close
1.

図書

図書
永原慶二, 住谷一彦, 鎌田浩編
出版情報: 東京 : 早稲田大学出版部, 2003.7
シリーズ名: シリーズ比較家族 / 比較家族史学会監修 ; 第1期1
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
片倉比佐子編
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 2002.10
シリーズ名: 日本家族史論集 / 佐々木潤之介 [ほか] 編 ; 6
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
貧窮問答歌の背景 吉田孝著
中世前期村落における女性の地位 : 土地台帳の世界と譲状・売券・造像銘の世界 河音能平著
院政期における夫と妻の共同祈願 勝浦令子著
中世武家密懐法の展開 勝俣鎮夫著
近世における理想的女性像と良民政策との関係 小栗純子著
武家の家訓と女性 鈴木国弘著
江戸期庶民家訓の軌跡 山本眞功著
「家」と家憲 : 明治期における家規範と国家規範 米村千代著
伝統的「いえ」観念と近代的家族観の交錯 有地亨著
戦後家族制度改革と新家族観の成立 依田精一著
戦後日本社会の発展と家族の変容 布施晶子著
貧窮問答歌の背景 吉田孝著
中世前期村落における女性の地位 : 土地台帳の世界と譲状・売券・造像銘の世界 河音能平著
院政期における夫と妻の共同祈願 勝浦令子著
3.

図書

図書
永原和子編
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 2002.9
シリーズ名: 日本家族史論集 / 佐々木潤之介 [ほか] 編 ; 5
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
夫婦別籍と緑児・緑女の脱漏傾向について 南部曻著
イヘとヤケ 吉田孝著
中世的「家」の成立と嫡子 高橋秀樹著
太良荘における名主家族結合と名主職 蔵持重裕著
「退座規定」と中世女性 黒田弘子著
武士社会の養子 : 幕藩比較養子法 鎌田浩著
近世後期における農村家族の形態 : 女性相続人を中心に 大口勇次郎著
明治初年の「妾」論議の再検討 : 「近代的一夫一婦制」論をめぐって 金津日出美著
明治期における世帯概念の登場過程 宇野正道著
戦間期の都市における労働者家族 伊賀光屋著
核家族化の真相 落合恵美子著
家族の戦後体制 落合恵美子著
夫婦別籍と緑児・緑女の脱漏傾向について 南部曻著
イヘとヤケ 吉田孝著
中世的「家」の成立と嫡子 高橋秀樹著
4.

図書

図書
義江明子編
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 2002.11
シリーズ名: 日本家族史論集 / 佐々木潤之介 [ほか] 編 ; 7
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
佐々木潤之介編
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 2002.7
シリーズ名: 日本家族史論集 / 佐々木潤之介 [ほか] 編 ; 3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
家・戸・保 岸俊男著
中世社会のイエと百姓 大山喬平著
中世領主層の「族縁共同体」 鈴木国弘著
江戸時代前期人別改考 大竹秀男著
日本ファシズムと家族制度 依田精一著
法的家族像と家族法制 井戸田博史著
日本令における戸主と家長 河音能平著
日本中世における家族と家族イデオロギー 西尾和美著
法的側面から見た江戸時代の嫁と舅姑 : 服忌令と女訓書をめぐって 林由紀子著
明治前期における戸籍制度の発展 福島正夫, 利谷信義著
家と村と国家のイデオロギー 金原左門著
家・戸・保 岸俊男著
中世社会のイエと百姓 大山喬平著
中世領主層の「族縁共同体」 鈴木国弘著
6.

図書

図書
米村千代著
出版情報: 東京 : 勁草書房, 1999.9
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
後藤みち子著
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 2002.1
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
坪内玲子著
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 2001.2
シリーズ名: Minerva人文・社会科学叢書 ; 47
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
義江明子編
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 2002.12
シリーズ名: 日本家族史論集 / 佐々木潤之介 [ほか] 編 ; 8
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
比較家族史学会編
出版情報: 東京 : 日本経済評論社, 2002.11
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第二次大戦後における家族と法 : 『家』制度研究から家族政策の研究へ 利谷信義著
幕末維新期における家の変化 : 大イエから小イエへ 森岡清美著
日本中世の「家」の成立と妻の位置 脇田晴子著
歴史民族学からみた日本の家族慣習 江守五夫著
日本の家と家族 : 比較家族史研究の視角から 住谷一彦著
家族史の新しい文脈 : 世紀を超えて ミヒャエル・ミッテラウアー著
家族(親族)研究の終焉と新環境下の「家族」 渡邊欣雄著
人口転換と家族 : 家族の画一化、そして多様化 阿藤誠著
第二次大戦後における家族と法 : 『家』制度研究から家族政策の研究へ 利谷信義著
幕末維新期における家の変化 : 大イエから小イエへ 森岡清美著
日本中世の「家」の成立と妻の位置 脇田晴子著