close
1.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
小田, 陽平 ; 船山, 昭典 ; 新美, 奏恵 ; 芳澤, 享子 ; 新垣, 晋 ; 齊藤, 力
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  127  pp.635-635,  2013-11.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/36198
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
新垣, 晋 ; 金丸, 祥平 ; 船山, 昭典 ; 新美, 奏恵 ; 小田, 陽平 ; 三上, 俊彦 ; 菅井, 登志子 ; 齊藤, 力 ; 星名, 秀行 ; 永田, 昌毅 ; 高木, 律男
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  127  pp.636-636,  2013-11.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/36192
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
新垣, 晋 ; 金丸, 祥平 ; 三上, 俊彦 ; 船山, 昭典 ; 新美, 奏恵 ; 小田, 陽平 ; 菅井, 登志子 ; 芳澤, 亨子 ; 斎藤, 力 ; 永田, 昌毅 ; 星名, 秀行 ; 高木, 律男 ; 林, 孝文
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  126  pp.504-504,  2012-09.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/35360
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
芳澤, 享子 ; 船山, 昭典 ; 三上, 俊彦 ; 新美, 奏恵 ; 小野, 由起子 ; 齊藤, 力
出版情報: 新潟歯学会雑誌 = 新潟歯学会雑誌.  42  pp.103-106,  2012-12.  新潟歯学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/50513
概要: 私たちは化粧品が原因と思われた接触性口唇炎および皮膚炎の1例を経験したので報告する。患者は37 歳,女性で,口唇に掻痒感を伴う発赤,腫脹,小水疱を主訴に当科を初診した。初診時上下唇にびまん性の腫脹,発赤,接触痛を認め,その後上下赤唇縁とその 周囲に多数の小水疱や頸部および前腕部に紅斑と丘疹が出現した。パッチテストで患者が使用していた化粧下地が陽性であり,その化粧品の使用を中止したところ症状は数日で改善した。<br />We report a case of contact cheilitis and dermatitis probably due to cosmetics. A 37-year-old female first visited because of itching and reddish swelling of her lips. After that, small blisters had been prominent on lips and erythema and papules appeared on neck and forearm. She showed a positive reaction to foundation which she had used in patch testing. She stopped using this cosmetic then, her cheilitis improved within several days. 続きを見る
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
新美, 奏恵 ; 芳澤, 享子 ; 新垣, 晋 ; 小田, 陽平 ; 船山, 昭典 ; 三上, 俊彦 ; 金丸, 祥平 ; 泉, 直也 ; 齊藤, 力
出版情報: 新潟歯学会雑誌 = 新潟歯学会雑誌.  41  pp.31-37,  2011-06.  新潟歯学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/47714
概要: 本邦での頬粘膜癌の発生頻度は比較的まれで,口腔がんのなかで約10%程度とされており,その治療法や治療成績などに関する報告は少ない。今回新潟大学医歯学総合病院口腔再建外科で治療を行った頬粘膜扁平上皮癌1次症例の治療結果と予後を報告する。対象は 1995年1月から2008年12月に当科を初診した未治療口腔がん症例のうち,頬粘膜扁平上皮癌1次症例28例(男性13名,女性15名)である。そのうち24例で外科療法単独あるいは放射線療法,化学療法を併用した根治療法を行っていた。24名の初診時臨床病期分類はStage Iは10例(41.7%),Stage IIは8例(33.3%),Stage IIIは1例(4.2%),Stage IV A は5例(32.1%)であった。T 分類別5年累積生存率はT1 + T2(n=20)は85.6%,T4a(n=4)が62.5% であったが,両群間に有意差は認められなかった(P=0.23)。根治療法を行った24 名の5年累積生存率は79.1%であった。再発と頸部リンパ節後発転移は合わせて9例に認められた。頸部リンパ節後発転移を認めた症例のうち,2例は制御不能であり,これは術後3か月と5か月に転移を認めた症例であった。一方で術後24カ月以上経過したのちに再発や転移を認めた症例は制御可能であった。このことから頬粘膜癌では術後早期からの慎重な経過観察が重要と考えられた。<br />As squamous cell carcinoma of the buccal mucosa is relatively uncommon, accounting for less than 10% of oral cancers in Japan, there are few reports on optimal treatments and outcome for this cancer. The aim of this study was to report the treatment result and prognosis of patients with carcinoma of buccal mucosa who had treated definitively at our department. Twenty-eight patients with squamous cell carcinoma of the buccal mucosa who had treated between January 1995 and December 2008 included and retrospectively analyzed. The patients consisted of 13 men and 15 women, and 24 out of the 28 patients were treated definitively by surgery with or without radiotherapy and chemotherapy. Clinical stages of the 24 patients were 10 in stage I (41.7%), 8 in stage II (33.3%), 1 in stage III(4.2 %), and 5 in stage IV A (32.1 %). The 5-year cumulative survival rate of T1, T2 (n=20) and T4a (n=4) were 85.6% and 62.5% , respectively, although there was no statistically significance between these two groups (p=0.23). The 5-year cumulative