Blank Cover Image

上顎洞を占有した腺様歯原性腫瘍の1症例 : 病理組織学的および免疫組織化学的検索と文献的考察

フォーマット:
論文(リポジトリ)
責任表示:
堀野, 一人 ; 大西, 真 ; 村田, 雅史 ; 朔, 敬
出版情報:
新潟歯学会, 1996-08
掲載情報:
新潟歯学会雑誌 = 新潟歯学会雑誌
ISSN:
03850153  CiNii Research  Webcat Plus  JAIRO
著者名:
巻:
26
通号:
1
開始ページ:
75
終了ページ:
78
バージョン:
publisher
概要:
We report a case of adenomatoid odontogenic tumor in the maxillary bone. The patient was an 11-year-old girl who complained of cheek swelling. X-ray examination revealed that the tumor involved an impacted canine in its cystic lesion and oc cupied most of the space of left maxillary sinus, and contained microcalcifications. The lesion was extirpated under general anesthesia and examined histopathologically, to be diagnosed as adenomatoid odontogenic tumor. On histologic examination, it showed characteristic duct-like structures and whorled or rosette masses of tumor cells. The rim and amorphous contents of duct-like structures and eosinophilic droplets among solid nests of columnar cells were much of eosinophilic and argyrophilic materials. In immunohistochemical staining, they also showed strong immunoreactivity for heparan sulfate proteoglycan, laminin, and collagen type IV.<br />11歳、女児に認められた腺様歯原性腫瘍の1症例を報告する。主訴は頬部の腫脹で、Ⅹ線診査で左側上顎洞部に埋伏犬歯と小石灰化物を含む嚢胞様病変を認めた。全身麻酔下、病変を摘出し、病理組織学的検索を行った。腺様歯原性腫瘍の病理診断が得られ、特徴的な管腔様構造と塊状胞巣を認めた。管腔様構造内面の縁取りと内部の無定型内容物及び充実性胞巣内滴状物は好酸性及び好銀性多糖類に富み、また、免疫染色ではヘパラン硫酸プロテオグリカン、ラミニン、Ⅳ型コラゲンに強陽性であった。 続きを見る
本文リンク
タイトルが類似している資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

Tun, Aye Pa Pa

新潟医学会

橋立, 英樹, 渡辺, 英伸, 味岡, 洋一, 桑原, 明史, 西倉, 健, 丸田, 和夫, 本間, 照, 朝倉, 均, 片山, 麻子, 宮岡, 正明, 斉藤, 利彦, 芹沢, 博美

新潟医学会

Tun, Aye Pa Pa

新潟大学

3 論文(リポジトリ) 上顎洞アスペルギルス症の3例

堀田, 千明, 大竹, 克也, 野村, 務, 小林, 正治, 中山, 均, 中村, 太保, 人見, 緑, 朔, 敬

新潟歯学会

Kramer, Ivor R. H. (Ivor Robert Horton), Pindborg, J. J. (Jens Jørgen), 1921-, Shear, M., 日本口腔病理学会

医歯薬出版

10 論文(リポジトリ) 上顎洞アスペルギルス症の3例

笠井, 直栄, 武藤, 祐一

新潟歯学会

島村, 拓也, 中條, 智恵, 高田, 真仁, 野村, 務, 中島, 民雄, 依田, 浩子

新潟歯学会