Blank Cover Image

多発性筋炎・皮膚筋炎に伴う間質性肺炎の治療と予後

フォーマット:
論文(リポジトリ)
責任表示:
高田, 俊範
出版情報:
新潟医学会, 2013-02
掲載情報:
新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌
ISSN:
00290440  CiNii Research  Webcat Plus  JAIRO
著者名:
高田, 俊範  
巻:
127
通号:
2
開始ページ:
61
終了ページ:
69
バージョン:
publisher
概要:
多発性筋炎・皮膚筋炎は, 約40%の症例に間質性肺炎を合併する. 特に筋炎症状に乏しい皮膚筋炎では, 約50%の症例に急速進行性間質性肺炎をともない, 致死的となることが多い. これらの間質性肺炎に対して, グルココルチコイド大量静注療法, シクロスポリンやシクロフホスファミド大量静注療法などの免疫抑制薬の併用療法が行われてきた. しかし, これらの治療にもかかわらず, 進行して致死的となる間質性肺炎が経験される. 近年, 筋症状に乏しい皮膚筋炎に特異的に見られる自己抗体, 抗CADM-140抗体が見出され, 早期診断のマーカーとして期待されている. 抗CADM-140抗体陽性の皮膚筋炎にともなう間質性肺炎に対して, シクロスポリンやミコフェノール酸などの免疫抑制薬や, エンドトキシン吸着を用いた治療が試みられている. 続きを見る
本文リンク
タイトルが類似している資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

厚生省特定疾患強皮症,皮膚筋炎,及び多発性筋炎調査研究班, 籏野, 倫(-2010)

厚生省特定疾患強皮症、皮膚筋炎、及び多発性筋炎調査研究班

本間, 智子, 堀, 知行, 和泉, 純子, 山田, 聡, 小沢, 哲夫, 佐藤, 健比呂, 鈴木, 栄一, 中野, 正明, 来生, 哲, 荒川, 正昭

新潟医学会

高田, 俊範, 吉澤, 和孝, 木村, 陽介, 大橋, 和政, 林, 正周, 菊地, 利明, 佐藤, 慎二

新潟医学会

鈴木, 達郎, 朝川, 勝明, 古川, 俊貴, 小屋, 俊之, 中山, 秀章, 各務, 博, 高田, 俊範, 成田, 一衛, 長谷川, 隆志, 鈴木, 栄一

新潟医学会

小倉, 剛, 吉良, 枝郎, 津田, 富康

中山書店

斉藤, 元

新潟大学医学部

西川, 武二

金原出版

籏野,倫, 里吉,営二郎, 石川,英一(1930〜 )

医学書院

田中, 良三

新潟大学医学部