Blank Cover Image
 ↑ タイトル、所在を表示

阪神・淡路大震災で弁護士は何ができたのか : 震災の教訓を明日の災害に活かす : 阪神・淡路大震災震10年記念シンポジウム

フォーマット:
図書
責任表示:
[兵庫県弁護士会編集]
出版情報:
[神戸] : [兵庫県弁護士会], [2004?]
形態:
140p ; 30cm
著者名:
書誌ID:
BA71424689
注記:
主催: 兵庫県弁護士会, 法律扶助協会兵庫県支部
編集協力: 日本弁護士連合会災害復興支援に関する全国協議会ワーキンググループ
阪神・淡路大震災10周年記念事業
シンポジウム実施日: 2004年10月2日
子書誌情報
Loading
所蔵情報
Loading availability information
タイトルが類似している資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

兵庫県弁護士会, 法律扶助協会兵庫県支部

兵庫県弁護士会 : 法律扶助協会兵庫県支部

阪神・淡路大震災救援司法書士対策本部

民事法研究会

震災復興調査研究委員会, 兵庫県, 21世紀ひょうご創造協会, 阪神・淡路大震災記念協会震災復興誌編集委員会, 阪神・淡路大震災記念協会

21世紀ひょうご創造協会

朝日新聞社, 朝日新聞大阪本社「阪神・淡路大震災誌」編集委員会

朝日新聞社

法律扶助協会兵庫県支部

法律扶助協会兵庫県支部

阪神・淡路大震災調査報告編集委員会, 地盤工学会, 土木学会, 日本機械学会, 日本建築学会, 日本地震学会

土木学会

兵庫県教育委員会

兵庫県教育委員会

阪神・淡路大震災航空写真集撮影・編集グループ

アジア航測

兵庫県産婦人科学会, 兵庫県医師会

兵庫県産科婦人科学会 : 兵庫県医師会

兵庫縣歯科医師會

兵庫県歯科医師会

関西学院大学COE災害復興制度研究会

関西学院大学出版会