close
1.

図書

図書
尾山真理
出版情報: 新潟 : 新潟大学大学院医歯学総合研究科, [2009]
シリーズ名: 新潟大学学位論文 ; 新大医博||シンダイ イハク ; 1738
所蔵情報: loading…
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
井口, 英幸 ; 小林, 新 ; 尾山, 真理 ; 土屋, 康雄 ; 中村, 和利
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  124  pp.287-291,  2010-05.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/28703
概要: 身長は学童の成長を反映する重要な指標であり, その関連要因を明らかにすることは学校保健の観点から重要である. 先行研究により, いくつかの食品の摂取量が学童の身長を規定する要因の一つであることが示唆されている. 本研究は, 1) 新潟県内に おける学童の身長に地域差があるかどうか, 2) 各食品の消費量と身長とに相関がみられるかどうか, を明らかにすることを目的とした. 本研究は記述疫学研究である地域相関研究のデザインを用いた. 2003年 (平成15年) における新潟県内の85市町村の中学3年生および小学6年生の平均身長のデータを分析対象とした. 各市町村の食品消費金額は1999年度消費実態調査より得た. 各集団の平均身長 (標準偏差) は, 中学3年生男子で166.3cm (0.8cm), 中学3年生女子で157.1cm (0.7cm), 小学6年生男子で146.1cm (0.8cm), 小学6年生女子で147.6cm (0.8cm) であった. 各市町村の平均身長の分布を地図上に記述した結果, 中学3年男子, 中学3年女子, 小学6年女子において, 山間部で身長が低い傾向にあった. 食品消費金額と身長の相関分析の結果, 魚介類の消費金額と中学3年男子の身長に有意な相関 (r =0.553, P =0.002) が見られた. 新潟県内の学童の身長には地域差があり, それを規定する要因として魚介類の摂取が関連していることが示唆された. 今後は, よりよいデザインの記述疫学的研究や分析疫学的研究を行う必要がある. 続きを見る
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
尾山, 真理 ; 伊藤, 由紀子 ; 大黒, 倫也 ; 高松, 美砂子 ; 小川, 充 ; 田中, 剛 ; 藤岡, 斉
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  116  pp.292-292,  2002-06.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/3883
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
藤岡, 斉 ; 田中, 剛 ; 小川, 充 ; 高松, 美砂子 ; 伊藤, 由紀子 ; 尾山, 真理
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  116  pp.295-295,  2002-06.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/3113
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
小川, 充 ; 尾山, 真理 ; 渡辺, 由紀子 ; 野田, 宗慶 ; 柾木, 永 ; 田中, 剛 ; 藤岡, 斉
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  117  pp.314-314,  2003-06.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/3401
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
中村, 隆人 ; 高橋, 駿介 ; 尾山, 真理 ; 土屋, 康雄 ; 中村, 和利 ; 斉藤, トシ子 ; 鈴木, 栄一
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  121  pp.351-359,  2007-06.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/32700
概要: ハワイ大学での医学研修実習の機会を利用して短期海外滞在による時差ぼけや食生活の変化が生体に及ぼす影響を明らかにするため,出国前3日から帰国後3日にわたり生理学的,血液生化学的検査値の変動を調べた.22歳の男子医学生2名を対象に,ハワイへの出 発3日前より血圧,脈拍数,体温の測定(2回/日,日本時間で8:00,15:00)を開始し,帰国後3日まで継続した.また,ハワイ滞在中は8:00と日本との時差19時間を考慮して20:00に測定を行った.血液生化学検査と体重測定は,出国前と帰国後の2回行い,比較した.ハワイ滞在中は食事調査も行った.血圧,脈拍数,体温はハワイ到着後上昇し,その後徐々に下降する傾向を示した.しかし,その変動は個人によって異なり,さらに得られた結果のほとんどは日本で得られた値の変動幅の範囲内であった.出国前と帰国後の血液生化学的検査値は対象によって変動項目が異なっていた.2人共通に10%以上の変動が見られたものは,間接ビリルビン(上昇)と,CPK,リン脂質,無機リン(低下)であった.しかし,これらのほとんどは個人の生理的変動の範囲内にあった.また,出国前と帰国後ではいずれの対象においても体重変動は見られなかった.なお,ハワイで摂取したカロリー数は2329〜3821Kcal/dayであった.短期海外滞在による生理学的,血液生化学的検査値への影響は小さいことが示された. 続きを見る
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
高橋, 駿介 ; 中村, 隆人 ; 尾山, 真理 ; 土屋, 康雄 ; 中村, 和利
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  121  pp.277-282,  2007-05.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/32620
