Blank Cover Image

5) 大腸sm癌の臨床病理学的検討および治療方針(シンポジウム 大腸癌をめぐる諸問題 : 早期発見と治療, 第429回新潟医学会)

フォーマット:
論文(リポジトリ)
責任表示:
下田, 聡 ; 武藤, 輝一 ; 畠山, 勝義 ; 井上, 雄一朗 ; 須田, 武保
出版情報:
新潟医学会, 1988-12
掲載情報:
新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌
ISSN:
00290440  CiNii Research  Webcat Plus  JAIRO
著者名:
巻:
102
通号:
12
開始ページ:
749
終了ページ:
756
バージョン:
publisher
概要:
The lesions of one hundred and twenty three early colorectal carcinomas (117 cares) with submucosal (sm) invasion were investigated. Metastatic involvement of regional lymphnodes was seen in 9.4% of all cases and lymphatic permeation in 21. 4%. The incidence of venous spread was 19.7%. The close relationship between these rates and the level of sm invasion was observed. The policy for management of sm carcinomas should be decided on their location and the level of sm invasion. Except the carcinomas with invasive level of smla, sm-invasive cancer which is located on colon and rectum above the line of 2 cm from Dentate line seems to necessitate a further radical operation. However the radical operation for the carcinomas on lower rectum below the line of 2 cm from Dentate line should be restricted only to cases with sm 3, lymphatic and/or venous permeation, and poorly differentiated adenocarcinoma or undifferentiated carcinoma, for reducing the number of patients suffering from permanent sigmoidostomy. 続きを見る
本文リンク
タイトルが類似している資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

須田, 武保, 鹿嶋, 雄治, 山井, 健介, 井上, 雄一朗, 下田, 聡, 畠山, 勝義, 武藤, 輝一, 渡辺, 英伸

新潟医学会

島村, 公年, 牛山, 信, 岡本, 春彦, 太田, 一寿, 遠藤, 和彦, 須田, 武保, 酒井, 靖夫, 畠山, 勝義, 武藤, 輝一

新潟医学会

斎藤, 征史, 加藤, 俊幸, 丹羽, 正之, 小越, 和栄

新潟医学会

川口, 英弘, 吉田, 奎介, 武藤, 輝一

新潟医学会

山井, 健介, 島村, 公年, 畠山, 勝義, 武藤, 輝一

新潟医学会

斎藤, 征史, 石黒, 淳, 加藤, 俊幸, 丹羽, 正之, 小越, 和栄

新潟医学会

畠山, 勝義, 島村, 公年, 酒井, 靖夫, 須田, 武保, 武藤, 輝一

新潟医学会

佐藤, 裕美

新潟大学