close
1.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
小田, 陽平 ; 船山, 昭典 ; 新美, 奏恵 ; 芳澤, 享子 ; 新垣, 晋 ; 齊藤, 力
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  127  pp.635-635,  2013-11.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/36198
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
新垣, 晋 ; 金丸, 祥平 ; 船山, 昭典 ; 新美, 奏恵 ; 小田, 陽平 ; 三上, 俊彦 ; 菅井, 登志子 ; 齊藤, 力 ; 星名, 秀行 ; 永田, 昌毅 ; 高木, 律男
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  127  pp.636-636,  2013-11.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/36192
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
新垣, 晋 ; 金丸, 祥平 ; 三上, 俊彦 ; 船山, 昭典 ; 新美, 奏恵 ; 小田, 陽平 ; 菅井, 登志子 ; 芳澤, 亨子 ; 斎藤, 力 ; 永田, 昌毅 ; 星名, 秀行 ; 高木, 律男 ; 林, 孝文
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  126  pp.504-504,  2012-09.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/35360
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
芳澤, 享子 ; 船山, 昭典 ; 三上, 俊彦 ; 新美, 奏恵 ; 小野, 由起子 ; 齊藤, 力
出版情報: 新潟歯学会雑誌 = 新潟歯学会雑誌.  42  pp.103-106,  2012-12.  新潟歯学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/50513
概要: 私たちは化粧品が原因と思われた接触性口唇炎および皮膚炎の1例を経験したので報告する。患者は37 歳,女性で,口唇に掻痒感を伴う発赤,腫脹,小水疱を主訴に当科を初診した。初診時上下唇にびまん性の腫脹,発赤,接触痛を認め,その後上下赤唇縁とその 周囲に多数の小水疱や頸部および前腕部に紅斑と丘疹が出現した。パッチテストで患者が使用していた化粧下地が陽性であり,その化粧品の使用を中止したところ症状は数日で改善した。<br />We report a case of contact cheilitis and dermatitis probably due to cosmetics. A 37-year-old female first visited because of itching and reddish swelling of her lips. After that, small blisters had been prominent on lips and erythema and papules appeared on neck and forearm. She showed a positive reaction to foundation which she had used in patch testing. She stopped using this cosmetic then, her cheilitis improved within several days. 続きを見る
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
高田, 佳之 ; 小林, 正治 ; 泉, 直也 ; 船山, 昭典 ; 長谷部, 大地 ; 齊藤, 力
出版情報: 新潟歯学会雑誌 = 新潟歯学会雑誌.  41  pp.85-90,  2011-12.  新潟歯学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/47767
概要: 動静脈奇形は毛細血管床をバイパスして,細動脈から細静脈へ血液が短絡する血管の奇形で,fast-flow 病変である。動静脈奇形の頭頸部領域での好発部位は頬部と耳部であり,舌口底部の病変は比較的まれで,わずかな報告しかない。今回われわれは,無 症状で,いびきを主訴に来院し,舌口底部動静脈奇形と診断が確定した1例を経験したのでその概要を報告する。患者は15 歳,女性で5歳時より過度のいびきがあるため近医耳鼻咽喉科を受診,紹介により新潟大学医歯学総合病院いびき外来を初診した。口腔内外に特に異常所見は認めなかったが,口底部の病変が疑われたため超音波検査を施行したところ,病変の存在が判明し,MRI 検査と血管造影所見より動静脈奇形との診断を得た。いびき以外は無症状であり,塞栓療法は根治性が乏しく,外科療法は侵襲が大きいことから経過観察を行うこととした。定期的にMRI 検査による評価を行っているが,病変の大きさに著変なく6年経過している。簡易ポリソムノグラフ検査からも睡眠呼吸障害の重症化は認めなかった。今後も病変の増大に伴う悪化も考えられるため,注意深い経過観察が必要と考えている。<br />Arteriovenous malformations (AVMs) are structural vascular abnormalities and fast-flow lesions with persistent connections between artery and vein, bypassing the capillary bed. Most AVMs in the oral and maxillofacial region are occurred in the cheek or the ear, and the developments of the floor of the mouth and/or tongue are extremely rare. We report a case of AVM in the oral floor and tongue with severe snoring. A 15-year-old girl was referred to our hospital by an otolaryngologist for the treatment of snoring. No abnormalities were found by physical examination, but revealed vascular malformation of the oral floor and tongue by ultrasonography and was diagnosed as AVM by MRI and angiographic images. The patient was followed carefully without teatment since she had no symptoms except for a snoring. Therefore, we considered cure by embolization alone to be difficult and complete resection to be too invasive. For the past 6 years, MRI performed annually has shown no apparent enlargement of the lesion and polysomnography tests have shown no obvious changes in sleep-disodered breathing. The patient should be followed up for a long periods carefully. 続きを見る
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
新美, 奏恵 ; 芳澤, 享子 ; 新垣, 晋 ; 小田, 陽平 ; 船山, 昭典 ; 三上, 俊彦 ; 金丸, 祥平 ; 泉, 直也 ; 齊藤, 力
出版情報: 新潟歯学会雑誌 = 新潟歯学会雑誌.  41  pp.31-37,  2011-06.  新潟歯学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/47714
