Blank Cover Image

4) 乳癌の放射線治療(シンポジウム 乳癌をめぐる諸問題, 第448回新潟医学会)

フォーマット:
論文(リポジトリ)
責任表示:
稲越, 英機
出版情報:
新潟医学会, 1990-03
掲載情報:
新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌
ISSN:
00290440  CiNii Research  Webcat Plus  JAIRO
著者名:
稲越, 英機  
巻:
104
通号:
3
開始ページ:
169
終了ページ:
174
バージョン:
publisher
概要:
Radiation therapy is an important treatment modality in the management of breast cancer patients. In 1970's, postoperative radiotherapy was claimed that it had increased the incidence of distant metastasis in early breast cancer. However, the dose and field of postoperative radiotherapy in the trials referred had been regarded as outdated in that era. As an adjuvant therapy, radiotherapy establishes control of subclinical diseases in the regional lymphnodes and may decrease the incidence of distant metastasis in high risk patients. As a conservative treatment modality, radiotherapy achieves locoregional control of 90% in early breast cancer. Also in selected bulky diseases, boosting interstitial temporary implants, such as iridium-192 seed assembly or wire, yield fair locoregional control and good aesthetic results. 続きを見る
本文リンク
タイトルが類似している資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

稲越, 英機, 斎藤, 真理, 酒井, 邦夫, 樋口, 健史, 杉田, 公, 北村, 達夫

新潟医学会

山本, 正治, 真柄, 純子, 高木, 修子

新潟医学会

末山, 博男, 杉田, 公, 伊藤, 猛, 益子, 典子, 日向, 浩, 酒井, 邦夫, 稲越, 英機

新潟医学会

小越, 和栄, 斎藤, 征史, 丹羽, 正之, 加藤, 俊幸

新潟医学会

稲越, 英機, 伊東, 猛, 酒井, 邦夫, 武田, 憲夫, 高橋, 均, 根本, 啓一

新潟医学会

大橋, 泰博, 阿部, 実, 渡辺, 英伸, 黒崎, 功

新潟医学会