>> Google Books
 ↑ タイトル、所在を表示

南北朝時代の武家文書

フォーマット:
図書
責任表示:
上島有編
出版情報:
東京 : 吉川弘文館, 1986.11
形態:
3, 432p, 図版 [2] p ; 22cm
ISBN:
9784642012621 [4642012621]  CiNii Books  Webcat Plus  Google Books
シリーズ名:
日本古文書学論集 / 日本古文書学会編 ; 7 . 中世||チュウセイ ; 3 <BN00478089>
著者名:
上島, 有(1924-) <DA02744767>  
書誌ID:
BN00818074
目次情報:
第1章 : 足利尊氏とその文書
足利家時の置文 中村直勝著
尊氏を称える 中村直勝著
足利尊氏文書拝観記 荻野三七彦著
丹波・丹後の中世文書ーとくに足利尊氏・義詮の発給文書について 上島有著
第2章 : 南北朝時代の幕府とその文書
室町幕府成立期における将軍権力の推移ー足利尊氏・義詮の時期 森茂暁著
発給文書よりみたる足利義詮の地位と権限 小要博著
足利直義の立場ーその2 : 裁許状を通じて 羽下徳彦著
室町幕府の禅・律対策ー禅律方の考察を中心にして 松尾剛次著
南北朝時代の申状について 上島有著
第3章 : 朝幕関係の文書
所務相論を通してみたる南北朝期の朝幕関係についてー足利尊氏・義詮期を中心に 岩元修一著
中世公家政治文書の再検討(3): 「奉書」ー伝奏奉書 富田正弘著
応永初期における王朝勢力の動向ー伝奏を中心として 伊藤喜良著
足利将軍家の権力に関する一考察ー伝奏の機能を通じて 小川信著
第4章 : 軍事関係の文書
古文書と軍事史研究 荻野三七彦著
軍忠状に関する若干の考察 : 南北朝期の二型式を中心に 漆原徹著
切紙の御教書・御内書について : 『本郷文書』を素材として 下坂守著
解説 上島有著
第1章 : 足利尊氏とその文書
足利家時の置文 中村直勝著
尊氏を称える 中村直勝著
足利尊氏文書拝観記 荻野三七彦著
丹波・丹後の中世文書ーとくに足利尊氏・義詮の発給文書について 上島有著
第2章 : 南北朝時代の幕府とその文書
続きを見る
子書誌情報
Loading
所蔵情報
Loading availability information
タイトルが類似している資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

上島, 有(1924-)

吉川弘文館

熱田, 公(1931-), 飯倉, 晴武(1933-)

吉川弘文館

久米, 邦武(1839-1931)

早稲田大学出版部

村上, 直(1925-), 金井, 円(1927-)

吉川弘文館

久米, 邦武(1839-1931)

早稲田大学出版部

9 図書 南北朝

林屋, 辰三郎(1914-1998)

創元社

七海, 雅人(1968-)

蕃山房, 本の森 (発売)

井上, 光貞(1917-1983)

山川出版社

田中, 義成(1860-1920)

明治書院

11 図書 南北朝内乱

佐藤, 和彦(1937-2006)

小学館

永原, 慶二(1922-2004)

筑摩書房

12 図書 南北朝内乱

佐藤, 和彦(1937-2006), 小林, 一岳(1957-)

東京堂出版