close
1.

図書

図書
宮島静一
出版情報: 新潟 : 新潟大学医学部, [1992]
シリーズ名: 新潟大学学位論文 ; 新大医博 || シンダイ イハク ; 1143
所蔵情報: loading…
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
渡辺, 賢一 ; 宮島, 静一 ; 草野, 頼子 ; 田辺, 直仁 ; 広川, 陽一
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  111  pp.121-121,  1997-02.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/44484
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
渡辺, 賢一 ; 宮島, 静一 ; 草野, 頼子 ; 田辺, 直仁 ; 広川, 陽一
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  111  pp.57-58,  1997-01.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/44419
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
宮島, 静一 ; 草野, 頼子 ; 渡辺, 賢一
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  111  pp.60-60,  1997-01.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/44427
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
渡辺, 賢一 ; 宮島, 静一 ; 草野, 頼子 ; 田辺, 直仁 ; 長友, 孝文 ; 広川, 陽一
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  110  pp.415-428,  1996-10.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/43371
概要: To evaluate the usefulness of ^<123>I-metaiodobenzylguanidine (MIBG) as a tracer of myocardial sympathetic function in i schemic heart disease, we performed rest MIBG, rest 123I-methyl pentadecanoic acid (BMIPP), stress thallium (Tl) scintigraphy and cardiac catheterization in 500 patients with ischemic heart disease and compared the segmental findings each other. Ischemia in the jeopardized regions was able to be detected even by rest MIBG images. The abnormality of MIBG SPECT images was more intense than that of Tl images. Abnormal regions in MIBG may have necrotic or ischemic myocardial tissue and normal regions in MIBG may not have necrotic tissue. MIBG SPECT images could indicate “area at risk” and “denervated but viable myocardium” in patients with acute myocardial infarction. MIBG SPECT sensitively delineate the impaired myocardium following coronary artery spasm. MIBG myocardial SPECT was useful to evaluate the therapeutic effects and myocardial damage in ischemic heart disease. 続きを見る
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
宮島, 静一 ; 草野, 頼子 ; 渡辺, 賢一 ; 岡部, 正明
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  110  pp.386-392,  1996-09.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/43336
概要: We diagnosed cholesterol embolism in 7 of 3594 patients who were undergoing left heart catheterization. Typical symptoms such as purple toe and renal dysfunction were observed 3 to 31 days after catheterization. All patients had multiple coronary risk factors. Anticoagulant therapy was implicated as a precipitating factor in 6 patients. Diagnosis in the early phase of the disease and discontinuation of anticoagulant agents were necessary in preventing the process of the disease. 続きを見る
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
渡辺, 賢一 ; 宮島, 静一 ; 草野, 頼子 ; 政二, 文明
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  110  pp.298-298,  1996-07.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/43188
8.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
渡辺, 賢一 ; 宮島, 静一 ; 草野, 頼子 ; 名古屋, 洋 ; 樋口, 元弥
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  110  pp.300-300,  1996-07.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/43194
9.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
渡辺, 賢一 ; 宮島, 静一 ; 草野, 頼子 ; 広川, 陽一
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  110  pp.186-186,  1996-05.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/43061
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
広川, 陽一 ; 貝津, 徳男 ; 渡辺, 賢一 ; 宮島, 静一 ; 草野, 頼子 ; 柴, 正美 ; 今成, 朗
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  110  pp.117-117,  1996-03.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/42957