close
1.

図書

図書
森戸光彦編集主幹 ; 植田耕一郎 [ほか] 編集
出版情報: 京都 : 永末書店, c2012.3
シリーズ名: 歯科衛生士講座
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
植田耕一郎監修
出版情報: 東京 : クインテッセンス出版, 2006.8
シリーズ名: 別冊歯科衛生士
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
安井利一, 植田耕一郎, 阪口英夫編
出版情報: 東京 : 口腔保健協会, 2009.2
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
斉藤力, 井出吉信, 植田耕一郎編集
出版情報: 東京 : 医歯薬出版, 2003.9
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
植田耕一郎著
出版情報: 東京 : 医歯薬出版, 2015.3
所蔵情報: loading…
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
植田, 耕一郎 ; 野村, 修一 ; 田澤, 貴弘 ; 紋谷, 光徳 ; 五十嵐, 敦子 ; 山村, 千絵 ; 山田, 好秋 ; Ueda, Koichiro ; Nomura, Shuichi ; Tazawa, Takahiro ; Monya, Mitsunori ; Igarashi, Atsuko ; Yamamura, Chie ; Yamada, Yoshiaki
出版情報: 新潟歯学会雑誌.  30  pp.11-17,  2000-12.  新潟歯学会
URL: http://hdl.handle.net/10191/23161
概要: The present study was undertaken to determine the optimal thickness of palatal plates those are set to the patients suff ering from swallowing disorders accompanied with tongue motion disorders. For the first stage, five normal subjects (26-40years) wore three kinds of thickness (1.5mm,3.0mm,4.5mm) of palatal plates and ingested water, gelatin jelly, food paste and rice crackers. The EMG activities in the anterior part of temporal muscle, orbicularis oris muscle, suprahyoid muscles and laryngeal muscles were recorded during swallowing. The following variables were analyzed: 1) the amplitude of integrated EMG activities, 2) the duration of EMG activities, 3) the timing of EMG activities. As a result, the patterns of EMG activities recorded from the subjects who wore 4.5mm thickness plates and those who wore nothing were relatively stable. To determine the optimal thickness of palatal plates, it was suggested that we should record EMGs in swallow-related muscles and gradually change the thickness of the plate by using plastic material. After that we can replace the plastic material with resinous material as the final one.<br />舌運動障害を伴う摂食・嚥下障害患者に対して口蓋床を装着する場合に、その厚径を客観的診断のもと決定することを目的とし、本研究に着手した。その第一段階として今回は、健常者5名(26歳-40歳)に対して、口蓋床未装着時および3種類の厚径(1.5mm,3.0mm,4.5mm)の口蓋床を装着させた時に、水、ゼラチンゼリー、ペースト食、せんべいを摂取させ、 嚥下時における側頭筋前部、口輪筋、舌骨上筋群、喉頭筋群の筋電図積分ピーク値、筋活動持続時間、筋活動タイミングを調べた。4種の食品のうち、ゼラチンゼリーが最も筋の負荷の少ない状態で嚥下できた。また、いずれの食品嚥下時においても、筋負荷が少なく、かつ比鞍的安定した筋活動パターンが記録できたのは、4.5mm厚径の口蓋床装着時であった。口蓋床の厚径を決定するにあたり、口蓋部分を可塑性の材質にし厚径を段階的に変え、筋電計により筋活動パターンを観察しながら、最終的材質に置換していく方法をとるべきことが示唆された。 続きを見る
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
渡邊, 一也 ; 紋谷, 光徳 ; 加藤, 直子 ; 田澤, 貴弘 ; 植田, 耕一郎 ; 野村, 修一 ; Watanabe, Katsunari ; Monya, Mitsunori ; Kato, Naoko ; Tazawa, Takahiro ; Ueda, Koichiro ; Nomura, Shuichi
出版情報: 新潟歯学会雑誌.  31  pp.9-13,  2001-07.  新潟歯学会
URL: http://hdl.handle.net/10191/23180
