、充分とはいえない状況にあった。 2)男女平等教育に対する担当者の意識には、積極的な推進論から不要論まで、その捉え方に大きなギャップが生じていた。 3)平成11年2月に実施した追跡調査の結果、新潟市教育委員会において児童・生徒用副読本、ならびに教員用指導資料が作成され、管理職を対象とした研修会が開催されていた。その成果は今後の報告を待たねばならないが、こうした積極的な取り組みが核となり、他地域へ拡充していくことを望むものである。 続きを見る
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
鈴木, 真由子
出版情報: 教育実践研究指導センター研究紀要 = 教育実践研究指導センター研究紀要.  17  pp.23-30,  1998-06.  新潟大学教育学部附属教育実践研究指導センター
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/17283
概要: 家庭生活の合理的な経営において、生活情報は効率よく処理される必要があるだけでなく、適切な選択・収集が不可欠である。そこで、一定の目的を持った主体的な情報の選択・収集を経験する手段として新聞記事のスクラップとTV番組の視聴を家庭科教育の課題と して提示し、その有効性を検証したところ、以下のような結果が得られた。(1)課題提出後の自由記述から、学生は新聞・TVが有効な情報源であることを再確認し、それまでの認識を変化させていた。また、それぞれの情報メディアの特徴をふまえた行動もうかがえたが、批判的精神を持って情報を吟味する姿勢はみられなかった。(2)課題提出半年後の調査によって、課題経験前と比較して「新聞を読む習慣」 「新聞記事のスクラップ」「TVの意識的な視聴」に明らかな向上が認められた。(3)家庭科教育における合理的な生活情報の選択・収集能力育成に対して、提示した課題の有効性が示唆された。 続きを見る