close
1.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
廣瀬, 貴之 ; 今井, 洋介 ; 張, 高明
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  115  pp.482-483,  2001-09.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/48406
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
張, 高明 ; 廣瀬, 貴之 ; 今井, 洋介 ; 佐野, 宗明
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  115  pp.104-104,  2001-03.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/48111
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
今井, 洋介 ; 廣瀬, 貴之 ; 石黒, 卓郎 ; 張, 高明
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  114  pp.364-364,  2000-09.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/49171
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
廣瀬, 貴之 ; 今井, 洋介 ; 石黒, 卓朗 ; 張, 高明
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  114  pp.159-159,  2000-04.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/48907
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
廣瀬, 貴之 ; 岡田, 義信 ; 堀川, 紘三
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  112  pp.363-363,  1998-06.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/45946
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
張, 高明 ; 廣瀬, 貴之 ; 今井, 洋介 ; 石黒, 卓朗
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  116  pp.53-54,  2002-01.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/2678
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
坂口, 裕太 ; 古田, 夏恵 ; 今井, 洋介 ; 廣瀬, 貴之 ; 石黒, 卓朗 ; 張, 高明
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  129  pp.289-289,  2015-05.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/44080
8.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
小出, 美萌 ; 今井, 洋介 ; 廣瀬, 貴之 ; 石黒, 卓朗 ; 張, 高明
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  122  pp.228-228,  2008-04.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/19659
9.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
廣瀬, 貴之
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  118  pp.611-621,  2004-11.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/3125
概要: TACO(Tryptophane asoartate-containing coat protein)はBCG生菌を貪食したマクロファージの貪食空腹(phagosome)から単離された蛋白で,その膜周囲にとどまり続けてBCGのライソゾーム( lysosome)への移行を妨げ,結核菌の細胎内寄生成立に加担する分子と考えられている.本研究ではTACO過剰発現マウス(TG)を作製し,そのBCG感染時の肝臓における肉芽腫形成およびBCG菌数の推移を野生型マウス(WT)と比較し,TACOの結核菌貪食および殺菌における役割を検討した.TGにおいては感染早期(2週目まで)の肝肉芽腫数がWTに比較して有意に少なく,反対に4週目以後ではより増加した.肉芽腫内の類上皮細胞数はTGで多く,反対にTリンパ球数は少なかった.BCG静注1時間後の肝内のBCG貪食Kupffer細胞数はTGにおいて有意に少なく,BCG菌数も同様に少なかった.TGの腹腔滲出マクロファージはWTに比し有意にBCG貪食能が低く,その後の細胎内殺菌能も低い傾向がみられた.以上の成績からTACOは結核菌の殺菌のみならず,貪食機構にも関与する分子と考えられた. 続きを見る
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
今井, 洋介 ; 廣瀬, 貴之 ; 石黒, 卓朗 ; 張, 高明
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  121  pp.174-174,  2007-03.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/20525