close
1.

図書

図書
江部佑輔
出版情報: 新潟 : 新潟大学医学部, [1999]
シリーズ名: 新潟大学学位論文 ; 新大院医博 || シンダイ インイハク ; 874
所蔵情報: loading…
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
田代, 和徳 ; 片桐, 次郎 ; 江部, 佑輔 ; 穀野, 真一郎 ; 中谷, 敦子 ; 大坪, 隆男 ; 早川, 晃史 ; 笹川, 哲哉 ; 七條, 公利 ; 植木, 秀任 ; 佐藤, 啓一 ; 伊藤, 信市 ; 福田, 剛明 ; 大貫, 啓三
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  108  pp.79-79,  1994-01.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/38044
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
江部, 佑輔 ; 藤森, 勝也 ; 朴, 載廣 ; 高橋, 芳右
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  121  pp.536-536,  2007-09.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/32813
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
藤村, 健夫 ; 清水, 夏恵 ; 村上, 修一 ; 真島, 一郎 ; 下条, 文武 ; 江部, 佑輔 ; 齋藤, 功 ; 片桐, 敦子 ; 村松, 芳幸
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  120  pp.616-621,  2006-11.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/20068
概要: 全身慢性疼痛を主訴に心療内科を紹介された患者に,前立腺癌骨転移が見つかった一例を紹介する.疼痛を訴える患者に対して,初診段階で『気持ちの問題だろう.』と判断することは慎むべきであり,器質的疾患の存在を繰り返し除外するべきである.心療内科受診 患者の約8%が,疼痛を主訴としている.これらの患者全例が,抗不安薬,抗うつ薬を処方されていた.臨床各科において,疼痛を訴える患者に対して,器質的疾患の存在を除外できたならば,抗不安薬,抗うつ薬を処方して,その効果を確認するのも一つのアプローチである.心療内科では,機能的疼痛に対応している.自律訓練法,バイオフィードバック法が必要と判断された場合は心療内科受診を患者に提案してほしい.明らかに精神症状が前面に出ている場合は,精神科に紹介する.<br />We report the case of a prostate cancer patient with bone metastases. A 66-year-old man came to our hospital with a complain of systemic chronic pain of unknown origin that might be caused by psychological factors. As a result, he was referred to the department of psychosomatic medicine. However, detailed examination led his pain to be of physical nature caused by the patient's cancer. Therefore, as physicians we should not disregard the pain of patients as psychological, but instead should give them a comprehensive systemic examination to exclude psychosomatic disease. This report strongly indicates that pain of unknown origin is not necessarily due to psychosomatic disease or psychiatric disease. 続きを見る
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
江部, 佑輔 ; 成田, 淳一 ; 森山, 寛史 ; 寺田, 正樹 ; 高田, 俊範 ; 長谷川, 隆志 ; 塚田, 弘樹 ; 吉澤, 弘久 ; 下条, 文武 ; 古川, 達夫 ; 鈴木, 栄一
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  119  pp.274-274,  2005-04.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/4103
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
江部, 佑輔 ; 下条, 文武 ; 内藤, 眞
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  119  pp.106-116,  2005-02.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/3314
概要: Myanmar is situated in the western part of southeast Asia. It is one of the least developed countries (LDC) such as Cambodia and Laos. The condition of healthcare in east and southeast Asia is almost the same or slightly better than that in other LDC, but much worse than that in Japan and developing countries in southeast Asia (Thailand, Vietnam etc). We compared the data of WHO, UNICEF, UN statistic division and reports from Ministry of Health in Myanmar to examine situations and problems of healthcare in Myanmar. Life expectancy at births of male/female in 2000 was 54.6/59.9 (average: 57.3). Mortality rate per 1,000 live birth of children under five years old was 110 and maternal mortality ratio per 100,000 live births was 170. These data above mentioned on the situations of healthcare in Myanmar indicate that Myanmar is situated between developing countries and LDC. In Myanmar and other LDC, infectious diseases are the main cause of poor healthcare. Malaria is the most important disease in mortality and morbidity. Common problems in healthcare between Myanmar and Japan are tuberculosis (TB) and HIV/AIDS. Mixed infection of HIV and TB has been more and more serious. Healthcare in reproductive age is also insufficient in Myanmar and other LDC. Effective and continuous support from advanced countries including Japan is required to improve the healthcare in Myanmar. 続きを見る
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
中村, 茂樹 ; 竹石, 利之 ; 江部, 佑輔
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  121  pp.164-164,  2007-03.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/20493