close
1.

図書

図書
畠山悟
出版情報: 新潟 : 新潟大学医学部, [2002]
シリーズ名: 新潟大学学位論文 ; 新大医博 || シンダイ イハク ; 1572
所蔵情報: loading…
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
小林, 孝 ; 畠山, 悟 ; 渡邊, 隆興
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  127  pp.433-438,  2013-08.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/36096
概要: 【目的】当科では2005年10月から肛門疾患に対して硫酸アルミニウムカリウム・タンニン酸注射液による硬化療法(ALTA)を導入している. 今回, 導入初期2年間の治療成績を検討し, 患者アンケートによる治療満足度調査を施行したので, その結 果を報告する. 【対象と方法】2005年10月から2007年9月までに内痔核・直腸粘膜脱に対してALTA単独治療を施行した235例を対象とした. 症例の内訳は内痔核が227例, 直腸粘膜脱が8例(うちホワイトヘッド肛門が5例)であった. 性別は男性161例, 女性74例. 年齢は17歳から86歳まで平均年齢は56.8歳. ゴリガーの内痔核分類ではI度が10例, II度が40例, III度が170例, IV度が15例であった. カルテ調査により治療成績について検討した. 再発は退院後第一回目の外来受診時に術前の主訴が消失していたが, その後再び同症状が出現したもの, と定義した. 患者の治療満足度は郵送法によるアンケート調査で評価した. 回答率は74%であった. 【結果】術中合併症は23症例で26の合併症が認められた. 肛門痛・下腹部痛という痛みの合併症が18例, 徐脈が4例, 血圧低下が3例, 穿刺点からの拍動性出血が1例に認められた. 術後合併症は56症例で63の合併症が認められた. 硬結が最も多く26例で, 発熱が11例, 排便困難が9例, 血栓形成が5例, 肛門痛が4例, 潰瘍形成は3例, 出血が2例, 狭窄が2例, 肝機能障害が1例に認められた. 再発は34例(14.5%)であった. 再発に対する治療は11例に結紮切除術, 7例にALTA, 1例にゴム輪結紮, 3例に軟膏治療が施行され, 無治療が5例であった. ALTA療法に対する満足度は73%の患者が満足と回答し, 不満足との回答は16.7%であった. 【結語】内痔核・直腸粘膜脱に対するALTA療法は低侵襲で, 術後疼痛や重篤な合併症も少なく, 患者満足度が高い治療法であった. 続きを見る
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
松澤, 岳晃 ; 小林, 孝 ; 畠山, 悟 ; 加川, 隆三郎 ; 橋立, 英樹
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  126  pp.497-502,  2012-09.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/35357
概要: 痔瘻癌は深部痔瘻が長期間存在した場合に発生する可能性があるが, 骨盤内に存在するためその診断は困難である. 今回, 深部痔瘻をMRIにて経過観察し, その内部に痔瘻癌が発生したことを診断しえた. 患者は66歳, 男性, 約20年前に痔瘻手術 の既往がある. 血便, 排便困難, 腹部膨満感を主訴に当院を受診した. 右坐骨直腸窩膿瘍および骨盤直腸窩膿瘍と診断しドレナージ手術を施行した. 症状は軽快し退院したが, 退院時MRIで骨盤直腸窩膿瘍が残存したため根治手術を勧めるも本人が拒否した. 2年4ヶ月後のMRI T2強調画像で6時に原発巣, 7時方向で肛門括約筋を穿破し坐骨直腸窩に出て, 口側9時方向に瘻管・膿瘍を形成する痔瘻を認めた. また, 瘻管は原発巣から6時方向へ肛門括約筋内を上行し, 骨盤直腸窩に高信号で分葉状の顆粒集合様領域を認めた. MRI画像で顆粒集合様領域を認め痔瘻癌と診断した.生検にて粘滴産生性の痔療癌と確定診断,根治手術を施行した 続きを見る
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
畠山, 悟 ; 小林, 孝 ; 渡邊, 隆興 ; 桑原, 史郎 ; 山崎, 俊幸 ; 松浦, 文昭 ; 池野, 嘉信 ; 前田, 知世
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  126  pp.103-103,  2012-02.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/31421
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
畠山, 悟 ; 小林, 孝 ; 金子, 和弘
