close
1.

図書

図書
社会福祉士養成講座編集委員会編集
出版情報: 東京 : 中央法規出版, 2009.3
シリーズ名: 新・社会福祉士養成講座 / 社会福祉士養成講座編集委員会編集 ; 15
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
藤崎眞知代, 大日向雅美編著
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 2011.3
シリーズ名: シリーズ臨床発達心理学・理論と実践 ; 2
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
社会福祉士養成講座編集委員会編集
出版情報: 東京 : 中央法規出版, 2015.2
シリーズ名: 新・社会福祉士養成講座 / 社会福祉士養成講座編集委員会編集 ; 15
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
渡辺顕一郎, 金山美和子著
出版情報: 東京 : 金子書房, 2015.4
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
柏女霊峰監修・著 ; 橋本真紀編著
出版情報: 東京 : 第一法規, 2015.7
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
柴田悠著
出版情報: 東京 : 朝日新聞出版, 2017.2
シリーズ名: 朝日新書 ; 606
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
社会福祉士養成講座編集委員会編集
出版情報: 東京 : 中央法規出版, 2013.2
シリーズ名: 新・社会福祉士養成講座 / 社会福祉士養成講座編集委員会編集 ; 15
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
社会福祉士養成講座編集委員会編集
出版情報: 東京 : 中央法規出版, 2016.2
シリーズ名: 新・社会福祉士養成講座 / 社会福祉士養成講座編集委員会編集 ; 15
所蔵情報: loading…
9.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
渡邉, 彩
出版情報: 現代社会文化研究 = 現代社会文化研究.  45  pp.1-18,  2009-07.  新潟大学大学院現代社会文化研究科
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/22122
概要: The purpose of this study is to reconsider the current Japanese government's policies for childrearing support. In this paper, I consider about the social background, which bother the parents with childrearing. And I propose that the parents needs giving the opportunities to learn about relationship established between them and their children, and forming cooperative relationships between them and neighbors. Today, the principal subject of the Japanese government's policies for childrearing support is the measures against low birthrate and the solutions to labor shortages. But, the most important thing is to create healthy and wealthy environment, which the children grow up in. We believe that it is the government's responsibility to give many opportunities for the children to learn various role models in lire. 続きを見る
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
佐藤, 勇
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  128  pp.416-420,  2014-09.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/43892
概要: 地域に根ざした子どもの総合医である小児科開業医の立場で, 予防接種関連のこれまでの活動と現況について報告した. 組織的な活動としては, 新潟県小児科医会として, 麻疹撲滅, ヒブ・肺炎球菌ワクチンの接種率向上, 同時接種など日本では馴染みの 薄い接種方法の周知を行ってきた. 個人的な活動として, 出産を待ち望む家族や, 育児中の家族に対する情報提供, 子育て支援グループへの情報提供, 小学校での保健授業などをおこなってきた. いずれも, 地域に根ざした小児科医の重要な活動と考えている. 日本では, 水痘, 流行性耳下腺炎などのcommon diseaseに対するワクチンは任意接種に位置づけられているが, 米国などでは, 2回の定期接種により流行が抑制されている. これらのワクチンにおける新潟県の現状を, その出荷量から推測し, 増加傾向にあるワクチン接種者をさらに増やすために, ワクチンの必要性について, 子どもの代弁者として小児科医が訴えるとともに, 公費助成などの公的な支援を求めてゆくことが必要であると考えられた. 続きを見る