close
1.

図書

図書
研究代表者伊藤雅章
出版情報: [新潟] : [伊藤雅章], 1997.3
シリーズ名: 科学研究費補助金(基盤研究C)研究成果報告書 ; 平成7年度〜平成8年度
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
宮地良樹,伊藤雅章編集
出版情報: 東京 : 診断と治療社, 1998.5
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
伊藤雅章
出版情報: 新潟 : 新潟大学医学部, [1984]
シリーズ名: 新潟大学学位論文 ; 新大医博 || シンダイ イハク ; 649
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
研究代表者 伊藤雅章
出版情報: [新潟] : [小林迪助], 1991.3
シリーズ名: 科学研究費補助金(一般研究C)研究成果報告書 ; 平成2年度
所蔵情報: loading…
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
竹之内, 辰也 ; 須山, 孝雪 ; 皆川, 正弘 ; 野本, 重敏 ; 伊藤, 雅章
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  116  pp.53-53,  2002-01.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/2978
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
榛沢, 和彦 ; 北村, 昌也 ; 林, 純一 ; 佐藤, 一範 ; 大橋, さとみ ; 小林, 昇 ; 本多, 忠幸 ; 遠藤, 裕 ; 富山, 勝博 ; 木村, 裕 ; 渡辺, 力夫 ; 伊藤, 雅章 ; 伊藤, 由美 ; 黒田, 毅 ; 西, 慎一 ; 丸山, 弘樹 ; 下條, 文武
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  115  pp.651-652,  2001-12.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/48654
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
伊藤, 雅章
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  129  pp.635-641,  2015-11.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/44291
概要: 皮膚科学の最終講義にあたって, 当教室の主要な研究テーマである毛生物学および毛髪疾患病態解析について概説する. 毛器官は複雑な構造を有し, 活発な細胞動態を呈し, 毛周期という形態変化を随時行う器官であり, 医学ないし生物学においてきわめて 興味深い研究対象ではあるものの, その取扱いにくさのために, 皮膚の他の構造, とくに表皮に比べ, 十分には研究されていない. しかしながら, この20年余りで電子顕微鏡観察の工夫, 各種の単クローン抗体による免疫組織化学, 発現するcDNAの解析, 毛器官やその機能に関連する遺伝子の解析, 毛包幹細胞理論の発展などにより, 毛器官の構造と機能が詳細に判明しつつある. 一方, 毛髪性状は人種により相異し, また個人でも年齢や部位によって異なることも有意義なテーマである. このような中, 当教室では毛器官の遺伝子解析に力を注ぎ, 研究体制のグローバル化も進め, 毛髪奇形や無毛症・乏毛症などの様々な遺伝性毛髪異常症の分子および遺伝子の異常を明らかにしてきた. それに伴い, それら構成分子の分布や機能も理解されるようになった. しかしながら, それら遺伝子・分子異常がいかにして毛髪の形態異常を惹き起こすかというメカニズムの解明は今後の課題である. 続きを見る
8.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
池滝, 知 ; 野本, 重敏 ; 藤原, 浩 ; 橘, 敏明 ; 山田, 聰 ; 伊藤, 雅章
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  117  pp.767-767,  2003-12.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/3684
9.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
吉川, 恵次 ; 遠藤, 裕 ; 佐藤, 一範 ; 渡辺, 逸平 ; 篠永., 真弓 ; 河井, 一浩 ; 伊藤, 雅章
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  112  pp.777-788,  1998-12.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/46438
概要: Significant advances in the management for burned patients, such as fluid therapy, burn wound excision, and stress ulcer prevention, have further accentuated infection as more frequent cause of morbidity and mortality. The present study was conducted to clarify the various microbiological aspects in 28 burn patients who were admitted to and survived early shock stage at the Emergency and Critical Care Unit at Niigata University Hospital from 1986 through 1996. Results:1) Cause of all the 3 died patients was the severe infection. 2) The systemic prophylactic antibiotics most commonly used in the early stage of management was cephazolin (CEZ), while povidone iodine and silver sulphadiazine were the most popular topical agents. 3) Burn wound infection (including colonization) was observed in 13 patients (46%). The main organisms from burn wound were MRSA, Enterococcus faecalis, Pseudomonas aeruginosa and Candida albicans. These organisms remained at the wound during the long period of the clinical course. 4) Pneumonia, urinary tract infection, intravenous catheter tip infection, and sepsis (septic symptoms with bacteremia) were observed in 4, 7, 4 and 4 patients, respectively. In many cases, common organisms to those from the burn wound were isolated from their relevant specimens. 5) MRSAs were detected in 9 patients, although there were no succumbed patients, nor patients suffered from MRSA pneumonia or enteritis among them. 6) Culture results showed that all the isolated strains of MRSA and Enterococcus faecalis were vancomycin-sensitive. Comprehensive management including not only the use of adequate topical and systemic antibacterial agents, but debridement of the devitalized tissue, nutritional support which enhance the host defense mechanism, and etc. would be essential to prevent infection of burned patients. 続きを見る
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
竹之内, 辰也 ; 山田, 聰 ; 須山, 孝雪 ; 山口, 英郎 ; 野本, 重敏 ; 伊藤, 雅章
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  114  pp.253-253,  2000-06.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/49025