close
1.

図書

図書
研究代表者伊藤寿介
出版情報: [新潟] : [伊藤寿介], 2001.3
シリーズ名: 科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書 ; 平成9年度〜平成12年度
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
伊藤寿介研究代表
出版情報: 新潟 : [新潟大学], 1996.3
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
伊藤寿介
出版情報: 新潟 : 新潟大学医学部, [1966]
シリーズ名: 新潟大学学位論文 ; 新大院医博 || シンダイ インイハク ; 202
所蔵情報: loading…
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
範, 順涛 ; 伊藤, 寿介 ; 林, 孝文
出版情報: 新潟歯学会雑誌 = 新潟歯学会雑誌.  32  pp.11-15,  2002-07.  新潟歯学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/23224
概要: In order to clarify a possible cause of articular pain in patients with a unilateral non-reducible anterior disk displac ement in the temporomandibular joint, MR images of 50 consecutive patients were evaluated. On fatsaturated T2-weighted sagittal images in closed mouth position, an edematous change of the posterior attachment was defined as the condition in which the thickened posterior attachment showed higher intensity tllan that of the contralateral side. Joint effusion was defined as the condition in which a hyperdense area at the upper and/or lower joint space was larger than linear in configuration. On proton-density weighted images in opened mouth position, a thrusting sign was defined as the condition in which the thickened posterior attachment has been stuck by the roughened surface of the mandibular condyle. A statistically significant correlation was observed between articular pain and an edematous change of the posterior attachment (P<0.001). Additionally, a statistically significant correlation was observed between articular pain and a thrusting sign (P<0.001). On the contrary, no statistically significant correlation was observed between articular pain and joint effusion (p=0.09). Every patient with a thrusting sign complained of articular pain. In conclusion, it was suggested that articular pain might be correlated with an edematous change of the posterior attachment. Moreover, a thrusting sign in opened mouth position might be a more specific finding closely related to articular pain.<br />顎関節に非復位性関節円板前方転位(以下ADNR)を有する症例における開口時の関節痛(以下開口痛)の原因を明らかにするために、片側のみにADNRを有する50症例のMR所見をretrospectiveに検討した。閉口位矢状断脂肪抑制T2強調画像において、ADNR側の後部組織が健側と比較し明らかに肥厚し高信号を呈する場合に、浮腫を認めると判定した。また上関節腔あるいは下関節腔に線状を越えた高信号域を有する場合にjoint effusionを認めると判定した。さらに開口位矢状断プロトン密度強調画像において、肥厚した後部組織に辺縁の不整化した下顎頭関節面が突き当たるような位置関係にある場合、thrusting signを認めると判定した。その結果、後部組織の浮腫の有無と開口痛の有無、及びthrusting signの有無と開口痛の有無との間に統計学的に有意な関係を認めた(P<0.001)が、joint effusionの有無と開口痛の有無との間には認められなかった(p=0.09)。thrusting signを認める症例は全て開口痛を有していた。以上の結果から、開口痛の原因のひとつに後部組織の浮腫があることが示唆された。さらに、肥厚した後部組織に辺縁の不整化した下顎頭が突き当たるという位置関係は開口痛に特異的な所見となりうると考えられた。 続きを見る
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
勝良, 剛詞 ; 伊藤, 寿介 ; 林, 孝文
出版情報: 新潟歯学会雑誌 = 新潟歯学会雑誌.  31  pp.69-70,  2001-12.  新潟歯学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/23208
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
勝良, 剛詞 ; 益子, 典子 ; 山川, 智子 ; 小山, 純市 ; 檜木, あゆみ ; 加藤, 徳紀 ; 小林, 富貴子 ; 中島, 俊一 ; 林, 孝文 ; 伊藤, 寿介
出版情報: 新潟歯学会雑誌 = 新潟歯学会雑誌.  29  pp.17-22,  1999-07.  新潟歯学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/23109
概要: Osteoradionecrosis is one of the most serious complications after radiotherapy for head and neck neoplasms. Total radiat ion dose, dental status and anatomic location of tumors have been recognized as risk factors for the occurrence of osteoradionecrosis. Recently, some papers stressed the importance of pre- and postradiation oral care that might be effective in preventing and/or alleviating radiation complications. In this paper, We reported a case of osteoradionecrosis of mandible supposed to be induced and exacerbated by poor oral hygiene and dental infection. A 61-year-old male with an oral cancer (squamous cell carcinoma, T4NOMO) was treated with external irradiation (6MeV lineac total 56Gy) and interstitial irradiation (198Au grain from 60 Gy to 70Gy). Oral care started two years after the termination of radiotherapy but, oral hygiene had maintained inadequately for various reasons. At ten months thereafter, osteoradiomyelitis occurred in the molar region of the left mandible. It was treated with antibiotics but became chronic. Six months later a defect of the mucous membrane and exposure of the bone were noted in the same region where osteoradiomyelitis had developed previously. A CT scan revealed a wide range of osteomyelitis and a massive sequestrum in left mandible. We administered conservative therapy, because surgical intervention was refused by the patient. In this case, teoradionecrosis was thought to be induced and exacerbated by dental infection. Therefore, we feel it should be stressed that effective pre- and postradiation oral care should be provided to prevent and/or to alleviate osteoradionecrosis.<br />放射線障害の最も重名篤なものとして放射線性骨壊死がある。発症要因は照射線量、歯牙状態、腫瘍と顎骨との位置関係であり最近予防、緩和のために治療前後の口腔内管理の重要性が言われている。今回、口腔内管理がうまく行かず臨床、画像的に歯性感染が誘因もしくは増悪因子と考えられた放射線性骨壊死の1症例を経験したので報告する。症例は61歳男性、臨床診断は軟口蓋から口腔底に及ぶ扁平上皮癌(T4NOMO)、治療は6MeV lineacによる外照射56Gy、198Au grainによる組織内照射 60-75Gy相当を投入された。口腔内管理は放射線治療約2年後から行われたがその後も適切な管理が行えなかった。管理開始から約10ヶ月後下顎左側臼歯部を中心とする放射線性骨髄炎を発症、抗生剤投与にて慢性化した。骨髄炎発症から約1年6ヶ月後同部を中心とする粘膜欠損と骨壊死を発症し局所洗浄にて慢性化した。慢性化してから約6ヶ月後再び急性化、CTにて下顎左側臼歯部を中心とする下顎半側の広範な骨髄炎と腐骨像を認めた。外科的処置を勧めたが本人の希望により行わず現在、慢性化している。本症例は歯牙状態、骨変化の状態、粘膜障害と骨障害の重症度から歯性感染が放射線性骨壊死の誘因ないし増悪因子であると考えられた。それ故に放射線治療前後の口腔内管理の重要性を痛感した。 続きを見る
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
小林, 富貴子 ; 伊藤, 寿介
出版情報: 新潟歯学会雑誌 = 新潟歯学会雑誌.  29  pp.37-39,  1999-07.  新潟歯学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/23113
8.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
林, 孝文 ; 伊藤, 寿介
出版情報: 新潟歯学会雑誌 = 新潟歯学会雑誌.  26  pp.75-76,  1996-12.  新潟歯学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/22991
9.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
林, 孝文 ; 伊藤, 寿介 ; 山川, 智子 ; 小山, 純市 ; 松下, 健 ; 小林, 富貴子 ; 道見, 登
出版情報: 新潟歯学会雑誌 = 新潟歯学会雑誌.  26  pp.1-12,  1996-08.  新潟歯学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/22955
概要: From April 1994 through April 1996, 365 patients with complaints of temporomandibular joint disorders were evaluated by 1.0 tesla igh resolution magnetic resonance imaging (MRI) with head coil using 3mm-thickness axial, coronal and oblique sagittal slices without interslice gap. On oblique sagittal plane, a conventional spin echo (CSE) pulse sequence (TR=500ms, TE=20ms) was used in 121 patients with 4 excitations, 256×192 matrix and 150mm field of view, whereas a fast spin echo (FSE) sequence (TR=2500ms, TE=22/90ms) was used in 244 patients with 3 excitations, 256×190 matrix and 150mm field of view. There was no remarkable diference in delineation of the disk between CSE and FSE pulse sequences according to a subjective judgement by three trained observers. On MRI, 253 joints (34.7%) had normal superior disk position ; 230 joints (31.5%) showed anterior disk displacement with reduction (completely anterior 105 joints, anterolateral rotational 36 joints, anteromedial rotational 8 joints, partially lateral anterior 67 joints, partially medial anterior 14 joints, respectively) and 212 joints (29.0%) showed anterior disk displacement without reduction (completely anterior 145 joints, anterolateral rotational 48 joints, anteromedial rotational 14 joints, partially lateral anterior 5 joints, respectively) ; 16 joints (2.2%) showed lateral sideways displacement and 19 joints (2.6%) showed medial sideways displacement. On T2-weighted image, we defined a more hyperintense area in the joint than the bone marrow as a joint effusion. One hundred fourty-one joints (19.3%) had line-shaped effusions and 180 joints (24.7%) had larger amount of effusions, whereas 365 joints (50.0%) had no effusions.