概要: In order to raise the motivation for oral care in care institutions, we have carried out oral care in a special nursing home for the elderly in Niigata city since July 1999. This study reports on the conditions and effects of oral care, which was carried out between July 1999 and June 2000 in this institution. After supper once a week, 6-7 dentists performed mouth cleaning, removal and cleaning of dentures of 29 institutionalized elderly subjects (3 males and 26 females, average age: 87). The institutionalized elderly were cognitively impaired and their ADL (Ability of Daily Living) was remarkably declined. Functional training for food intake was also performed on tube-fed persons who were judged to be fit for direct training. The state of oral hygiene among the institutionalized elderly was improved. The number of respiratory infections during one year was decreased from 24 to 13. The cognitional status and food intake function were also improved. The oral care provided to the 29 subjects of our study by care workers of the institution was improved in the tube-fed subjects. However, no improvement was revealed in the oral-fed subjects.<br />当講座では、介護施設での口腔ケアのモチベーションを高めることを目的とし、平成11年7月から新潟市内の介護施設(特別養護老人ホーム)において口腔ケアを実施した。本論文は平成11年7月から平成12年6月までの一年間における同施設での口腔ケア実施状況とその効果について報告した。ADLの著しく低下した入所者29名(男性3名,女性26名,平均年齢87歳)を対象に、歯科医師6-7名で毎週一回夕食後に、口腔清掃、義歯の取り外し清掃を行った。経管栄養で直接訓練が可能と判断した人には寒天ゼリーを用いた摂食機能訓練を行った。口腔衛生状態が改善され、呼吸器感染症の発生数は口腔ケア開始前後一年間の比較で24件から13件に減少した。また、認知面、摂食構下機能についても改善がみられた。著者らが担当した29名に対する、施設での口腔ケアの実施状況については、経管栄養者に対しては改善がみられたが、経口摂取者に対しては改善がみられなかった。 続きを見る
8.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
豊里, 晃 ; 植田, 耕一郎 ; 大内, 章嗣 ; 野村, 修一 ; Toyosato, Akira ; Ueda, Koichirou ; Oouchi, Akitsugu ; Nomura, Shuichi
出版情報: 新潟歯学会雑誌.  31  pp.65-66,  2001-12.  新潟歯学会
URL: http://hdl.handle.net/10191/23191
9.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
小森, 祐子 ; 杉田, 佳織 ; 豊里, 晃 ; 植田, 耕一郎 ; 野村, 修一 ; Komori, Yuko ; Sugita, Kaori ; Toyosato, Akira ; Ueda, Koichiro ; Nomura, Shuichi
出版情報: 新潟歯学会雑誌.  31  pp.35-38,  2001-12.  新潟歯学会
URL: http://hdl.handle.net/10191/23192
概要: We have carried out oral care in a special nursing home for the elderly in Niigata City since July 1999 and also have pe rformed functional training for food intake using jelly in nasogastric tube-fed elderly, in which oral feeding was considered to be possible. However, a judgement upon the possibility of training has been made only by clinical evaluation of oral movement and the ability of saliva swallowing during mouth care. In this study, We introduced and examined the usefulness of a videoendoscope in the objective evaluation of swallowing. We observed by endoscope the pharynx and larynx of 8 tube-fed subjects (1 male and 7 female) and 3 oral-fed subjects (1 male and 2 female), in which feeding function was considered as poor. Four oral-fed and 2 tube-fed subjects were judged to be at risk of aspiration. The remaining subjects (4 tube-fed and 1 oral-fed) were not considered to be at risk. The use of videoendoscope allowed objective and easy estimation of swallowing. Its introduction in nursing homes could be very helpful in the identification of subjects at risk of aspiration during deglutition, who will need special care.<br />当講座では、平成11年7月から新潟市内の介護施設において口腔ケアを行ってきた。同時に臨床的に摂食可能と判断した経管栄養管理下の入居者に対してゼリーを用いた摂食機能訓練を行っている。しかし、摂食訓練が可能かの判断は、口腔ケアを行った際の口腔周囲の動きや、唾液の嚥下が可能かといった臨床的評価のみで行ってきた。そこで、嚥下機能の評価をより客観的にするため、ビデオ内視鏡を導入し、その有用性を検討した。経管栄養管理下で、ゼリーによる摂食機能訓練を行っている8名(男性1名、女性7名)と、経口摂取しているものの、著しく嚥下機能が低下していると思われる3名(男性1名、女性2名)に対して、内視鏡(OLYMPUS社製、ENF TYPE EX)を用い、咽頭・喉頭の状態を観察し、これをビデオテープに録画して評価を行った。経管栄養で誤嚥の危険性があると判断したのは4名、ないと判断したのは4名であった。また、経口摂取で誤嚥の危険性があると判断したのは2名、ないと判断したのは1名であった。ビデオ内視鏡を使用することで、膝下機能を客観的、かつ容易に評価できるので、大勢の人が入所しているこのような施設において、誤嚥の危険性が高い人を選択し、個別に適切な対応に移れるという点から、介護施設でのビデオ内視鏡の導入は有用であると思われた。 続きを見る