概要: 本邦での頬粘膜癌の発生頻度は比較的まれで,口腔がんのなかで約10%程度とされており,その治療法や治療成績などに関する報告は少ない。今回新潟大学医歯学総合病院口腔再建外科で治療を行った頬粘膜扁平上皮癌1次症例の治療結果と予後を報告する。対象は 1995年1月から2008年12月に当科を初診した未治療口腔がん症例のうち,頬粘膜扁平上皮癌1次症例28例(男性13名,女性15名)である。そのうち24例で外科療法単独あるいは放射線療法,化学療法を併用した根治療法を行っていた。24名の初診時臨床病期分類はStage Iは10例(41.7%),Stage IIは8例(33.3%),Stage IIIは1例(4.2%),Stage IV A は5例(32.1%)であった。T 分類別5年累積生存率はT1 + T2(n=20)は85.6%,T4a(n=4)が62.5% であったが,両群間に有意差は認められなかった(P=0.23)。根治療法を行った24 名の5年累積生存率は79.1%であった。再発と頸部リンパ節後発転移は合わせて9例に認められた。頸部リンパ節後発転移を認めた症例のうち,2例は制御不能であり,これは術後3か月と5か月に転移を認めた症例であった。一方で術後24カ月以上経過したのちに再発や転移を認めた症例は制御可能であった。このことから頬粘膜癌では術後早期からの慎重な経過観察が重要と考えられた。<br />As squamous cell carcinoma of the buccal mucosa is relatively uncommon, accounting for less than 10% of oral cancers in Japan, there are few reports on optimal treatments and outcome for this cancer. The aim of this study was to report the treatment result and prognosis of patients with carcinoma of buccal mucosa who had treated definitively at our department. Twenty-eight patients with squamous cell carcinoma of the buccal mucosa who had treated between January 1995 and December 2008 included and retrospectively analyzed. The patients consisted of 13 men and 15 women, and 24 out of the 28 patients were treated definitively by surgery with or without radiotherapy and chemotherapy. Clinical stages of the 24 patients were 10 in stage I (41.7%), 8 in stage II (33.3%), 1 in stage III(4.2 %), and 5 in stage IV A (32.1 %). The 5-year cumulative survival rate of T1, T2 (n=20) and T4a (n=4) were 85.6% and 62.5% , respectively, although there was no statistically significance between these two groups (p=0.23). The 5-year cumulative survival rate for the whole patients was 79.1% . Local recurrence and subsequent cervical lymph node metastasis were detected in 9 patients. There were two patients that failed to control the neck diseases after salvage neck surgery; these appeared at 5 months and 3 months, respectively, after the initial treatment. On the other hand, the patients who had subsequent cervical lymph node metastasis developed over 24 months after initial surgery, had local control and still alive. From these results, the closed follow-up especially in early period after initial treatment is needed to obtain locoregional control in patients with buccal carcinoma. 続きを見る
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
小田, 陽平 ; 金丸, 祥平 ; 船山, 昭典 ; 新美, 奏恵 ; 新垣, 晋 ; 齊藤, 力
出版情報: 新潟歯学会雑誌 = 新潟歯学会雑誌.  39  pp.165-170,  2009-12.  新潟歯学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/31693
概要: 1995年~2008年の14年間に新潟大学医歯学総合病院口腔再建外科において外科療法を行った舌がんの治療成績を検討した。舌がん86例のうち,外科療法を行った79例を対象として,T 分類別,N 分類別,臨床病期別,および再発の有無による5年累 積生存率を算出した。T 分類別ではT1(N = 34)は95.5%,T2(N = 31)は83.5%,T3(N = 4)は100%,T4(N = 10)では60%であった。N 分類別ではN0(N = 64)では92.3%,N1(N = 8)では62.5%,N2(N = 7)では57.1%であった。臨床病期別ではstage1(N = 34)では95.5%,stage2(N = 24)では91.0%,stage3(N = 6)では83.3%,stage4(N = 15)では60%であった。経過中に原発巣再発,頸部リンパ節後発転移,遠隔転移がみられた再発群(N = 24 例)では59.0%と再発のなかった群(N = 55)の98%に対して生存率の低下がみられた。79例の5年生存率は86.1%であった。以上より進行症例,再発症例の治療成績が低下していたが,N0症例の頸部リンパ節後発転移(N = 12)は頸部超音波診断ないしCT を用いた厳重な経過観察による早期発見,早期治療によって比較的良好な成績が得られていた。<br />The consecutive 79 patients with carcinoma of the oral tongue treated by surgery between 1995 and 2008 were analyzed for outcome, recurrence patterns, and prognostic factors. The 5-year survival rate for the entire population was 86.1%. The values for T1(N=34), T2(N=31), T3(N=4),and T4(N=10) were 95.5%, 83.5%, 100%, and 60%, and N0(N=64), N1(N=8), and N2(N=7) were 92.3%, 62.5%, and 57.1%, respectively. The corresponding values for stage1(N=34), stage2(N=24), stage3(N=6), and stage4(N=15) were 95.5%, 91.0%, 83.3%, and 60%. respectively. With locoregional, or distant metastatic diseases, the value also decreased from 98% to 59%. On univariate analysis, adavanced stage tumors, locoregional or distant metastatic failures were independent poor prognostic factors. By applying follw-up sonography and CT for early detection of local recurrence and subsequent neck metastases can improve outcomes considerably in the oral tongue carcinomas. 続きを見る
8.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
船山, 昭典
出版情報: 新潟歯学会雑誌 = 新潟歯学会雑誌.  38  pp.39-40,  2008-06.  新潟歯学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/24905
9.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
山崎, 学 ; 船山, 昭典 ; 林, 孝文 ; 鈴木, 誠
出版情報: 新潟歯学会雑誌 = 新潟歯学会雑誌.  34  pp.41-44,  2004-08.  新潟歯学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/23315
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
新垣, 普 ; 金丸, 祥平 ; 三上, 俊彦 ; 船山, 昭典 ; 新美, 奏恵 ; 小田, 陽平 ; 斎藤, 力 ; 林, 孝文
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  125  pp.164-164,  2011-03.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/29018