Blank Cover Image

外科的胃瘻造設術にバード^(R)ガストロストミーチューブを用いた1例

フォーマット:
論文(リポジトリ)
責任表示:
下田, 傑 ; 若井, 俊文 ; 金子, 和弘 ; 小山, 諭 ; 白井, 良夫 ; 畠山, 勝義
出版情報:
新潟医学会, 2009-05
掲載情報:
新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌
ISSN:
00290440  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
著者名:
下田, 傑
若井, 俊文
金子, 和弘
小山, 諭
白井, 良夫
畠山, 勝義
続きを見る
巻:
123
通号:
5
開始ページ:
242
終了ページ:
244
バージョン:
publisher
概要:
症例は54歳男性. 舌癌術後に経口摂取困難な状態が3か月以上続き, 胃瘻造設術の適応と判断された. CTにて胃前壁と腹壁の間に腸管があり経皮的内視鏡的胃瘻造設術 (percutaneous endoscopic gastrostomy, PEG) の適応外と判断されたため, 外科的胃瘻造設目的に当科に紹介された. 硬膜外麻酔下にバード^(R)ガストロストミーチューブを用いてStamm法で胃瘻を造設した. 1病日より経腸栄養を再開し, 術後経過は良好であった. 現在では, その 簡便性や低侵襲性からPEGが胃瘻造設の第一選択となっているが, PEGの適応を外れた場合, 開腹して胃瘻を造設することになる. その際, 瘻孔が直線化するStamm法によるバード^(R)ガストロストミーチューブを用いた胃瘻造説は, 胃瘻チューブの交換や長期管理の簡便性から有用であると考えられる. 続きを見る
本文リンク
タイトルが類似している資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

嶋尾, 仁(1949-)

永井書店

柴, 康彦, 堀川, 誠也, 河野, 圭一, 飯野, 善一郎

新潟医学会

小出, 則彦, 林, 達彦, 岡村, 直孝, 若桑, 隆二, 田島, 健三, 和田, 寛治, 広田, 雅行

新潟医学会

野中, 雅, 原口, 浩一, 越智, さと子, 土田, 博美, 相馬, 勤

新潟医学会

中村, 茂樹, 竹石, 利之

新潟医学会

佐藤, 眞, 相馬, 剛, 豊田, 精一, 塚田, 昭一

新潟医学会

下田, 傑, 番場, 竹生, 高野, 可赴, 黒崎, 亮, 若井, 俊文, 白井, 良夫, 畠山, 勝義

新潟医学会

坂本, 武也, 若井, 俊文, 白井, 良夫, 金子, 和弘, 岡田, 正康, 畠山, 勝義

新潟医学会

下田, 傑, 亀山, 仁史, 中野, 雅人, 島田, 能史, 野上, 仁, 若井, 俊文

新潟医学会

坂田, 英子, 永橋, 昌幸, 小山, 諭, 梅津, 哉, 若井, 俊文

新潟医学会