close
1.

図書

図書
盛山和夫, 上野千鶴子, 武川正吾編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2012.8
シリーズ名: 公共社会学 ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
グローバル化と個人化 : 福祉国家と公共性 武川正吾 [著]
「生存権」の論理における共同性 : 戦後日本における「権利」の言説 冨江直子 [著]
コーポレート・ガバナンスにおける分配公正 高橋康二 [著]
福祉国家とポスト福祉国家のはざまで : 中国の福祉改革のゆくえ 金成垣 [著]
後発福祉レジームにおける社会政策 : 韓国と台湾を比較して 李蓮花 [著]
ケアの社会化と新しい公共性 上野千鶴子 [著]
ケアワークのジェンダー平等と公共性 山根純佳 [著]
介護と相続をめぐる公共性 阿部真大 [著]
福祉におけるローカルガバナンス 朴姫淑 [著]
福祉NPOと市民参加 : NPOは市民参加を促進するか? 山下順子 [著]
若者の格差 : 意識とライフコースからの考察 白波瀬佐和子 [著]
人口減少社会の地域づくり 赤川学 [著]
ワーク・ライフ・バランスと働き方 佐藤博樹 [著]
仕事と家庭における公正 : 生活時間からみた国際比較 佐藤香 [著]
グローバル化と個人化 : 福祉国家と公共性 武川正吾 [著]
「生存権」の論理における共同性 : 戦後日本における「権利」の言説 冨江直子 [著]
コーポレート・ガバナンスにおける分配公正 高橋康二 [著]
2.

図書

図書
駄田井正, 原田康平, 王橋編
出版情報: 東京 : 新評論, 2010.3
シリーズ名: 久留米大学経済叢書 ; 第17巻
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
経済発展と少子高齢化 駄田井正著
少子高齢化の国際的背景と国内的背景 田雪原著
日本の少子高齢化の現状と今後 原田康平, 山田和敏著
21世紀中国における少子高齢化の発展趨勢について 田雪原著
韓国における少子高齢社会への新しい取り組みと課題 : 低出産対策を中心に 朴光駿著
東アジアの現状 原田康平著
中国の人口構造の変動による影響とその問題について 司秀著
韓国における少子高齢化の原因と問題 : 出生率の低下を中心に 呉英蘭著
東アジアにおける少子高齢化がもたらす経済的影響 松石達彦著
中国の少子化が家庭と社会に与える影響について 孫征著
日本の高齢者に対する消費者教育の考察 : 福岡県福岡市の高齢者の訪問調査から 王彦風著
人口制御と素質の向上、および老後保障の強化 王鍳著
中国の高齢化と養老保険制度の確立 郭学賢著
高齢化社会の養老サービスに果たす非営利組織(NPO)の役割と意義 陳暁春, 羅青, 銭炖著
コミュニティ養老の発展に力を入れ、養老の社会化レベルを高めよう 王鍳著
城市の65歳以上の高齢者が理想とする養老方式について : 浙江寧波および貴州凱里におけるアンケート調査から 司秀著
少子高齢化社会への対応 : 文化経済学の視点から 駄田井正著
社会の持続可能な発展と高齢者の経済活動 王橋著
少子化問題の解決は「おばあさん仮説」で : 奄美大島は、安心して暮らせる子育ての島・長生きの島 糸乗貞喜著
奄美大島の調査から 夏広軍著
都市の老年女性の生活状況に対する調査と研究について 章麗君著
中国高齢者住宅産業に関する考察 王鳳鳴著
寧波市の高齢化と社会経済の発展について 王橋著
経済発展と少子高齢化 駄田井正著
少子高齢化の国際的背景と国内的背景 田雪原著
日本の少子高齢化の現状と今後 原田康平, 山田和敏著
3.

