Blank Cover Image

マウス母体へのサイトカイン投与が与える産仔の認知行動発達変化

フォーマット:
論文(リポジトリ)
責任表示:
青木, 弘行
出版情報:
新潟医学会, 2008-05
掲載情報:
新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌
ISSN:
00290440  CiNii Research  Webcat Plus  JAIRO
著者名:
青木, 弘行  
巻:
122
通号:
5
開始ページ:
262
終了ページ:
270
バージョン:
publisher
概要:
統合失調症発症の仮説の一つに妊娠母体のウイルス感染などの周産期障害が原因とする説がある.実際,妊娠実験動物でのインフルエンザの感染は,母体に炎症を誘発し流産を起こすと共に,かろうじて生存した産仔も様々な認知行動異常を呈する.本研究では,この母体ウイルス感染の結果がゲノムRNA投与により再現できるか,関与している炎症性サイトカインはどんなものかという疑問を検討した.マウス妊娠中後期に,2本鎖RNAを尻尾静脈投与する,もしくはウイルス感染により誘導される炎症性サイトカイン(インタ ーフェロンα,インターロイキン-1α,-2,-6)を腹腔投与した.その母体から産まれてきたマウスを成長させ,新奇探索運動量,音驚愕反応,プレパルスインヒビションの行動指標を測定した.結果,マウス仔の行動異常は,ウイルスゲノム成分である2本鎖RNAの投与で再現され,また,インターロイキン-2投与も同様に運動量上昇とプレパルスインヒビション障害を誘発した.これらの実験結果は,妊娠母体インフルエンザ感染に誘発される産仔の認知行動異常には,自然免疫を介したサイトカイン誘導といった母体内の免疫炎症反応が関与していることを示している. 続きを見る
本文リンク
タイトルが類似している資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

鈴木, 宏, 押谷, 仁, 村山, 直也, 川崎, 聡, 斉藤, 玲子, 関, 奈緒, 田辺, 直仁

新潟医学会

青木, 弘行

新潟大学大学院医歯学総合研究科

長谷川, 剛, 内藤, 眞, 江都, 祐輔, ヤデナー, キャウ, 齋藤, 玲子, 鈴木, 宏

新潟医学会

鈴木, 宏

新潟医学会

Wright, Jesse H., Basco, Monica Ramirez, Thase, Michael E., 大野, 裕(1950-), 古川, 壽亮, Sudak, Donna M., Turkington, Douglas

医学書院

西川, 眞, 坂井, 貴胤, 斎藤, 玲子, 鈴木, 宏

新潟医学会

加藤, 泰介, 阿部, 佑一, 那波, 宏之, 木南, 凌, 廣川, 祥子, 田中, 稔, 水野, 誠

新潟医学会