close
1.

図書

図書
[木村元紀ほか執筆]
出版情報: 東京 : 洋泉社, 2011.1
シリーズ名: 洋泉社mook ; . データでわかる日本の未来||データ デ ワカル ニホン ノ ミライ
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
松田晋哉著
出版情報: 東京 : 勁草書房, 2013.8
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
盛山和夫, 上野千鶴子, 武川正吾編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2012.8
シリーズ名: 公共社会学 ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
グローバル化と個人化 : 福祉国家と公共性 武川正吾 [著]
「生存権」の論理における共同性 : 戦後日本における「権利」の言説 冨江直子 [著]
コーポレート・ガバナンスにおける分配公正 高橋康二 [著]
福祉国家とポスト福祉国家のはざまで : 中国の福祉改革のゆくえ 金成垣 [著]
後発福祉レジームにおける社会政策 : 韓国と台湾を比較して 李蓮花 [著]
ケアの社会化と新しい公共性 上野千鶴子 [著]
ケアワークのジェンダー平等と公共性 山根純佳 [著]
介護と相続をめぐる公共性 阿部真大 [著]
福祉におけるローカルガバナンス 朴姫淑 [著]
福祉NPOと市民参加 : NPOは市民参加を促進するか? 山下順子 [著]
若者の格差 : 意識とライフコースからの考察 白波瀬佐和子 [著]
人口減少社会の地域づくり 赤川学 [著]
ワーク・ライフ・バランスと働き方 佐藤博樹 [著]
仕事と家庭における公正 : 生活時間からみた国際比較 佐藤香 [著]
グローバル化と個人化 : 福祉国家と公共性 武川正吾 [著]
「生存権」の論理における共同性 : 戦後日本における「権利」の言説 冨江直子 [著]
コーポレート・ガバナンスにおける分配公正 高橋康二 [著]
4.

図書

図書
小川全夫編 ; 小川全夫 [ほか] 著
出版情報: 福岡 : 九州大学出版会, 2010.6
シリーズ名: 東アジア地域連携シリーズ ; 5
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
金子勇編著
出版情報: 東京 : 放送大学教育振興会, 2011.3
シリーズ名: 放送大学教材 ; 1518518-1-1111
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
駄田井正, 原田康平, 王橋編
出版情報: 東京 : 新評論, 2010.3
シリーズ名: 久留米大学経済叢書 ; 第17巻
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
経済発展と少子高齢化 駄田井正著
少子高齢化の国際的背景と国内的背景 田雪原著
日本の少子高齢化の現状と今後 原田康平, 山田和敏著
21世紀中国における少子高齢化の発展趨勢について 田雪原著
韓国における少子高齢社会への新しい取り組みと課題 : 低出産対策を中心に 朴光駿著
東アジアの現状 原田康平著
中国の人口構造の変動による影響とその問題について 司秀著
韓国における少子高齢化の原因と問題 : 出生率の低下を中心に 呉英蘭著
東アジアにおける少子高齢化がもたらす経済的影響 松石達彦著
中国の少子化が家庭と社会に与える影響について 孫征著
日本の高齢者に対する消費者教育の考察 : 福岡県福岡市の高齢者の訪問調査から 王彦風著
人口制御と素質の向上、および老後保障の強化 王鍳著
中国の高齢化と養老保険制度の確立 郭学賢著
高齢化社会の養老サービスに果たす非営利組織(NPO)の役割と意義 陳暁春, 羅青, 銭炖著
コミュニティ養老の発展に力を入れ、養老の社会化レベルを高めよう 王鍳著
城市の65歳以上の高齢者が理想とする養老方式について : 浙江寧波および貴州凱里におけるアンケート調査から 司秀著
少子高齢化社会への対応 : 文化経済学の視点から 駄田井正著
社会の持続可能な発展と高齢者の経済活動 王橋著
少子化問題の解決は「おばあさん仮説」で : 奄美大島は、安心して暮らせる子育ての島・長生きの島 糸乗貞喜著
奄美大島の調査から 夏広軍著
都市の老年女性の生活状況に対する調査と研究について 章麗君著
中国高齢者住宅産業に関する考察 王鳳鳴著
寧波市の高齢化と社会経済の発展について 王橋著
経済発展と少子高齢化 駄田井正著
少子高齢化の国際的背景と国内的背景 田雪原著
日本の少子高齢化の現状と今後 原田康平, 山田和敏著
7.

図書

図書
白波瀬佐和子編 ; 白波瀬佐和子 [ほか著]
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2006.2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
少子高齢化にひそむ格差 白波瀬佐和子 [著]
爆発する不平等感 : 戦後型社会の転換と「平等化」戦略 佐藤俊樹 [著]
不平等化日本の中身 : 世帯とジェンダーに着目して 白波瀬佐和子 [著]
中年齢無業者から見た格差問題 玄田有史 [著]
少子高齢化時代における教育格差の将来像 : 義務教育を通じた再配分のゆくえ 苅谷剛彦 [著]
健康と格差 : 少子高齢化の背後にあるもの 石田浩 [著]
遺産、年金、出産・子育てが生む格差 : 純金融資産を例に 松浦克己 [著]
社会保障の個人勘定化がもたらすもの : リスクシェアリングとしての公的年金 宮里尚三 [著]
変化する社会の不平等 白波瀬佐和子 [著]
少子高齢化にひそむ格差 白波瀬佐和子 [著]
爆発する不平等感 : 戦後型社会の転換と「平等化」戦略 佐藤俊樹 [著]
不平等化日本の中身 : 世帯とジェンダーに着目して 白波瀬佐和子 [著]
8.

図書

図書
白波瀬佐和子著
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2009.5
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
高田邦道編著
出版情報: 東京 : 成山堂書店, 2013.5
シリーズ名: 日本交通政策研究会研究双書 ; 26
所蔵情報: loading…
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
青山, 清道 ; 猪爪, 高見 ; 福田, 誠 ; Aoyama, Kiyomichi ; Inotsume, Takami ; Fukuda, Makoto
出版情報: 新潟大学災害復興科学センター年報.  1  pp.175-180,  2007-07.  新潟大学災害復興科学センター
URL: http://hdl.handle.net/10191/5973
概要: This paper deals on the escape from the house fire on heavy snowy areas during winter and context to induce further aggr avation of fatality. The Mid-Niigata earthquake (M 6.8) which occurred on 23rd Oct 2004, caused many casualties. Many houses were either destroyed or damaged from earthquake shock already. The snow precipitation of more than 2 m. in depth after earthquake made the situation worse. In addition to that, density of snow was too high measuring 3.4kN/㎥ to 5.0kN/㎥ which caused difficulty in removing the snow. About 30% of the habitant of study area were of aging society and unable to remove the deposited snow from the roof as well as building surrounding. In such circumstances, fire occurred by any cause could make the heavy loss of life and property. For instance, a house caught in fire resulted in death of four people in the Tochibori of Nagaoka city of heavy snowy area. The study revealed that the main cause to happen such incidents were the lack of escape ways as the main entrance of the house were hindered by the pile of snows. In addition, back doors and windows were bolted from wooden planks to prevent from the snow. In order to prevent from heavy loss, any house should be provisioned with two escape gates. The study suggests that government as well as volunteering group should be focused to clear the heavy snow in the resident of aging society as well as economically deprived area. 続きを見る