survival rate for the whole patients was 79.1% . Local recurrence and subsequent cervical lymph node metastasis were detected in 9 patients. There were two patients that failed to control the neck diseases after salvage neck surgery; these appeared at 5 months and 3 months, respectively, after the initial treatment. On the other hand, the patients who had subsequent cervical lymph node metastasis developed over 24 months after initial surgery, had local control and still alive. From these results, the closed follow-up especially in early period after initial treatment is needed to obtain locoregional control in patients with buccal carcinoma. 続きを見る
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
安島, 久雄 ; 芳澤, 享子 ; 小野, 和宏 ; 泉, 直也 ; 新美, 奏恵 ; 小山, 貴寛 ; 菅井, 登志子 ; 興地, 隆史 ; 齊藤, 力 ; 高木, 律男
出版情報: 新潟歯学会雑誌 = 新潟歯学会雑誌.  39  pp.153-158,  2009-12.  新潟歯学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/31685
概要: 今回我々は,受容部に認めた残留嚢胞の摘出と同時に軽度の歯周炎を有する歯を移植し,良好に経過した症例を経験したので報告するとともに,その成功要因について移植歯と受容部の予後因子について検討した。症例は53歳,女性。移植歯は上顎左側智歯で,歯周 ポケット4mm,付着の喪失4mm で軽度の歯周炎を呈していた。受容部は下顎右側第一大臼歯相当部歯槽堤で,パノラマおよびデンタルX線写真で歯槽頂のやや下方に境界明瞭で類円形のX線透過像が認められた。移植歯は3根でやや肥大していたが,歯根膜の付着量は口蓋根で11mm,頬側根で8mmであった。嚢胞の摘出に際しては,同部が移植窩となることを考慮して病変にアプローチしたところ,歯槽頂より7~8mm下方に嚢胞を認め摘出した。そのため移植窩はその下方で嚢胞摘出腔と連続したが,歯槽頂から7~8mmの高さでは4壁の歯槽骨が確保でき,移植歯と移植窩の適合は良好であった。術後3週目で固定を除去し,根管治療を開始した。術後3か月目に根管充填を行い,移植後8か月で最終補綴治療を行ったところ,デンタルX線写真でも移植歯周囲の骨新生は良好であった。現在,術後6年を経過しているが経過は良好である。この理由として,移植窩形成時に移植窩上縁に4壁の歯槽骨が確保でき,移植歯の歯頸部付近での適合が良好であったこと,移植歯の歯根膜付着が確保できたことなどが考えられた。<br />The purposes of this article were to report a successful case of immediate autotransplantation after surgical extirpation of a residual cyst, and to review donor tooth- and recipient site-associated factors that favored the outcome. The case is of a 53 years old female. The donor tooth was the maxillary left third molar that developed mild periodontitis with probing pocket depth of 4 mm and attachment loss of 4 mm. In panoramic and dental x-rays, the lesion appeared at the alveolar crest slightly downward in the mandibular right first molar region as a well-demarcated unilocular radiolucency. The donor tooth had three slightly hypertrophic roots, but with enough attached periodontium on root surfaces. As a result of surgical extirpation of the cyst observed at 7-8mm depth below the alveolar ridge, the bottom of the transplant socket became continuous with the extirpation defect. However, we were able to preserve the buccal and lingual walls of the alveolar bone, and successfully prepared a 7-8-mm-deep, 4-wall transplant socket that conformed well to the transplanted tooth. We removed the resin-wire splint used for fixation 3 weeks postoperatively and started endodontic treatment. We performed root canal filling with gutta-percha 3 months postoperatively and prosthetic treatment was done 8 months postoperatively. Control radiographs taken during 6 years of follow-up displayed disappearance of radiolucency, clearly visible periodontal ligament space around the transplant, and no signs of root resorption, indicating good healing. The favorable outcome of this case may be attributable to the following factors: (i) successful creation of a four-wall transplant socket; (ii) good initial stability due to good conformity of the cervix of the transplant; (iii) absence of osteosclerotic findings around the cystic radiolucency at the first molar region; and (iv) successful periodontal reattachment of the donor tooth. 続きを見る
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
小田, 陽平 ; 金丸, 祥平 ; 船山, 昭典 ; 新美, 奏恵 ; 新垣, 晋 ; 齊藤, 力
出版情報: 新潟歯学会雑誌 = 新潟歯学会雑誌.  39  pp.165-170,  2009-12.  新潟歯学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/31693
