Blank Cover Image

5 乳癌におけるトラスツヅマブ(ハーセプチン^[○!R])療法(シンポジウム がんの分子標的治療, 第628回新潟医学会)

フォーマット:
論文(リポジトリ)
責任表示:
小山, 諭 ; 畠山, 勝義
出版情報:
新潟医学会, 2007-11
掲載情報:
新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌
ISSN:
00290440  CiNii Research  Webcat Plus  JAIRO
著者名:
巻:
121
通号:
11
開始ページ:
622
終了ページ:
625
バージョン:
publisher
概要:
The HER2 gene, which encodes the growth factor receptor HER2, is amplified and HER2 is overexpressed in 25 to 30 percent of breast cancers, increasing the aggressiveness of the tumor. Trastuzumab (Herceptin^[○!R]), a recombinant monoclonal antibody against HER2 has been becoming a key drug for HER2-overexpressed breast cancer, moreover to be used in ajuvant and neoadjuvant settings.
本文リンク
タイトルが類似している資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
8 電子ジャーナル がん分子標的治療
9 論文(リポジトリ) 乳癌の手術療法

小山, 諭

新潟医学会

山本, 正治, 真柄, 純子, 高木, 修子

新潟医学会

神林, 智寿子, 親松, 学, 小山, 諭, 林, 光弘, 佐藤, 信昭, 畠山, 勝義

新潟医学会

室橋, あゆみ, 内山, 美枝子

新潟大学医学部保健学科

櫻井, 加奈子, 小山, 諭, 神林, 智寿子, 海部, 勉, 林, 光弘, 植村, 元貴, 神田, 達夫, 畠山, 勝義, 佐藤, 信昭

新潟医学会