close
1.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
新垣, 晋 ; 金丸, 祥平 ; 船山, 昭典 ; 新美, 奏恵 ; 小田, 陽平 ; 三上, 俊彦 ; 菅井, 登志子 ; 齊藤, 力 ; 星名, 秀行 ; 永田, 昌毅 ; 高木, 律男
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  127  pp.636-636,  2013-11.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/36192
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
新垣, 晋 ; 金丸, 祥平 ; 三上, 俊彦 ; 船山, 昭典 ; 新美, 奏恵 ; 小田, 陽平 ; 菅井, 登志子 ; 芳澤, 亨子 ; 斎藤, 力 ; 永田, 昌毅 ; 星名, 秀行 ; 高木, 律男 ; 林, 孝文
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  126  pp.504-504,  2012-09.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/35360
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
安島, 久雄 ; 芳澤, 享子 ; 小野, 和宏 ; 泉, 直也 ; 新美, 奏恵 ; 小山, 貴寛 ; 菅井, 登志子 ; 興地, 隆史 ; 齊藤, 力 ; 高木, 律男
出版情報: 新潟歯学会雑誌 = 新潟歯学会雑誌.  39  pp.153-158,  2009-12.  新潟歯学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/31685
概要: 今回我々は,受容部に認めた残留嚢胞の摘出と同時に軽度の歯周炎を有する歯を移植し,良好に経過した症例を経験したので報告するとともに,その成功要因について移植歯と受容部の予後因子について検討した。症例は53歳,女性。移植歯は上顎左側智歯で,歯周 ポケット4mm,付着の喪失4mm で軽度の歯周炎を呈していた。受容部は下顎右側第一大臼歯相当部歯槽堤で,パノラマおよびデンタルX線写真で歯槽頂のやや下方に境界明瞭で類円形のX線透過像が認められた。移植歯は3根でやや肥大していたが,歯根膜の付着量は口蓋根で11mm,頬側根で8mmであった。嚢胞の摘出に際しては,同部が移植窩となることを考慮して病変にアプローチしたところ,歯槽頂より7~8mm下方に嚢胞を認め摘出した。そのため移植窩はその下方で嚢胞摘出腔と連続したが,歯槽頂から7~8mmの高さでは4壁の歯槽骨が確保でき,移植歯と移植窩の適合は良好であった。術後3週目で固定を除去し,根管治療を開始した。術後3か月目に根管充填を行い,移植後8か月で最終補綴治療を行ったところ,デンタルX線写真でも移植歯周囲の骨新生は良好であった。現在,術後6年を経過しているが経過は良好である。この理由として,移植窩形成時に移植窩上縁に4壁の歯槽骨が確保でき,移植歯の歯頸部付近での適合が良好であったこと,移植歯の歯根膜付着が確保できたことなどが考えられた。<br />The purposes of this article were to report a successful case of immediate autotransplantation after surgical extirpation of a residual cyst, and to review donor tooth- and recipient site-associated factors that favored the outcome. The case is of a 53 years old female. The donor tooth was the maxillary left third molar that developed mild periodontitis with probing pocket depth of 4 mm and attachment loss of 4 mm. In panoramic and dental x-rays, the lesion appeared at the alveolar crest slightly downward in the mandibular right first molar region as a well-demarcated unilocular radiolucency. The donor tooth had three slightly hypertrophic roots, but with enough attached periodontium on root surfaces. As a result of surgical extirpation of the cyst observed at 7-8mm depth below the alveolar ridge, the bottom of the transplant socket became continuous with the extirpation defect. However, we were able to preserve the buccal and lingual walls of the alveolar bone, and successfully prepared a 7-8-mm-deep, 4-wall transplant socket that conformed well to the transplanted tooth. We removed the resin-wire splint used for fixation 3 weeks postoperatively and started endodontic treatment. We performed root canal filling with gutta-percha 3 months postoperatively and prosthetic treatment was done 8 months postoperatively. Control radiographs taken during 6 years of follow-up displayed disappearance of radiolucency, clearly visible periodontal ligament space around the transplant, and no signs of root resorption, indicating good healing. The favorable outcome of this case may be attributable to the following factors: (i) successful creation of a four-wall transplant socket; (ii) good initial stability due to good conformity of the cervix of the transplant; (iii) absence of osteosclerotic findings around the cystic radiolucency at the first molar region; and (iv) successful periodontal reattachment of the donor tooth. 続きを見る
