Blank Cover Image

大腸鋸歯状腺腫(Serrated adenoma)の組織発生に関する研究

フォーマット:
論文(リポジトリ)
責任表示:
高村, 麻子
出版情報:
新潟医学会, 2008-11
掲載情報:
新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌
ISSN:
00290440  CiNii Research  Webcat Plus  JAIRO
著者名:
高村, 麻子  
巻:
122
通号:
11
開始ページ:
626
終了ページ:
635
バージョン:
publisher
概要:
大腸鋸歯状腺腫(serrated adenoma)(SA)は, 過形成性ポリープ(hyperplastic polyp)(HP)に類似した鋸歯状管腔構造と, 管状.管状繊毛・繊毛腺腫 (tubular/tubulovillous/villous adenoma)(AD)に類似した腫瘍性細胞異型を示す大腸腺腫の組織亜型である. SAはHPから発生し, 遺伝子不安定性(MSI)を示す大腸癌の前駆病変と考えられているが, その組織発生の詳細については明らかにされていない. 本研究で は, 外科切除および内視鏡的に摘除された219例のSAの組織構成成分を病理組織学的に解析し, SAの組織発生について検討した. その結果, SA単独例が37.0% (81/219), SAとHPの併存例(SA+HP)が22.4% (49/219), SAと異型過形成性ポリープ(atypical hyperplastic polyp) (AHP)の併存例 (SA+AHP)が15.10%(33/219), SAとADの併存例 (SA+AD)が25.6% (56/219)であった. SA+HP, SA+AHPのそれぞれ59.2%と54.5%で, SAはHPまたはAHPに包含されており, SAはこれらの病変を母地として発生したと考えられた. SA+ADの80.3%はSAとADとがモザイク状に混在しており, これらの病変はSAとADの両方向への形態形成を示す病変として発生したと推定された. SAのみからなる病変は他の病変に比べ大きさが小さく, 前駆病変を介さず正常粘膜から直接発生したと考えられた. SAの組織構成成分と発生部位との検討では, SA+AHPは他の病変に比べ有意に右側大腸に好発していた. これらのことから, SAは必ずしもHPを母地として発生するのではなく, その組織発生には複数の経路が存在すること, 組織発生経路の違摘まSAの発生部位とも関連していることが示唆され, AHPを母地として発生したSAが右側大腸に好発するMSI陽性大腸癌の前駆病変として重要と考えられた. 続きを見る
本文リンク
タイトルが類似している資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

高村, 麻子

高村, 麻子

新潟大学大学院医歯学総合研究科

高村, 麻子, 味岡, 洋一, 島田, 能史, 渡辺, 和彦, 西倉, 健, 渡辺, 玄

新潟医学会

廣野, 玄, 味岡, 洋一, 渡辺, 英伸, 橋立, 英樹, 加納, 恒久, 馬場, 洋一郎, 西倉, 健, 朝倉, 均

新潟医学会

馬場, 洋一郎, 味岡, 洋一, 遠藤, 泰志, 廣野, 玄, 向井, 玄, 渡辺, 英伸

新潟医学会