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  125  pp.150-151,  2011-03.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/29029
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
畠山, 悟 ; 小林, 孝 ; 金子, 和弘
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  125  pp.152-152,  2011-03.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/29051
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
蛭川, 浩史 ; 遠藤, 和彦 ; 後藤, 伸之 ; 冨田, 広 ; 畠山, 悟 ; 木村, 愛彦
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  117  pp.148-154,  2003-03.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/3428
8.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
冨田, 広 ; 遠藤, 和彦 ; 木村, 愛彦 ; 蛭川, 浩史 ; 畠山, 悟 ; 後藤, 伸之
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  116  pp.574-574,  2002-11.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/2609
9.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
岡本, 春彦 ; 鈴木, 全 ; 野上, 仁 ; 菊原, 浩之 ; 多々, 孝 ; 下山, 雅朗 ; 畠山, 悟 ; 山本, 智 ; 長谷川, 潤 ; 山崎, 俊幸 ; 飯合, 恒夫 ; 須田, 武保 ; 畠山, 勝義
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  115  pp.60-60,  2001-02.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/48069
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
池田, 義之 ; 畠山, 悟 ; 塚原, 明弘 ; 丸田, 智章 ; 小山, 俊太郎 ; 田中, 典生 ; 下田, 聡 ; 若木, 邦彦
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  129  pp.79-88,  2015-02.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/44024
概要: 我々は温存乳房に発生した稀な神経内分泌細胞癌の1手術例を経験したので報告する. 68歳女性. 6年前に両側乳癌に対し両側乳房部分切除, 腋窩リンパ節郭清が施行されている. 左T1N0, 右T2N0で, 右のみ温存乳房照射を施行されている. レトロゾールによる補助内分泌療法を行っていた. フォローアップの乳腺超音波検査で, 左Dに1.2×0.9cmの境界不明瞭, 不整形から分葉状の低エコー腫瘤を認め, 後方エコーは減弱していた. 生検で浸潤性乳管癌(硬癌の疑い)の所見を認めた. CTではリンパ節転移や遠隔転移は認めなかった. CEA, CA15-3, BCA225, 1-CTPの上昇は認めなかった. 左温存乳房再発T1N0M0 stage Iと診断した. 左乳房切除術を施行した. 病理組織検査では, HE染色で疎な線維性結合組織内に類形質細胞様の腫瘍細胞がびまん性, 索状に浸潤, 増生し, 一部腺管様構造を認めた. 細胞同士の接着は比較的疎であった. 円形から楕円形の偏在核と, 好酸性の強い細胞質からなる単調な腫瘍細胞が増生していた. 細胞内には局所的に強い好酸性を示す構造物がみられ, 顆粒の存在が示唆された. 免疫染色では, synaptophysinが腫瘍細胞の細胞質に顆粒状・びまん性に陽性であった. 以上より, 温存乳房に発生した神経内分泌癌と診断した. 組織学的にはf, ly0, v0, 腫瘍径1.2×1.0×0.7cm, 核異型スコア3, 核分裂像スコア2, 核グレード3, MIB-1 20%, ER3+, PgR2+, HER2 2+で, FISH法によるHER2遺伝子の増幅は認めなかった. 術後補助療法としてタモキシフェンによる内分泌療法を行い, 観察期間は10か月であるが無再発生存中である. 乳腺原発神経内分泌癌が極めて稀であるがゆえに標準治療は確立されておらず, 通常乳癌に準じて手術療法, 薬物療法を選択しているのが現状である. 今後更なる症例を蓄積して治療と予後につき検討する必要がある. 続きを見る