Blank Cover Image

歯科治療中に発生した医原性外来異物迷入の6例

フォーマット:
論文(リポジトリ)
責任表示:
島村, 拓也 ; 中條, 智恵 ; 高田, 真仁 ; 野村, 務 ; 中島, 民雄 ; 依田, 浩子
出版情報:
新潟歯学会, 1999-12
掲載情報:
新潟歯学会雑誌 = 新潟歯学会雑誌
ISSN:
03850153  CiNii Research  Webcat Plus  JAIRO
著者名:
島村, 拓也
中條, 智恵
高田, 真仁
野村, 務
中島, 民雄
依田, 浩子
続きを見る
巻:
29
通号:
2
開始ページ:
37
終了ページ:
43
バージョン:
publisher
概要:
Six cases of iatrogenic foreign bodies induced during dental treatment are reported. The patients consisted of 3 males and 3 females whose ages ranged from 33 to 64 years. All of them were referred to us from private practiners. Three patie nts had been informed of foreign bodies by the referring dentists, but the occurrence of inflammation resulting from foreign bodies was the chief complaints of the 3 other patients. The foreign bodies consisted of root canal filling material in two cases. They were a fracutured elevator, resin, a dental implant and alginate impression paste in the other cases. The maxillary sinus was the site of involvement in 4 cases, whereas foreign bodies were found in a mandibular cyst and in soft tissue close to the mandible. All occurred on the right side. Antibiotics and other drugs had been administered in all patients. An attempt of removing the foreign bodies had been performed in vain by the referring dentists in two cases. The patients visited us from 3 days to 6 years after the accidents. Inflammation was present at the sites of foreign body impaction in all cases at the initial examination. All foreign bodies were surgically removed without complications, but radical operation of the maxillary sinus had to be performed because of chronic sinusitis in two cases. The importance of adequate information on foreign body impaction to patients is stressed.<br />歯科治療中に発生した医原性外来異物の6例を報告する。患者は男性3例、女性3例、年齢は33歳から64歳で全例が開業医からの紹介であった。異物について前歯科医師より告げられていたのは3例で、他は炎症症状などが出現し受診していた。迷入異物は根管充填剤2例、 レジン1例、インプラント1例、エレベーターの破折片1例、アルジネート印象材1例で、迷入部位は上顎洞4例、下顎部2例で全例右側であった。全例で抗生剤などの投薬処置がなされており2例では異物の摘出が試みられていた。迷入より当科来院までの期間は3日から6年と幅広く、初診時には全例に何らかの炎症症状が認められた。全例異物は外科的に摘出されたが、上顎洞根治術を施行したものが2例あった。術後の経過はすべて良好であった。異物迷入について患者によく説明しておくことが大切と思われた。 続きを見る
本文リンク
タイトルが類似している資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

中條, 智恵, 高田, 真仁, 新垣, 晋, 中島, 民雄

新潟医学会

高田, 真仁, 芳澤, 享子, 野村, 務, 新垣, 晋, 中島, 民雄

新潟医学会

中條, 智恵, 高田, 真仁, 河野, 正己, 中島, 民雄, 林, 孝文, 鈴木, 誠

新潟歯学会

新垣, 晋, 芳澤, 亨子, 高田, 真仁, 野村, 務, 中島, 民雄

新潟医学会

芳澤, 享子, 高田, 真仁, 野村, 務, 河野, 正己, 新垣, 晋, 中島, 民雄

新潟医学会

高田, 真仁, 芳澤, 亨子, 野村, 務, 新垣, 晋, 中島, 民雄

新潟医学会

4 論文(リポジトリ) 上顎洞アスペルギルス症の3例

堀田, 千明, 大竹, 克也, 野村, 務, 小林, 正治, 中山, 均, 中村, 太保, 人見, 緑, 朔, 敬

新潟歯学会

5 論文(リポジトリ) [第18回] 上顎癌

依田, 浩子, 中條, 智恵, 林, 孝文

新潟歯学会

芳澤, 享子, 野村, 務, 河野, 正己, 新垣, 晋, 中島, 民雄

新潟歯学会

高田, 真仁, 五島, 秀樹, 鈴木, 克也, 野村, 務, 新垣, 晋, 中島, 民雄

新潟医学会

高田, 真仁, 新垣, 晋, 中島, 民雄

新潟医学会