<br />1994年4月より1996年4月までの間に、のベ365例の顎関節症患者のMRI検査を施行した。1.0T(tesla)の磁場強度の装置を用い、ヘッドコイルを使用し、スライス厚3mm・スライスギャップなしにて軸位断・冠状断・矢状断を撮像した。矢状断については、121例にconventional spin echo(CSE)法(TR=500ms、TE=20ms)を使用し、number ofexcitation(NEX、加算回数)4回、マトリクス256×192、field of view(FOV)を150mmとした。また244例にfastspin echo(FSE)法(TR=2500ms、TE=22/90ms)を使用し、NEX 3回、マトリクス256×190、FOVを150mmとした。画像診断医3名が主観的に評価した結果、CSE法による撮影とFSEによる撮影との問に、関節円板の明瞭さにおいて有意な差は認められなかった。関節円板位置異常の診断では、365症例730関節中、位置異常なしが253関節(34.7%)、復位性前方転位が230関節(31.5%)(うち、復位性前方転位が105関節、復位性前外側転位が36関節、復位性前内側転位が8関節、復位性外側部分的前方転位が67関節、復位性内側部分的前方転位が14関節)、非復位性前方転位が212関節(29.0%)(うち、非復位性前方転位が145関節、非復位性前外側転位が48関節、非復位性前内側転位が14関節、非復位性外側部分的前方転位が5関節)、外側転位が16関節(2.2%)、内側転位が19関節(2.6%)であった。T2強調画像において、関節円板に近妾して大きさに関わらず骨髄の信号強度より明らかに高く均一な高信号域を認めた場合を、joint efusionありとした。その結果365症例730関節中、joint efusionを線状に認めたものが141関節(19.3%)、面状に認めたものが180関節(24.7%)、評価不能が44関節(6.0%)であり、joint effusionを認めないものが365関節(50.0%)であった。 続きを見る
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
松下, 健 ; 林, 孝文 ; 小林, 富貴子 ; 伊藤, 寿介
出版情報: 新潟歯学会雑誌 = 新潟歯学会雑誌.  25  pp.33-38,  1995-12.  新潟歯学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/22947
概要: Purpose : To evaluate the relationship between internal derangement of the temporomandibular joint (TMJ) and jaw deformi ty in atients with mandibular asymmetry. Subjects and methods : The Subjects were 30 patients (5 males and 25 females) who visited our department from Jan. 1993 to Mar. 1995, complaining of jaw deformity. The patients' ages ranged from 12 to 28 years with an average of 19.0±4.1 years. The location of the articular disc and bony changes of the condylar head were studied by X-ray computed tomography, and the correlation between jaw deformity and the clinical TMJ findings such as joint pain, joint noise and trismus were also studied. Results : On the short side of the mandible, internal derangement of TMJ was found in 80% of the cases, especially a displaced disc without reduction in 46.7%. On the other hand, on the long side, internal derangement was less frequently found in 23.3% (a displaced disc without reduction in 6.7%). Furthermore, on the short side, bony change was at a significantly higher frequency and there was a tendency for the size of the condylar head to be smaller than on the long side. However, there was less correlation between clinical TMJ symptoms and jaw deformity. Trismus with 40mm or less in mouth opening was found in only 3 cases. Conclusions : It was considered that jaw deformity correlated highly with internal derangement of TMJ, regardless of the presence of clinical TMJ symptoms. It was suggested that morphological evaluation of the TMJ images is important for treatment planning of patients with mandibular asymmetry.<br />顎関節内障と顎変形の関係を明らかにすることを目的に、X線CTを用いて下顎非対称患者の顎関節部の器質的変化を調査した。対象は平成5年1月から平成7年3月に、顔貌の変形を主訴に新潟大学歯学部附属病院を受診した下顎非対称患者のうち、顎関節部の精査を目的にCTを撮影した30名60関節である。年齢は12~28歳(平均19.0±4.1歳)で、性別は男性5名、女性25名であった。正面Ⅹ線規格写真にてオトガイ正中点と顔面正中線の距離が3mm以上である症例を下顎非対称症例とし、その結果から下顎を短縮側と伸長側に分けた。CT検査はSIEMENS社製SOMATOM DR3を使用し、顎関節部をReid's base lineに平行および約45°の角度にてスライス幅2mmで撮像した。CT所見から、林の報告(歯放35:55-69,1995)に基づき関節円板転位の有無および開口時の復位の有無を診断した。顎関節部の骨変化の有無はsuper high resolutionで表示した画像から診査し、また、下顎頭の形態や大きさの左右差についても検討した。さらに、臨床症状として開口障害、関節雑音、顎関節部療病を診査し、それらの項目と下顎の変形との関連について検討した。その結果、下顎短縮側では、円板転位が80%、非復位性円板転位が46.7%で認められ、その発現頻度が伸長側(それぞれ23.3%、6.7%)に比して有意に(p<0.05)高かった。また、骨形態変化の発現頻度も有意に高く、さらに、下顎頭の大きさが小さい債向が認められた。しかし、顎関節症状と下顎の変形とは明らかな関係が認められず、開口量40mm未満の開口障害を認めた症例は3例にすぎなかった。以上のことより、臨床的な顎関節症状の有無にかかわらず、顎関節内障と下顎の変形とは密接な関係があることが示唆された。したがって、このような症例の矯正治療や顎矯正手術に際しては、治療計画立案のための十分な顎関節の画像診断が重要であると考えられた。 続きを見る