close
1.

図書

図書
中村茂樹, 畔柳昭雄, 石田卓矢著
出版情報: 東京 : 鹿島出版会, 1999.11
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
中村茂樹著
出版情報: 東京 : 明石書店, 2004.1
シリーズ名: 明石ライブラリー ; 61
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
中村茂樹
出版情報: 新潟 : 新潟大学医学部, [1997]
シリーズ名: 新潟大学学位論文 ; 新大医博 || シンダイ イハク ; 1390
所蔵情報: loading…
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
中村, 茂樹 ; 須田, 和敬 ; 小川, 充
出版情報: 新潟医学会雑誌 — 新潟医学会雑誌.  123  pp.382-382,  2009-07.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/28417
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
中村, 茂樹 ; 竹石, 利之 ; 江部, 佑輔
出版情報: 新潟医学会雑誌 — 新潟医学会雑誌.  121  pp.164-164,  2007-03.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/20493
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
川原, 聖佳子 ; 畠山, 勝義 ; 中村, 茂樹 ; 竹石, 利之
出版情報: 新潟医学会雑誌 — 新潟医学会雑誌.  120  pp.222-227,  2006-04.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/4450
概要: 当院では1995年より,胆石・総胆管結石に対し,永井式4点皮下吊り上げ法による腹腔鏡下手術を第一選択として施行しており,2004年3月までに腹腔鏡下胆嚢摘出術103例と腹腔鏡下総胆管結石症手術34例を経験した.開腹移行例は胆嚢摘出術10.7 %,総胆管結石症手術32.4%で,理由は癒着や出血の他,総胆管結石症手術では総胆管操作に起因するものであった.合併症は胆汁瘻が最も多かったが全例保存的に治癒した.再手術を要したものは胆嚢摘出術後血腫感染の1例のみであった.手術時間は胆嚢摘出術約100分,総胆管結石症手術約2時間30分であった.術後在院日数は胆嚢摘出術約11日,総胆管結石症手術約23日であり,経胆嚢管法では11.5日と短かった.総胆管結石症手術後遺残結石は3例(13.0%)に認めた.吊り上げ法は,手術手技の簡便さ,経済的に手術器具が安価であること,また何より,患者の呼吸・循環動態へ及ぼす影響が無い,という安全性からも,有用な方法である.今回の検討では,比較的良好な手術成績が得られたが,術後在院日数や総胆管結石症手術の開腹移行率に関しては,まだ改善の余地があると思われ,さらなる進歩を目指したいと考えている. 続きを見る
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
中村, 茂樹 ; 竹石, 利之 ; 丸山, 洋一
出版情報: 新潟医学会雑誌 — 新潟医学会雑誌.  115  pp.202-202,  2001-05.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/48209
8.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
竹石, 利之 ; 中村, 茂樹 ; 吉田, 英春 ; 中山, 義秀
出版情報: 新潟医学会雑誌 — 新潟医学会雑誌.  118  pp.356-356,  2004-07.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/3039
9.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
中村, 茂樹 ; 田邊, 匡
出版情報: 新潟医学会雑誌 — 新潟医学会雑誌.  117  pp.275-275,  2003-05.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/4701
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
柴尾, 和徳 ; 中村, 茂樹 ; 宮下, 薫 ; 大黒, 善弥 ; 藍沢, 喜久雄
出版情報: 新潟医学会雑誌 — 新潟医学会雑誌.  109  pp.311-311,  1995-06.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/42490