Blank Cover Image

顎裂部への二次的骨移植に関する臨床統計的観察

フォーマット:
論文(リポジトリ)
責任表示:
碓井, 由紀子 ; 小野, 和宏 ; 高木, 律男 ; 永田, 昌毅 ; 飯田, 明彦 ; 今井, 信行 ; 福田, 純一 ; 藤田, 一 ; 早津, 誠 ; 寺尾, 恵美子 ; 児玉, 泰光 ; 青山, 玲子
出版情報:
新潟歯学会, 2002-07
掲載情報:
新潟歯学会雑誌 = 新潟歯学会雑誌
ISSN:
03850153  CiNii Research  Webcat Plus  JAIRO
著者名:
碓井, 由紀子
小野, 和宏
高木, 律男
永田, 昌毅
飯田, 明彦
今井, 信行
福田, 純一
藤田, 一
早津, 誠
寺尾, 恵美子
児玉, 泰光
青山, 玲子
続きを見る
巻:
32
通号:
1
開始ページ:
53
終了ページ:
61
バージョン:
publisher
概要:
The purpose of this study was to evaluate bone bridge formation after early secondary bone grafting in patients with complete cleft lip and palate, using dental X-ray films and X-ray computed tomography. The subjects were 73 patients (86 al veolar clefts) received two-stage palatoplasty with a Hotz plate (two-stage group), followed by bone grafting using autogenous particulate cancellous bone and marrow harvested from the iliac crest. For comparison with the two-stage group, 20 patients (22 alveolar clefts) who received one-stage palatoplasty before the age of two were selected as a control group (one-stage group). The presence of bone bridge, upper margin of bone bridge and both vertical and buccolingual length of bone bridge were compared statistically between the two groups. The vertical length of the bone bridge above 11mm, which was the same length as the maxillary incisor's root, was observed to be 87.7% (unilateral) and 66.6% (bilateral) in two-stage group, while it was 62.6% (unilateral) and 33.4% (bilateral) in one-stage group. The upper margin of the bone bridge was more than three-quarters of the length of the central incisor's root both in unilateral and bilateral cases in the two-stage group than in the one stage group statistically (unilateral p<0.005, bilateral p<O.0005). It is concluded that two-stage group may improve the axis of the central incisor and enable eruption of lateral incisor and canine on grafted bone.<br />Hotz床併用二段階口蓋形成手術を施行した唇顎口蓋裂患者の顎裂部骨移植の早期術後成績について調査を行った。対象は1996年から2000年までに二次的顎裂部腸骨移植が施行された唇顎口蓋裂73名86顎裂(以下、二段階群)、および、対照として他院にて2歳以前に一期的に口蓋形成手術が行われ、当科で同時期に二次的顎裂部骨移植術が施行された唇顎口蓋裂20名22顎裂(以下、一段階群)である。調査方法は歯科用口内Ⅹ線写真を用いて、骨架橋形成の有無、垂直的骨架橋幅、歯槽頂の高さを、Ⅹ線CT軸位断画像を用いて、鼻腔側部と歯槽頂部の2か所について頬舌的骨架橋幅を調査した。検定方法はXX検定、Mann-WhitneyのU検定を用いた。その結果、二段階群は垂直的骨架橋幅が上顎中切歯および側切歯の平均歯根長である11mm以上のものが片側性84.7%、両側性66.7%であり、一段階群の片側性62.6%、両側性33.3%よりも片側性において有意に高く(p<0.05)、歯槽頂の高さは上顎中切歯歯根の4分の3以上であるものが二段階群片側性88.1%、両側性77.8%、一段階群片側性56.3%、両側性なしと比較して有意に高く(片側性p<0.005、両側性p<0.0005)、二段階群は上顎切歯の歯軸の改善や側切歯および犬歯の萌出誘導に有利であると考えられた。 続きを見る
本文リンク
タイトルが類似している資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

青山, 玲子, 高木, 律男, 星名, 秀行, 小野, 和宏, 永田, 昌毅, 飯田, 明彦, 福田, 純一, 小林, 龍彰

新潟歯学会

小山, 貴寛, 飯田, 明彦, 児玉, 泰光, 小林, 孝憲, 福田, 純一, 高木, 律男

新潟歯学会

碓井, 由紀子

新潟大学大学院医歯学総合研究科

山田, 裕士, 児玉, 泰光, 永田, 昌毅, 星名, 秀行, 瀬尾, 憲司, 高木, 律男

新潟歯学会

碓井, 由紀子, 小野, 和宏, 高木, 律男, 鍛冶, 昌孝, 永田, 昌毅, 飯田, 明彦, 今井, 信行, 神成, 庸二, 藤田, 一, 早津, 誠, 大橋, 靖

新潟歯学会

児玉, 泰光, 高木, 律男, 木南, 凌

新潟歯学会

藤田, 一, 永田, 昌毅, 小野, 和宏, 飯田, 明彦, 碓井, 由紀子, 児玉, 泰光, 大久保, 博基, 奈良井, 省太, 小林, 孝憲, 高木, 律男

新潟歯学会

千葉, 香, 児玉, 泰光, 奥村, 友希, 坪川, 晶子, 知野, 優子, 小山, 貴寛, 山田, 裕士, 高木, 律男

新潟歯学会

中野, 久, 大橋, 靖, 小野, 和宏, 永田, 昌毅, 飯田, 明彦, 今井, 信行, 神成, 庸二, 早津, 誠, 碓井, 由紀子

新潟医学会