Blank Cover Image

新潟市内の小学校における養護教諭の小児喘息の知識と行動についての全数調査

フォーマット:
論文(リポジトリ)
責任表示:
大口, 美和子 ; 住吉, 智子 ; 田中, 美央 ; 西方, 真弓 ; 菊永, 淳 ; 内山, 美枝子 ; 宮坂, 道夫
出版情報:
新潟医学会, 2016-01
掲載情報:
新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌
ISSN:
00290440  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
著者名:
大口, 美和子
住吉, 智子
田中, 美央
西方, 真弓
菊永, 淳
内山, 美枝子
宮坂, 道夫
続きを見る
巻:
130
通号:
1
開始ページ:
68
終了ページ:
78
バージョン:
publisher
概要:
新潟市内の全小学校115校に勤務する養護教諭115名, および比較対照群として音楽教諭115名, 合計230名を対象として, 小児喘息についての知識および発作時の対応等の行動についての実態を明らかにすることを目的とした全数調査を行った. 養護教諭79名(回収率68.7%), 音楽教諭75名(同65.2%)から回答を得た. 養護教諭は小児喘息にアトピー型と非アトピー型があること, 遺伝因子と環境因子とが関与していること, 感情表現とストレスの関与等についての知識を持っている一方 で, 発症に関わるチリダニの至適発育条件, アトピー体質をもっている者の比率, 小発作時の会話と睡眠状態, 大発作にのみ見られる状態等については必ずしも十分な知識を持っていなかった. 知識スコアが高い養護教諭ほど, 喘息発作時の対応への自信があり, 喘息発作への不安が少なく, 小児喘息児童を把握して, 意識した対応を行っていた. 喘息への対応回数と知識スコアには正の相関がみられたが, 小児喘息の個人的経験や教員歴の長さは必ずしも知識に相関していなかった. 養護教諭の喘息に関する知識や発作時の対応能力を向上させるためには, 小児気管支喘息のガイドラインの普及啓蒙や, 研修会や養成課程等に小児喘息についての知識や対応方法を組み込んでいくことが求められる. 続きを見る
本文リンク
タイトルが類似している資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

田中, 美央, 西方, 真弓, 宮坂, 道夫, 倉田, 慶子, 住吉, 智子

新潟大学医学部保健学科

林, 典子(pub.2010), 静岡県養護教諭研究会

東山書房

藤井, 寿美子(1940-), 山口, 昭子(看護学), 佐藤, 紀久栄, 釆女, 智津江(1954-)

大修館書店

飯野, 順子, 岡田, 加奈子

大修館書店

藤井, 寿美子, 山口, 昭子, 佐藤, 紀久栄

大修館書店

養護教諭ヒヤリ・ハット研究会, 三木, とみ子

ぎょうせい

藤井, 寿美子(1940-), 山口, 昭子(看護学), 佐藤, 紀久栄

大修館書店

住吉, 智子

新潟大学大学院医歯学総合研究科

尾花, 美恵子, 栗田, 舞美, 西川路, 由紀子

少年写真新聞社

住吉, 智子

新潟歯学会