close
1.

図書

図書
富樫俊二
出版情報: 新潟 : 新潟大学医学部, [1992]
シリーズ名: 新潟大学学位論文 ; 新大医博 || シンダイ イハク ; 1125
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
研究代表者 富樫俊二
出版情報: [新潟] : [富樫俊二], 1989.3
シリーズ名: 科学研究費補助金(一般研究C)研究成果報告書 ; 昭和63年度
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
研究代表者 富樫俊二
出版情報: [新潟] : [富樫俊二], 1992.3
シリーズ名: 科学研究費補助金(一般研究C)研究成果報告書 ; 平成3年度
所蔵情報: loading…
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
藤田, 菜生 ; 富樫, 俊二 ; 飯田, 眞
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  102  pp.61-61,  1988-01.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/40609
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
中村, 秀美 ; 富樫, 俊二 ; 飯田, 眞 ; 小川, 正裕 ; 橘, 玲子
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  102  pp.62-62,  1988-01.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/40607
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
中澤, 秀栄 ; 田村, 絹代 ; 富樫, 俊二 ; 出江, 一枝
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  105  pp.347-348,  1991-05.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/38861
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
川勝, 康弘 ; 富樫, 俊二 ; 勝井, 丈美
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  104  pp.411-411,  1990-05.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/34081
8.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
藤田, 菜生 ; 藤田, 基 ; 稲月, 原 ; 和知, 学 ; 奥田, 正英 ; 富樫, 俊二 ; 中村, 秀美 ; 藤巻, 誠
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  104  pp.413-414,  1990-05.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/34091
9.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
富樫, 俊二
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  103  pp.813-817,  1989-10.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/41428
概要: Several lines of evidence link the dopaminergic neurotransmitter system to schizophrenia. The antipsychotic action of neuroleptic drugs is correlated well with the bloekade of D_2 dopamine receptors. Amphetamines, which elevate synaptic dopamine levels, can induce psychotic states resembling schizophrenia. Increased numbers of D_2 dopamine receptors have been reported in vitro radioreceptor assay in postmortem studies and in vivo PET studies of the brains of schizophrenic patients. But, in some studies, these increases were attributed to prior neuroleptic treatment of the patient, while in other PET study increases were not found in schizophrenic patients. Hence, interpsetation of the elevation in dopamine receptor of schizophrenia has remained controversial. Animal studies have shown that all effective antidepressant treatment act to decrease NE-stimulated c-AMP accumulation in the brain. This finding was followed by reports showing that treatment with antidepressant drugs for several days reduced the density of both beta-adrenergic receptor and serotonin_2 receptor in rat cerebral cortex. The chronological parallel between such phenomenon and the clinical efficacy of these drugs suggests that the changes of the function of beta-receptor and serotonin_2 receptor may underlie in the pathogenesis of affective disorders. In this review, I summarized the recent investigations concerning the monoamine receptors and functional psychcosis. 続きを見る
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
富樫, 俊二
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  100  pp.580-584,  1986-10.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/35500