図書

図書
岡沢憲芙, 小渕優子編著
出版情報: 東京 : 中央法規出版, 2010.4
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
内閣府編
出版情報: 東京 : ぎょうせい, 2004.12-2009.4
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
高山憲之, 斎藤修編
出版情報: 東京 : 東洋経済新報社, 2006.12
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章: 少子化経済の課題と展望 高山憲之, 斎藤修 [著]
第1章: 国際比較からみた日本の少子化と少子化対策 阿藤誠 [著]
第2章: 少子化の経済的インパクト : 理論的分析 青木玲子, 蓬田守弘 [著]
第3章: 企業における高齢者の活用 : 定年制と人事管理のあり方 樋口美雄, 山本勲 [著]
第4章: 就業に関する中高年と若年の対立とその後 玄田有史 [著]
第5章: 少結婚化と賃金・雇用制度 小川浩 [著]
第6章: 少子高齢化と財政収支・経常収支 伊藤隆敏, 釣雅雄 [著]
第7章: 世代間不均衡と財政改革 : 世代会計アプローチによる2000年基準推計結果 吉田浩 [著]
第8章: 子育て支援と年金改革 : 出生率を内生化したモデル分析 小塩隆士 [著]
第9章: 人口減少経済と金融政策 渡辺努 [著]
第10章: 少子高齢化と家計のポートフォリオ選択 祝迫得夫 [著]
序章: 少子化経済の課題と展望 高山憲之, 斎藤修 [著]
第1章: 国際比較からみた日本の少子化と少子化対策 阿藤誠 [著]
第2章: 少子化の経済的インパクト : 理論的分析 青木玲子, 蓬田守弘 [著]
6.

図書

図書
河野稠果著
出版情報: 東京 : 中央公論新社, 2007.8
シリーズ名: 中公新書 ; 1910
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
金子勇著
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 2007.11
シリーズ名: MINERVA社会学叢書 ; 29
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
白波瀬佐和子著
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2009.5
所蔵情報: loading…
9.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
山崎, 理 ; Yamazaki, Osamu
出版情報: 新潟医学会雑誌.  121  pp.318-321,  2007-06.  新潟医学会
URL: http://hdl.handle.net/10191/32695
概要: 平成13年度に取りまとめた「新潟県周産期医療対策協議会」報告書に基づき,高度周産期医療機関の整備と医療情報システムの確立を図ってきた.平成15年10月1日に総合周産期母子医療センターとして長岡赤十字病院を指定し,地域周産期母子医療センターと して4病院を認定.平成15年度から新潟県周産期医療協議会を開催し,行政機関,医療関係団体,周産期医療センター等の関係者による協議を継続している.また,周産期救急情報システムとして,搬送先・転院先の医療機関の受入可能状況,空床情報を消防機関や医療機関に対し情報提供している.M-FICU,NICUの配置状況は全県の整備目標(それぞれ「最低44床,目標50床」)に達していない.平成18年秋,県立新発田病院にNICUが整備予定である.平成19年度には新潟市民病院の移転新築を機に,総合周産期母子医療センターに指定見込である.魚沼基幹病院(仮称)においても周産期医療体制を構想に含め検討している.今後の課題として,周産期母子医療センターと地域の産科・小児科医院との相互協力,連携体制を整備し,普段・緊急時の連携を強化するとともに,逆搬送システム(容体改善により退院可能となった者を受け入れる施設の確保等)の確立を図ることなどが挙げられる. 続きを見る
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
高橋, 姿 ; 高橋, 榮明 ; 内山, 聖 ; 薄田, 芳丸 ; 湯地, 晃一郎 ; 鈴木, 栄一 ; 荒川, 正明 ; 上村, 伯人 ; 佐々木, 綾子 ; 遠藤, 浩 ; 森澤, 真理 ; 村山, 伸子 ; 塩井, 生馬 ; 武藤, 輝一 ; Yuji, Koichiro
出版情報: 新潟医学会雑誌.  129  pp.161-179,  2015-04.  新潟医学会
URL: http://hdl.handle.net/10191/44051
概要: 新潟県の医師不足は深刻である. 人口1,000名あたり医師数は1.63名と全国で5番目に低く, OECD加盟国平均の3を大きく下回る. 高齢化がピークを迎える2035年における各種医療指標を都道府県別にシミュレーションし, 新潟県と全国指標 を比較した. 2010年の新潟県人口はそれぞれ2,365,817人, 医師数3,845人, 人口1,000名あたり医師数1.63であるが, 2035年には1,874,597人, 4,592人, 2.45となる. 60歳以上/75歳以上人口割合は34.2%/14.1%から44.4%/23.2%へ, 総死者数/75歳以上死者数は131,726名/87,279名から157,054名/128,327名に激増し, 各種指標は将来も全国平均を大きく下回る. 将来, 見かけ上の人口あたり医師数は増加するが, 高齢者割合・死者が激増し, 各種指標は悪化することから, 新潟県の医師不足は依然継続する. データに基づいた議論と対策が急務である. 続きを見る