概要: 1995年~2008年の14年間に新潟大学医歯学総合病院口腔再建外科において外科療法を行った舌がんの治療成績を検討した。舌がん86例のうち,外科療法を行った79例を対象として,T 分類別,N 分類別,臨床病期別,および再発の有無による5年累 積生存率を算出した。T 分類別ではT1(N = 34)は95.5%,T2(N = 31)は83.5%,T3(N = 4)は100%,T4(N = 10)では60%であった。N 分類別ではN0(N = 64)では92.3%,N1(N = 8)では62.5%,N2(N = 7)では57.1%であった。臨床病期別ではstage1(N = 34)では95.5%,stage2(N = 24)では91.0%,stage3(N = 6)では83.3%,stage4(N = 15)では60%であった。経過中に原発巣再発,頸部リンパ節後発転移,遠隔転移がみられた再発群(N = 24 例)では59.0%と再発のなかった群(N = 55)の98%に対して生存率の低下がみられた。79例の5年生存率は86.1%であった。以上より進行症例,再発症例の治療成績が低下していたが,N0症例の頸部リンパ節後発転移(N = 12)は頸部超音波診断ないしCT を用いた厳重な経過観察による早期発見,早期治療によって比較的良好な成績が得られていた。<br />The consecutive 79 patients with carcinoma of the oral tongue treated by surgery between 1995 and 2008 were analyzed for outcome, recurrence patterns, and prognostic factors. The 5-year survival rate for the entire population was 86.1%. The values for T1(N=34), T2(N=31), T3(N=4),and T4(N=10) were 95.5%, 83.5%, 100%, and 60%, and N0(N=64), N1(N=8), and N2(N=7) were 92.3%, 62.5%, and 57.1%, respectively. The corresponding values for stage1(N=34), stage2(N=24), stage3(N=6), and stage4(N=15) were 95.5%, 91.0%, 83.3%, and 60%. respectively. With locoregional, or distant metastatic diseases, the value also decreased from 98% to 59%. On univariate analysis, adavanced stage tumors, locoregional or distant metastatic failures were independent poor prognostic factors. By applying follw-up sonography and CT for early detection of local recurrence and subsequent neck metastases can improve outcomes considerably in the oral tongue carcinomas. 続きを見る
8.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
齊藤, 力 ; 芳澤, 享子 ; 菅井, 登志子 ; 新美, 奏恵 ; 小林, 正治
出版情報: 新潟歯学会雑誌 = 新潟歯学会雑誌.  39  pp.1-14,  2009-06.  新潟歯学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/31670
9.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
新美, 奏恵 ; 芳澤, 享子 ; 泉, 直也 ; 高田, 佳之 ; 富沢, 美惠子 ; 齊藤, 力
出版情報: 新潟歯学会雑誌 = 新潟歯学会雑誌.  37  pp.31-35,  2007-07.  新潟歯学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/22764
概要: Lesch-Nyhan syndrome is a rare inborn error of purine metabolism caused of lack of hypoxanthine-guanine phosphoribosyl t ransferase (HGPRT), and is characterized by involuntary moments, mental retardation, cerebral palsy, and self-injurious behavior. Self-mutilation to lips and fingers are often observed, and prevention of self-mutilation and treatment to the destruction raise significant difficulties. We treated an 8 year-old boy with Lesch-Nyhan syndrome who had severe lower lip injuries with self-mutilation. The patient's central and lateral lower incisors were covered by resin at his first visit, and then treated by crown amputation and pulpectomy under general anesthesia. We also corrected form of his lower lip which was deeply wounded with self-mutilation. His self-injurious behavior is not seen for ten months after the treatment, but more follow-up examination is needed, as there are some reports that self-mutilation had restarted after the treatment.<br />Lesch-Nyhan症候群はhypoxanthine-guanine phosphoribosyl transferase (HGPRT) の欠損によりプリン体代謝の異常をきたす稀な先天性の疾患であり, 小児期に発症し, 不随意運動, 精神発達遅滞, 脳性麻痺, 自傷行為などの特徴的な臨床像を呈する疾患である。自傷行為は口唇や手指に多くみられ, その予防や治療には難渋することが多い。我々は今回下唇に自傷行為による深い潰瘍の見られた8歳のLesch-Nyhan症候群の男児に対し, 治療を行ったので報告する。初診時に下顎中切歯と側切歯をレジンで被覆し, その後全身麻酔下に下顎前歯の歯冠の削除と抜髄,下唇の形態修正を行った。術後10か月の間に自傷行為の再発は認めず, これらの治療法を組み合わせたことが自傷行為防止に有効であったと考えられた。しかしながら, さまざまな処置後に自傷行為の再発を認めたとの報告もあり, 引き続き注意深い経過観察が必要であると思われる。 続きを見る
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
新美, 奏恵
出版情報: 新潟歯学会雑誌 = 新潟歯学会雑誌.  32  pp.103-104,  2002-07.  新潟歯学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/23215