close
1.

図書

図書
京都大学防災研究所編
出版情報: 東京 : 山海堂, 2003.9
シリーズ名: 防災学講座 / 京都大学防災研究所編 ; 2
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
菊地正幸著
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2003.1
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
塩崎賢明 [ほか] 編
出版情報: 京都 : クリエイツかもがわ , 京都 : かもがわ出版 (発売), 2002.10
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
追手門学院大学経済学部
出版情報: 茨木 : 追手門学院大学経済学部, 1997.3
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
表俊一郎, 久保寺章著
出版情報: 東京 : 古今書院, 1998.8
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
読売新聞社
出版情報: 東京 : 読売新聞東京本社, 2011.5
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
片田敏孝監修
出版情報: 京都 : かもがわ出版, 2011.12
シリーズ名: 3.11が教えてくれた防災の本 / 片田敏孝監修 ; 1
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
ダニー・ラフェリエール [著] ; 立花英裕訳
出版情報: 東京 : 藤原書店, 2011.9
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
中村直人, 山田和彦著
出版情報: 東京 : 商事法務, 2011.4
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
神保哲生 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 扶桑社, 2011.6
所蔵情報: loading…
11.

図書

図書
島村英紀著
出版情報: [東京] : 花伝社 , 東京 : 共栄書房 (発売), 2011.4
所蔵情報: loading…
12.

図書

図書
新潟日報社
出版情報: 新潟 : 新潟日報社 , 新潟 : 新潟日報事業社 (発売), 2011.4
所蔵情報: loading…
13.

図書

図書
ロバート・ゲラー著
出版情報: 東京 : 双葉社, 2011.8
所蔵情報: loading…
14.

図書

図書
高嶋哲夫著
出版情報: 東京 : 集英社, 2013.2
シリーズ名: 集英社新書 ; 0679B
所蔵情報: loading…
15.

図書

図書
清原隆徳編
出版情報: 阿南 : [清原隆徳], 2011.12
所蔵情報: loading…
16.

図書

図書
片田敏孝監修
出版情報: 京都 : かもがわ出版, 2012.3
シリーズ名: 3.11が教えてくれた防災の本 / 片田敏孝監修 ; 3
所蔵情報: loading…
17.

図書

図書
東京大学海洋アライアンス編
出版情報: 東京 : 小学館, 2012.7
所蔵情報: loading…
18.

図書

図書
石橋克彦著
出版情報: 東京 : 七つ森書館, 2012.2
所蔵情報: loading…
19.

図書

図書
新潟震災復興研究会編
出版情報: [新潟] : 新潟震災復興研究会, [2009.10後書き]
所蔵情報: loading…
20.

図書

図書
広瀬隆著
出版情報: 東京 : ダイヤモンド社, 2010.8
所蔵情報: loading…
21.

図書

図書
大塚久哲編著
出版情報: 福岡 : 九州大学出版会, 2011.3
所蔵情報: loading…
22.

図書

図書
島村英紀著
出版情報: 東京 : ソフトバンククリエイティブ, 2011.6
シリーズ名: サイエンス・アイ新書 ; SIS-205
所蔵情報: loading…
23.

図書

図書
阿部勝征著
出版情報: 東京 : 読売新聞社, 1997.11
所蔵情報: loading…
24.

図書

図書
加藤邦男研究代表
出版情報: 京都 : 加藤邦男, 1997.3
シリーズ名: 科学研究費補助金(基盤研究(A)(1))研究成果報告書 ; 平成7・8年度
所蔵情報: loading…
25.

図書

図書
東京ボランティア・市民活動センター編
出版情報: 東京 : 筒井書房, 2000.1
所蔵情報: loading…
26.

図書

図書
阪神・淡路大震災調査報告編集委員会[編], 日本建築学会編集著作
出版情報: 東京 : 日本建築学会 , 東京 : 丸善 (発売), 1999.6
シリーズ名: 阪神・淡路大震災調査報告 / 阪神・淡路大震災調査報告編集委員会編 ; 共通編 ; 3
所蔵情報: loading…
27.

図書

図書
関西学院大学COE災害復興制度研究会編
出版情報: 西宮 : 関西学院大学出版会, 2005.1
所蔵情報: loading…
28.

図書

図書
塩崎賢明 [ほか] 編
出版情報: 京都 : クリエイツかもがわ , 京都 : かもがわ出版 (発売), 2005.1
所蔵情報: loading…
29.

図書

図書
「週刊現代」特別取材班編
出版情報: 東京 : 講談社, 2005.8
所蔵情報: loading…
30.

図書

図書
落合美恵子著
出版情報: 東京 : 文芸社, 2005.11
所蔵情報: loading…
31.

図書

図書
鍵屋一著
出版情報: 東京 : ぎょうせい, 2005.5
所蔵情報: loading…
32.

図書

図書
船瀬俊介著
出版情報: 東京 : 地湧社, 2007.9
所蔵情報: loading…
33.

図書

図書
日本建築学会編集
出版情報: 東京 : 日本建築学会 , 東京 : 丸善(発売), 2006.8
所蔵情報: loading…
34.

図書

図書
目黒公郎, 藤縄幸雄監修
出版情報: 東京 : 東京法令出版, 2007.9
所蔵情報: loading…
35.

図書

図書
武村雅之著
出版情報: 東京 : 中央公論新社, 2008.8
シリーズ名: 中公新書 ; 1961
所蔵情報: loading…
36.

図書

図書
蒲田文雄著
出版情報: 東京 : 古今書院, 2006.3
シリーズ名: シリーズ日本の歴史災害 ; 第1巻
所蔵情報: loading…
37.

