Blank Cover Image

Pharmacokinetic Modulating Chemotherapy (PMC療法)施行中の血清5-FU濃度 : 大腸癌術後再発症例における検討

フォーマット:
論文(リポジトリ)
責任表示:
宗岡, 克樹 ; 白井, 良夫 ; 横山, 直行 ; 若井, 俊文 ; 畠山, 勝義 ; 須田, 剛士 ; 青柳, 豊
出版情報:
新潟医学会, 2004-03
掲載情報:
新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌
ISSN:
00290440  CiNii Research  Webcat Plus  JAIRO
著者名:
宗岡, 克樹
白井, 良夫
横山, 直行
若井, 俊文
畠山, 勝義
須田, 剛士
青柳, 豊
続きを見る
巻:
118
通号:
3
開始ページ:
157
終了ページ:
161
バージョン:
publisher
概要:
【目的】Pharmacokinetic modulating chemotherapy (PMC療法)は血清5-FU濃度を高濃度に保つことにより,高い抗腫瘍効果を得る治療法である.本研究の目的は,PMC療法中の血清5-FU濃度の推移を明らかにすることである.【方法】対象は大腸癌術後再発7症例であり,全例が評価可能な再発病変を有していた.原発部位は結腸5例,直腸2例であり,再発部位は肝+肺3例,肝+肺+リンパ節1例,腹膜単独2例,リンパ節単独1例であった.PMC療法(週1回の5 -FU600~900mg/m^2/24h持続静注およびUFT400mg/dayの週5~7日間経口投与)を施行し,5-FUの24h持続静注時の血清5-FU濃度を測定した(HPLC法).【成績】7症例におけるPMC療法の施行期間は6~15か月(中央値10か月)であった.PR5例,NC2例(内1例MR)であり,6例で腫瘍が縮小した.肝+肺再発の2例,肝+肺+リンパ節再発の1例および腹膜単独再発の2例ではPRが得られた.Grade2以上の副作用は認められなかった.PMC療法(5-FU投与量600mg/m^2/24h)中の血清5-FU濃度は,日中低く夜間に最高値(153~313ng/ml,中央値240ng/ml)となった.【結語】大腸癌術後再発に対しPMC療法は有効である.PMC療法中の血清5-FU濃度の推移は,日中低く夜間に最高値となる.PMC療法の有効性は,夜間の高い血清5-FU濃度によるものと考えられる. 続きを見る
本文リンク
タイトルが類似している資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

宗岡, 克樹, 白井, 良夫, 畠山, 勝義, 須田, 剛士, 味岡, 洋一

新潟医学会

宗岡, 克樹, 白井, 良夫, 畠山, 勝義

新潟医学会

宗岡, 克樹, 白井, 良夫, 若井, 俊文, 横山, 直行, 畠山, 勝義

新潟医学会

宗岡, 克樹, 白井, 良夫, 佐々木, 正貴, 若井, 俊文, 坂田, 純, 神田, 循吉, 若林, 広行, 畠山, 勝義

新潟医学会

宗岡, 克樹, 白井, 良夫, 横山, 直行, 若井, 俊文, 小川, 洋, 畠山, 勝義

新潟医学会

宗岡, 克樹, 白井, 良夫, 横山, 直行, 若井, 俊文, 小川, 洋, 畠山, 勝義

新潟医学会

宗岡, 克樹, 白井, 良夫, 若井, 俊文, 横山, 直行, 畠山, 勝義

新潟医学会

宗岡, 克樹, 白井, 良夫, 畠山, 勝義

新潟医学会

宗岡, 克樹, 白井, 良夫, 若井, 俊文, 横山, 直行, 坂田, 純, 畠山, 勝義

新潟医学会

宗岡, 克樹, 白井, 良夫, 若井, 俊文, 横山, 直行, 坂田, 純, 太田, 宏信, 畠山, 勝義

新潟医学会

佐々木, 正景, 宗岡, 克樹, 白井, 良夫, 若井, 俊文, 坂田, 純, 神田, 循吉, 若林, 広行, 朝倉, 俊成, 畠山, 勝義

新潟医学会

宗岡, 克樹, 白井, 良夫, 横山, 直行, 若井, 俊文, 小川, 洋, 豊島, 宗厚, 畠山, 勝義

新潟医学会