Blank Cover Image

マウスの卵丘・卵母細胞複合体から分泌されるヒアルロン酸の量と役割

Format:
Article
Responsibility:
上野, 紗也香 ; 新村, 末雄
Published:
新潟大学農学部, 2008-03
Publication info:
新潟大学農学部研究報告 = 新潟大学農学部研究報告
ISSN:
03858634  CiNii Research  Webcat Plus  JAIRO
Authors:
Volume:
60
Number:
2
Start page:
129
End page:
133
Version:
publisher
Abstract:
マウスの卵丘・卵母細胞複合体(COC)から分泌されるヒアルロン酸の量を競合ELISA法で検出した。また、ヒアルロン酸合成を阻害したCOCについて、ヒアルロン酸の分泌量を測定するとともに、卵母細胞については囲卵腔の大きさと媒精後の多精子受精の頻度を観察し、COCから分泌されるヒアルロン酸の囲卵腔の大きさに果たす役割および囲卵腔の大きさと多精子受精の頻度との関係の有無を検討した。ヒアルロン酸は、胞状卵胞から採取直後のCOCからは検出されなかったが、培養後14時間のCOCでは1個あ たり8.40ng検出された。また、ヒアルロン酸合成を阻害する作用のある4-メチルウンベリフェロン(MU)で処置したCOCでは、1個あたり3.52ngのヒアルロン酸が検出されたが、この量は対照のCOCの6.54ngに比べて有意に少なかった。一方、囲卵腔は、対照のCOCにおける卵母細胞では平均で5.48mmあったが、MU処置したCOCにおける卵母細胞では有意に小さく、4.36mmであった。また、媒精後の受精率は、MU処置したCOCにおける卵母細胞(82.2%)と対照のCOCにおける卵母細胞(88.6%)との間で相違なかったが、多精子受精の頻度は、MU処置したCOCにおける卵母細胞では37.8%であり、対照のCOCにおける卵母細胞の16.1%に比べて有意に高かった。以上の結果から、COCから分泌されるヒアルロン酸は、卵母細胞の囲卵腔の拡大に関係していること、また、卵母細胞の囲卵腔の大きさと多精子受精の頻度との間には関係のあることがそれぞれ考えられた。Using competitive enzyme linked immunosorbent assay (ELISA), the amount of hyaluronic acid secreted by mouse cumulus-oocyte complexes (COCs) was examined. The size of perivitelline space and the incidence of polyspermy in mouse oocytes of COCs treated with 4-methylumbelliferone (MU), an inhibitor of hyaluronic acid synthase, were observed, in order to examine the role of hyaluronic acid secreted by COCs in the size of perivitelline space of oocytes, and the relationship between the size of perivitelline space and the incidence of polyspermy of oocytes following insemination. No hyaluronic acid was detected in COCs collected from antral follicles, while 8.40ng hyaluronic acid was demonstrated in a COC cultured for 14 hrs. The amount of hyaluronic acid in a COC cultured for 14 hrs with MU was 3.52ng, which was significantly smaller than 6.54ng in a control COC. The mean size of perivitelline space of oocytes was significantly smaller in MU-treated COCs (4.36mm) than in control COCs (5.48mm). The fertilization rate of oocytes in MU-treated COCs after insemination (82.2%) did not differ from that in control COCs (88.6%). However, the incidence of polyspermy in oocytes was significantly higher in MU-treated COCs (37.8%) than in control COCs (16.1%). From these results, it was suggested that hyaluronic acid secreted from COCs plays a role in enlargement of perivitelline space of mouse oocytes, and that there is a relationship between the size of perivitelline space and the incidence of polyspermy in the mouse. Read more
Full Text Link
Materials with similar titles

Similar Items:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

新村, 末雄, 大輪, 真司

日本哺乳動物卵子学会

大輪, 真司, 新村, 末雄

新潟大学農学部

山崎, 祥子, 新村, 末雄

新潟大学農学部

新村, 末雄, 祝前, 博明, 蘆田, 一郎

新潟大学大学教育開発研究センター

小林, 万優, 住田, 翔太郎, 新村, 末雄

日本哺乳動物卵子学会