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
長濱, 航永 ; 豊里, 晃 ; 竹内, 由一 ; 植田, 耕一郎 ; 林, 孝文 ; 野村, 修一 ; Nagahama, Kouei ; Toyosato, Akira ; Takeuchi, Yoshiichi ; Ueda, Koichiro ; Hayashi, Takafumi ; Nomura, Shuichi
出版情報: 新潟歯学会雑誌.  33  pp.31-35,  2003-12.  新潟歯学会
URL: http://hdl.handle.net/10191/23271
概要: Since videofluorography (VF) simultaneously evaluates structure and function of the organs altered by dysphagia, it beca me the gold standard for the diagnosis of dysphagia. However, the exposure dose will increase by long-time and frequent examination. Thus, this study investigated the appropriate examination time and method of protection, after measuring the skin absorbed dose in VF. For the measurement of the skin absorbed dose, the TLD element (MSO-S) was used. The TLD element (consisting of 3 pieces) was bonded on angulus oculi lateralis, temporal and thyroid gland regions of the head phantom, and the skin absorbed dose was measured. In addition, similar measurements were carried out in dysphagia patients after getting agreement for VF. The setting conditions of the fluoroscopic apparatus were, as follows : FSD : 60cm, tube voltages : 55kV, tube current automatic control, frame rate : 12.5F/s and maximum value of pulse duration : 8ms. In the phantom, skin absorbed dose rate was 4.3 mGy/s in the angulus oculi lateralis region and 3.6mGy/s in the temporal and thyroid gland regions. At this dose, the time until the threshold dose in which the lens nebula occurs (1Gy) is exceeded is 4'30 seconds and the time until the threshold dose in which early skin erythema occurs (2Gy) is exceeded is 7'30 seconds. It is considered that, since in the Niigata University Dental Hospital, the examination time of VF is 2'30 seconds, the occurance probability of these side effects is low. Moreover, it is effective to reduce the exposure dose in VF by shortening the examination time, by increasing the distance from the bulb, and by reducing the ecposure dose of the equipment within the limits of image interpretability. Furthermore, it is also effective to keep away the eyes from the radiation field, in order to reduce the dose directed to the eye lenses, which are most sensitive to radiation.<br />Ⅹ線嚥下造影検査は障害された器官の構造と機能を同時に評価することができるため、摂食・嚥下障害の診断には、ゴールドスタンダードとなっている。しかし、長時間の検査や回数が多くなると、この検査による被曝線量も大きくなる。そこで今回、われわれは嚥下造影検査時の皮膚吸収線量を測定し、適切な検査時間、防護方法を検討したので報告する。皮膚吸収線量の測定には、TLD素子(MSO-S)を使用した。頭部ファントムに、TLD素子を3本1組で外眼角部、側頭部、甲状腺部に貼り付け、各部位における皮膚吸収線量を測定した。さらに、摂食・嚥下障害者の嚥下造影検査時に本人の同意を得て同様の測定を行った。Ⅹ線透視装置の設定条件は、FSD:60cm、管電圧55kV、管電流自動制御、フレームレートは12.5F/S、パルス幅の最大値を8msに設定した。皮膚吸収線量率は、ファントムでは外眼角部で3.6mGy/S、側頭部、甲状腺部で4.3mGy/Sであった。この線量で、水晶体白濁が起こるしきい線量(1Gy)を超えるまでの時間は4分30秒、初期皮膚紅斑が起こるしきい線量(2Gy)を超えるまでの時間は7分30秒である。新潟大学歯学部附属病院における1回の検査時間はおよそ2分30秒であるため、これらの確定的影響がでる恐れは少ないと考えられる。嚥下造影検査時の被曝線量を低減するためには、検査時間の短縮のほか、読影可能な範囲で装置の線量を減らす、Ⅹ線管装置から被写体までの距離を離すことが有効であった。また、放射線の感受性の高い水晶体の被曝を低減するため、眼を照射野から外すことも有効である。 続きを見る