close
1.

図書

図書
M.A.ビーヴェン著 ; 小倉保己〔ほか〕共訳
出版情報: 東京 : 理工学社, 1981.3
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
竹本忠良編集
出版情報: 東京 : 医学図書出版, 1983.11
所蔵情報: loading…
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Hori, Ayumi ; Hara, Takashi ; Saito, Kana ; Joh, Toshio
出版情報: 新潟大学農学部研究報告 = 新潟大学農学部研究報告.  62  pp.117-123,  2010-03.  新潟大学農学部
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/13103
概要: γ-aminobutyric acid (GABA) is a kind of amino acid and has been received much attention for their biological activities. In the present study, we examined the influence of GABA on immunomodulatory activities and serum IgE levels, employing ovalbumin (OVA)-immunized BALB/c mice. In cytokine production assay in vitro, GABA showed increased IFN-γ production concomitant with decreased IL-4 production by splenocytes from OVA-immunized BALB/c mice. When administrated orally, GABA was effective for decreasing both total and OVA-specific IgE levels in serum. In addition, these decreased IgE levels by administrated GABA were paralleled with increased IFN-γ production and decreased IL-4 production in splenocytes ex vivo. It seems that GABA can potentially suppress Th2 responses including IL-4 production via promoting Th1-skewed response in vivo, leading to down-regulation of IgE synthesis. These results suggest that GABA might be useful for preventing IgE-mediated allergic diseases.<br />γ-アミノ酪酸(GABA)は,食品に含まれる機能性成分として注目されている。本研究では,オバルブミン(OVA)感作したBALB/cマウスに対するGABAの免疫制御活性について調べ,経口投与による血清IgEレベルの抑制作用について検討した。in vitro培養試験において,GABAはマウス脾細胞のインターフェロン-γ(IFN-γ)の産生を促進すると同時にインターロイキン-4(IL-4)の産生を抑制した。GABAを経口投与した結果,OVA感作BALB/cマウスにおける総IgE及びOVA特異的IgEの血清レベルが有意に低下した。さらに,ex vivo培養試験において,GABAを経口投与したマウスの脾細胞ではOVA誘導性のIFN-γ産生促進とIL-4産生抑制が認められた。GABAは,Th1の誘導を介してIL-4産生を始めとしたTh2応答を抑制し,IgE産生を抑制する可能性がある。以上の結果から,GABAはIgEが関与するアレルギー疾患の予防に有用であることが示唆される。 続きを見る
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
Hori, Ayumi ; Hara, Takashi ; Honma, Kaori ; Joh, Toshio
出版情報: 新潟大学農学部研究報告 = 新潟大学農学部研究報告.  61  pp.47-51,  2008-09.  新潟大学農学部
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/13066
概要: Basophils and mast cells play a crucial role in immediate allergic reactions. These cells release various infl ammatory mediators including histamine in response to binding of antigen to its specifi c IgE bound to the high affi nity IgE receptor on the cell surface. In the present study, we examined the influence of γ-aminobutyric acid (GABA) on histamine release in rat basophilic leukemia RBL-2H3 cells. After sensitization with anti-dinitrophenyl (DNP) IgE, challenge of RBL-2H3 cells with DNP-conjugated bovine serum albumin (DNP-BSA) caused a release of histamine in the cell suspension. The IgEmediated histamine release was suppressed by GABA, with about 60% inhibition at 100 μM. In the same condition, baclofen, a GABA_B receptor agonist, also inhibited histamine release. At a concentration of 100μM, the inhibition rate of baclofen was approximate 80% of histamine release induced by DNP-BSA stimulation. In addition, these inhibitory eff ects of GABA and baclofen were attenuated by the addition of CGP35348, a GABA_B receptor antagonist. These results suggest that GABA suppresses degranulation in basophils and mast cells via GABA_B receptor.<br />好塩基球やマスト細胞は、即時型アレルギー反応において重要な役割を担う。これらの細胞は、細胞表面上の高親和性IgEレセプターに結合した特異的IgE にアレルゲンが結合すると、脱顆粒によりヒスタミンなどの様々な炎症性メディエーターを遊離する。本研究では、ラット好塩基球様RBL-2H3細胞を用い、ヒスタミン遊離に対するγ- アミノ酪酸(GABA)の影響を検討した。RBL-2H3細胞は、抗ジニトロフェニルIgE(DNP-IgE)により感作した後、抗原としてジニトロフェニル化ウシ血清アルブミン(DNP-BSA)を添加することによりヒスタミンを遊離した。このIgE を介したヒスタミン遊離は、GABA により抑制され、濃度100μM において約60%の抑制率を示した。同様の実験条件において、GABA_Bレセプター作動薬であるバクロフェンもまた、ヒスタミン遊離を抑制した。濃度100 μM において、バクロフェンの抑制率はDNP-BSA によるヒスタミン遊離の約80%に達した。さらに、GABAおよびバクロフェンのヒスタミン遊離抑制作用は、GABA_Bレセプター阻害剤であるCGP35348により減弱した。これらの結果は、GABAがGABA_Bレセプターを介し、マスト細胞および好塩基球のヒスタミン遊離を抑制することを示唆する。 続きを見る