close
1.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
多田, 哲也 ; 大橋, 学 ; 中川, 悟 ; 植木, 匡 ; 岡至, 明 ; 大日方, 一夫 ; 渡辺, 和夫 ; 西巻, 正 ; 藍沢, 喜久雄 ; 鈴木, 力 ; 畠山, 勝義
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  110  pp.123-123,  1996-03.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/42978
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
横田, 隆司 ; 小林, 由夏 ; 倉岡, 賢輔 ; 松林, 宏行 ; 飯利, 孝雄 ; 七條, 公利 ; 多田, 哲也 ; 佐藤, 啓一
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  115  pp.330-331,  2001-07.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/48311
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
多田, 哲也 ; 小出, 則彦 ; 蓮田, 憲夫 ; 丸山, 亮 ; 鈴木, 力
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  115  pp.200-200,  2001-05.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/48196
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
古川, 浩 ; 三神, 裕紀 ; 中川, 悟 ; 桑原, 史郎 ; 多田, 哲也
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  114  pp.127-127,  2000-03.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/48853
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
近藤, 典子 ; 星井, 達彦 ; 松本, 春信 ; 多田, 哲也 ; 藪崎, 裕 ; 山井, 健介
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  111  pp.726-726,  1997-11.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/45582
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
松本, 春信 ; 山井, 健介 ; 小山, 俊太郎 ; 多田, 哲也 ; 有本, 直樹
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  111  pp.403-403,  1997-06.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/45008
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
多田, 哲也
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  106  pp.106-123,  1992-02.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/39537
概要: Mucosal and submucosal (superficial) carcinomas of the esophagus were studied clinicopathologically for macroscopic diff erentiation and biological difference between them. The object was 25 patients with mucosal carcinoma and 48 with submucosal carcinoma. The total number of superficial carcinomas which included tumors independently found in the cases with advanced carcinoma was 131 mucosal carcinomas and 52 submucosal carcinomas. Patients with mucosal carcinoma showed better prognosis (100% of five year survival rate) than those with submucosal carcinoma (76.5%). Lymphatic permeation, venous invasion, and nodal metastasis of mucosal carcinomas were positive in 4%, 4%, and 0%, respectively, and the rates were significantly lower than those of submucosal carcinoma ; 64.6%, 68.8%, and 30.4%, respectively. Macroscopically, 30 (90.9%) of 33 tumors with elevation over 1mm (0- I type) in the deepest cancer-invasion area were submucosal carcinomas. Tumors with depression more than 0.5mm (0- III type) and those with both elevation and depression (mixed type) invaded the submucosal layer. 128 (90.1%) of other 142 tumors (0- II type) were mucosal carcinomas. 63 (98.4%) of 64 tumors less than 10mm in size were mucosal carcinomas. On the other hand, 26 (92.6%)of 28 tumors in which the size were 40mm or more were submucosal carcinomas. Striped surface pattern of the tumor indicated mucosal carcinoma, 55 (91.7%) of 60 tumors with smooth・flat surface pattern and 45 (73.8%) of 61 tumors with granular, fine granular or coarse surface pattern in the deepest cancer-invasion area were mucosal carcinoma. Nodular and subepithelial surface pattern indicated submucosal carcinoma. The area, color and peripheral pattern of tumors were also available for distinguishing mucosal carcinoma from submucosal carcinoma. It is possible to differentiate mucosal carcinoma from submucosal carcinoma macroscopically. Early carcinoma of the esophagus should be defined as mucosal carcinoma. 続きを見る
8.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
古川, 浩 ; 三神, 裕紀 ; 桑原, 史郎 ; 多田, 哲也
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  113  pp.324-325,  1999-06.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/46764
9.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
葛, 仁猛 ; 大橋, 泰博 ; 多田, 哲也 ; 藪崎, 裕
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  112  pp.725-725,  1998-11.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/46359
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
丸田, 智章 ; 佐々木, 正貴 ; 若井, 俊文 ; 多田, 哲也 ; 田崎, 正行 ; 津畑, 豊 ; 天白, 典秀
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  118  pp.175-178,  2004-03.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/3094
概要: 症例は59才の男性で,S状結腸穿孔による汎発性腹膜炎で緊急手術を施行した.その後,ショック,呼吸困難などを繰り返し,人工呼吸管理,カテコラミン投与から離脱困難であった.高カルシウム血症,見当識障害なども見られ,ACTH低値,cortisol 低値から続発性副腎不全と診断された.後に長期にわたり皮膚掻痒症に対しCelestamine^<[○!R]>が投与されていたことが判明した.Celestamine^<[○!R]>は1錠中betamethasone 0.25mgを含み,そのために続発性副腎不全を来したと考えられた.hydrocortisoneの内服を開始し,速やかに全身状態が改善した.問診と薬歴聴取の重要さを再認識するとともに,強力なステロイドであるbetamethasoneを含んでいるCelestamine^<[○!R]>が抗アレルギー薬として比較的長期にに投与されている場合があり注意を要すると考えられた.また,続発性副腎不全には特異的な症状はなく,同様の症状は消化器外科手術後にも見られることから見過ごされている可能性があり,報告する. 続きを見る