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
齊藤, 力 ; 芳澤, 享子 ; 菅井, 登志子 ; 新美, 奏恵 ; 小林, 正治
出版情報: 新潟歯学会雑誌 = 新潟歯学会雑誌.  39  pp.1-14,  2009-06.  新潟歯学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/31670
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
菅井, 登志子
出版情報: 新潟歯学会雑誌 = 新潟歯学会雑誌.  39  pp.73-74,  2009-06.  新潟歯学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/31691
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
菅井, 登志子 ; 豊里, 晃 ; 植田, 耕一郎 ; 田澤, 貴弘 ; 加藤, 直子 ; 浅妻, 真澄 ; 杉田, 佳織 ; 小森, 祐子 ; 田巻, 元子 ; 野村, 修一
出版情報: 新潟歯学会雑誌 = 新潟歯学会雑誌.  33  pp.11-14,  2003-07.  新潟歯学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/23272
概要: The medical and dental facilities here at Niigata University agreed to renew their formal relationship, in April of 2000 . It was decided from that point, that our department would essentially function as the gateway through which the patients would access all their other options regarding dental-treatment. Following preliminary examinations, new patients were either cared for by our clinicians, or transferred to other outpatient clinics. Medical doctors have only recently begun to get a grasp of the integral relationship that exists between dental hygiene/health, and overall physical wellbeing. With this new awareness, and in view of the rather increase, not only to ensure that tests for dental focal infection are carried out prior to the conduct of organ transplants, but also, to make certain that patients in ICUs and clean rooms receive proper oral care during their stays, as this is essential to the prevention of pneumonia. We undertook this investigation to try to determine the best way to provide dental treatment for inpatients introduced to us from our affiliated medical hospital.<br />平成12年4月から、新潟大学医学部附属病院(医病)と歯学部附属病院(歯病)の間に、新たな病病連携を目指した取り組みがスタートし、加齢歯科診療室が医病に入院している患者の窓口としての役割を担うこととなった。紹介患者の歯科治療は診療内容から振り分けられ、早急に当科で治療する場合と専門外来へ再紹介する場合がある。一方、医病入院患者の歯科治療に対する医師側の認識も少しずつ変イヒがあり、特に臓器移植手術前の歯性病巣感染源の診査や、重症患者の集中治療室や無菌室での口腔内ケアの依頼も増えてきた。本調査の目的は、本学医病から紹介を受けた入院患者の歯科診療の実態を明らかにすることによって、入院患者の歯科治療への要望の特徴を把握し、医病入院患者への歯科治療に対する本院のあり方について考察することである。容易でかつ非破壊な手法であることが確認された。 続きを見る
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
新垣, 普 ; 金丸, 祥平 ; 船山, 昭典 ; 新美, 奏恵 ; 小田, 陽平 ; 芳澤, 享子 ; 菅井, 登志子 ; 齊藤, カ ; 星名, 秀行 ; 永田, 昌毅 ; 藤田, 一 ; 高木, 律男 ; 林, 孝文
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  124  pp.171-171,  2010-03.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/28671
8.

学位論文(リポジトリ)

学位
菅井, 登志子
出版情報: 2008-03-24. 
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/7643
概要: 新潟大学<br />平成20年3月24日<br />新大院博(歯)第141号<br />新大院博(歯)甲第141号
9.

図書

図書
菅井登志子
出版情報: 新潟 : 新潟大学大学院医歯学総合研究科, [2008]
シリーズ名: 新潟大学学位論文 ; 新大院医歯博(歯) || シンダイ インイシハク シ ; 141
所蔵情報: loading…