Blank Cover Image

1) 疫学からみた乳癌の成因(シンポジウム 乳癌をめぐる諸問題, 第448回新潟医学会)

フォーマット:
論文(リポジトリ)
責任表示:
山本, 正治 ; 真柄, 純子 ; 高木, 修子
出版情報:
新潟医学会, 1990-03
掲載情報:
新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌
ISSN:
00290440  CiNii Research  Webcat Plus  JAIRO
著者名:
巻:
104
通号:
3
開始ページ:
159
終了ページ:
161
バージョン:
publisher
概要:
The deaths from the female breast cancer show the marked international variation. Among advanced countries, the deaths in Japan are least frequent. In spite of this evidence, the breast cancer in Japan can not be ignored since it increases gradually. In the present symposium, a review of epidemiological studies was made in order to point out the risk factors, such as high socioeconomic status, fat consumption, obesity, nullipara and low fertility.
本文リンク
タイトルが類似している資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

山本, 正治

[山本正治]

室橋, あゆみ, 内山, 美枝子

新潟大学医学部保健学科

真柄, 純子

新潟医学会

山洞, 典正, 湯口, 卓, 鈴木, 俊繁, 長倉, 成憲, 斉藤, 英俊

新潟医学会

真柄, 純子

新潟大学医学部

小越, 和栄, 斎藤, 征史, 丹羽, 正之, 加藤, 俊幸

新潟医学会