概要: 新潟県某小学校学校医より,6年生女子児童の平均身長が新潟県の平均身長と比較して4cm低いとの報告があった.本調査研究の目的は,1)某小学校6年生女子児童の平均身長低値は異常といえるかどうか,および2)その集団の身長低値に関わっている要因,を 記述疫学の方法論を用いて明らかにすることである.本調査の対象は,新潟県山間部の某小学校の2006年6年生女子児童39人であった.対象児童の身長,体重,出生時体重,誕生月の情報を得た.また,同小学校の2006年の児童の性別,学年別の身長の平均値,過去10年間の女子児童の身長の平均値,およびに同市内の他の19の小学校の2006年6年生女子児童の平均身長に関する情報も得た.2006年における某小学校6年女子児童39人の集団の平均身長は県平均値と比較し有意に低かった(-3.2cm,P=0.0103)が,対象者の平均身長と同市の平均身長との差は相対的に小さかった(-2.7cm,P=0.0284).また,その他の記述疫学データ解析の結果から,対象者の平均身長低値は特殊な要因曝露により起こったとは考え難く,その観点から異常な現象であるとはいえなかった.また本調査では,児童の身長に地域差があることが示唆され,今後これを解明することも課題である. 続きを見る
8.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
初谷, 周子 ; 上原, 沙織 ; 大橋, 恵美 ; 石黒, 宏美 ; 尾山, 真理 ; 土屋, 康雄 ; 中村, 和利
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  123  pp.470-475,  2009-09.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/28505
概要: 早期産は重要な医学的問題であり, 近年早期産児の出生の割合は増加している. また, 妊娠・出産年齢層の女性を取り巻く状況は大きく変化している. 妊婦の健康状態や生活習慣が児の在胎週数にどのように影響を与えるかを分析した. 新潟市の1才半健診 を受診した在胎週数37週未満の早期産児およびその母親を対象とした. 無記名自記式のアンケ- トにより得られたデ-タをもとに, 在胎週数と出生時の身長・体重, 母親の身長, 妊娠直前および出産直後の体重, 出産時の年齢の関連については相関分析を, 在胎週数と児の性別, 出生順位, 妊娠前・妊娠中の健康状態および生活習慣の関連については分散分析を行い検討した. 単胎の68例を分析対象とした. 児の出生体重と出生身長は在胎週数と有意な相関がみられた. 母親の体格, 年齢と在胎週数との間に有意な相関はみられなかった. 妊娠中期以降の食事回数が1日2回だった群と, 3回またはほぼ3回だった群において児の在胎週数に差がみられた. その他の項目において児の在胎週数に有意な差はみられなかったが, 母親の妊娠中の喫煙頻度の違いにおいてP値は0.062であった. 妊娠中期以降の食事回数によって児の在胎週数に差が出ることが明らかになった. より不規則な生活をすることは児の在胎週数をより短くするということが考えられる. 栄養状態との関連をみるためにさらなる調査が必要とされる. 他の生活習慣および健康状態と在胎過数との関連では着意な結果は得られなかった. 続きを見る
9.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
大橋, 恵美 ; 初谷, 周子 ; 石黒, 宏美 ; 上原, 沙織 ; 寺尾, 通徳 ; 尾山, 真理 ; 土屋, 康雄 ; 中村, 和利
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  123  pp.368-372,  2009-07.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/28440
概要: ハワイでの医学研究実習の機会を利用して, ワイキキピーチの水質調査を行い, 日本における判定基準による水質評価を行った. 2008年10月22日, 現地時間7:00, 17:00に, ワイキキビーチ周辺の海水を採水し, 大腸菌数, 油膜の有 無, 化学的酸素要求量 (COD), 透明度を測定した. 大腸歯数は7:00では1MPN/100ml以下の検出限界以下, 17:00では, 平均約31MPN/100mlの菌が認められた. 油膜は7:00,17:00共に認められず,CODは7:00,17:00共に0-1mg/Lを示した. 透明度は7:00, 17:00共に1m以上であった. 以上の結果より, 日本の環境省が定めた判定基準においてワイキキビーチの水質は7:00では水質AA,17:00では水質Aといずれも「適」と判断した. 日本では水質汚染の指標として糞便性大腸菌が用いられているが, 近年, 糞便性大腸菌の問題点が指摘されており, 腸球蘭の有用性が報告されていることや, 本研究では7:00, 17:00時点のみの測定となったことから, 今後は更に詳細な汚染状況の把握のために, 細菌数の経時的変化とアメリカの基準である腸球菌を用いた調査結果を確認する必要があると考えられる. 続きを見る
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
上原, 沙織 ; 石黒, 宏美 ; 初谷, 周子 ; 大橋, 恵美 ; 尾山, 真理 ; 土屋, 康雄 ; 中村, 和利
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  123  pp.311-317,  2009-06.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/28411
概要: 紫外線は, 様々な皮膚症状や眼症状, 免疫機能低下などの健康影響を引き起こすことが示されている. これらの健康影響を防止するためには, 紫外線環境を正しく把握する必要がある. そこで, 2008年10月22日, ハワイ, ワイキキビーチにお いて, 日照地点と目陰地点の紫外線強度の日内変動, 及び各種商品による紫外線カット率を調べた. 日照地点の直射方向, 水平方向, 日陰地点の垂直方向, 水平方向, 地面方向からの紫外線は12時に最高値を示し, 日照地点の垂直方向, 地面方向は15時に最高値を示した. すべての方向で山型のグラフを示すことが明らかとなった. 各種商品の紫外線カット率は, 縁Tシャツ, 日傘, 日焼け止めクリーム, 雨傘はほぼ90%を示したが, 白Tシャツは68%程度であることが示された. 日照地点では9時から15時の間はUV indexが3以上を示したことから, 日焼け止めクリーム, 濃い色のTシャツ, 日傘, 雨傘などの有効な紫外線対策が必要であると考えられた. 今後, 紫外線の影響を防止する観点から, 日焼け止めクリームの紫外線カット率の経時変化などについて焦点を当てて調査する必要があると考える. 続きを見る