図書

図書
メアリー・コルソン著 ; 横田崇監訳
出版情報: 東京 : 文渓堂, 2006.3
シリーズ名: 世界の災害の今を知る ; . 火と土の災害||ヒ ト ツチ ノ サイガイ ; 1
所蔵情報: loading…
38.

図書

図書
地震イツモプロジェクト編 ; 寄藤文平絵
出版情報: 東京 : 木楽舎, 2007.4
所蔵情報: loading…
39.

図書

図書
安井潤一郎著
出版情報: 東京 : 講談社, 2006.8
所蔵情報: loading…
40.

図書

図書
国立国会図書館関西館事業部図書館協力課編
出版情報: 東京 : 日本図書館協会, 2006.9
シリーズ名: 図書館研究シリーズ / 国立国会図書館図書館研究所編 ; No.39
所蔵情報: loading…
41.

図書

図書
山根一眞著
出版情報: 東京 : 小学館, 2006.11
シリーズ名: メタルカラー烈伝
所蔵情報: loading…
42.

図書

図書
メモリアル・コンファレンス・イン神戸編著
出版情報: 東京 : 日本放送出版協会, 2005.1
所蔵情報: loading…
43.

図書

図書
森田武著
出版情報: 東京 : 近代消防社, 2005.2
所蔵情報: loading…
44.

図書

図書
高橋博 [ほか] 編纂
出版情報: 東京 : 白亜書房, 1992.8
所蔵情報: loading…
45.

図書

図書
日本建築学会編
出版情報: 東京 : 日本建築学会 , 東京 : 丸善 (発売), 1996.9
所蔵情報: loading…
46.

図書

図書
坂井貞雄著
出版情報: 東京 : 誠文堂新光社, 1995.3
所蔵情報: loading…
47.

図書

図書
梅村魁著
出版情報: 東京 : 技報堂出版, 1994.4
所蔵情報: loading…
48.

図書

図書
高見裕一,鐘ケ江管一著
出版情報: 東京 : 集英社, 1995.6
所蔵情報: loading…
49.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
中村, 友紀子 ; 中野, 克彦 ; 時田, 一雄 ; Nakamura, Yukiko ; Nakano, Katsuhiko ; Tokita, Kazuo
出版情報: 日本建築学会北陸支部研究報告集.  48  pp.25-28,  2005-07.  日本建築学会
URL: http://hdl.handle.net/10191/18417
概要: 2004年10月23日に発生した新潟県中越地震では建築物にも被害が生じた。日本建築学会災害委員会災害調査WGの地震被害調査の一環として新潟地区で担当した長岡市15の地域での建築物被害の悉皆調査結果を示した。調査地域の9割を占めた木造構造物に ついて,建築年代別,被害ランク毎の建築年代示し,被害と建築年代に相関があることを明らかにした。また,構造種別,基礎形式,屋根形式別の被害率を示した。 続きを見る
50.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
伯野, 元彦 ; 大草, 垂康 ; 道上, 正規 ; Hakuno, Motohiko ; Okusa, Sigeyasu ; Michiue, Masanori
出版情報: 新潟大学積雪地域災害研究センター研究年報.  10  pp.35-50,  1988-12.  新潟大学積雪地域災害研究センター
URL: http://hdl.handle.net/10191/39092
概要: At 20:57 and 23:09 local time on the 5 March 1987 locally destructive earthquakes of Ms=6.1 and 6.9 shocked the northeastern part of Ecuador. The name Ecuador means the equator in Spanish, and Quito, the capital of this country, is located just 15 km south of the equator. Ecuador is approximately the same size as Japan except for the island of Hokkaido, and its population is approximately 9.4 million. Lt was primarily an agricultural nation until petroleum was discovered in the western Amazon area in 1972. Even with the substantial reduction in the price of petroleum in 1986, 45% of its total exports constituted petroleum. At present, exports other than petroleum consist of agricultural products such as bananas and coffee. Because of damage to its petroleum pipeline, (a major source of the nation's wealth) caused by the many landslides that took place after the 5 March 1987 earthquakes, Ecuador now has an international debt of 9 billion dollars that is a serious burden on its economy. Structural damage done by the earthquake ground motion was slight because the events took place in a mountainous area 80 km east of the comparatively dense populated central basin. The major damage was from landslides and flooding. Flooding occurred several hours after the earthquakes following the collapse of natural dams formed by sliding rocks and soil that barricaded rivers. The Nagano Prefecture-Seibu earthquake of 1984 in Japan had damage characteristics similar to those seen in Ecuador. The number of dead and missing people resulting from the Ecuadorean earthquakes is estimated as being several hundred to several thousand. The Japanese government dispatched a team of three experts (one each from the Ministry of Foreign Affairs, the National Land Agency, and the Japan International Cooperation Agency) to Ecuador to do earthquake reconnaissance. Our group was sent independently by the Ministry of Education. Culture and Science to survey the damage done by these earthquakes and was at the site from April 23 to May 7. The earthquakes occurred along the west foot of the volcano named Reventador, 80 km east of Quito. Damage caused by the earthquake can be roughly divided into three categories. The first was damage to the oil pipeline and to roads by massive slope slides that occurred over an area several kilometers square on the slopes of Mt. Reventador, rather, than by the shocks of the earthquakes themselves. The second was damage to bridges and the oil pipelines produced by river flooding because of the breaking of natural dams that had formed from the influx of slide material from the volcano’s slope. The third was the collapse of houses caused by ground motion. We could not reach the area where most of the serious slope slides occurred using surface transportation because of the severe damage to roads and bridges. Therefore, we made our survey by helicopter The survey of damage to houses was made by truck because inhabited areas were not close to the area of severe slides and were accessible by truck. 続きを見る