close
1.

図書

図書
丸山聡一
出版情報: 新潟 : 新潟大学医学部, [1990]
シリーズ名: 新潟大学学位論文 ; 新大院医博 || シンダイ インイハク ; 606
所蔵情報: loading…
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
伊藤, 正洋 ; 阿部, 亮 ; 遠藤, 太郎 ; 三浦, 理 ; 丸山, 誠太郎 ; 山口, 修 ; 真田, えい ; 丸山, 聡一 ; 大西, 昌之 ; 渡部, 透 ; 柴田, 昭 ; 小玉, 誠 ; 相澤, 義房
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  116  pp.134-134,  2002-03.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/3680
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
北嶋, 俊樹 ; 矢野, 敏雄 ; 増子, 正義 ; 鳥羽, 健 ; 布施, 一郎 ; 相澤, 義房 ; 丸山, 聡一
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  121  pp.540-540,  2007-09.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/32821
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
岸, 賢治 ; 塚田, 信弘 ; 丸山, 聡一 ; 鳥羽, 健 ; 成田, 美和子 ; 青木, 定夫 ; 相沢, 義房 ; 井藤, ヒロミ ; 高橋, 芳右
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  111  pp.406-406,  1997-06.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/45021
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
永井, 孝一 ; 丸山, 聡一 ; 柴田, 昭 ; 品田, 章二
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  102  pp.377-377,  1988-06.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/40829
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
青木, 定夫 ; 漆山, 勝 ; 岩田, 文英 ; 瀬川, 宗助 ; 丸山, 聡一 ; 永井, 孝一 ; 品田, 章二 ; 柴田, 昭 ; 福田, 剛明
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  102  pp.378-378,  1988-06.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/40821
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
曽我, 謙臣 ; 黒川, 和泉 ; 福田, 剛明 ; 品田, 章二 ; 丸山, 聡一 ; 青木, 定夫 ; 小池, 正 ; 柴田, 昭
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  102  pp.380-380,  1988-06.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/40825
8.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
丸山, 聡一 ; 青木, 定夫 ; 小池, 正 ; 柴田, 昭 ; 品田, 章二
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  102  pp.380-380,  1988-06.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/40828
9.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
丸山, 聡一
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  104  pp.579-582,  1990-07.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/34481
概要: The clinical and laboratory features of 15 patients with chronic lymphocytic leukemia (CLL) and one patiant with prolymp hocytic leukemia (PLL) were studied. All the neoplastic cells showed B cell markers and most of them were CD10-, CD19+, CD20+, Ia+. SmIg were expressed in almost all cases and μκ type was dominant. But there was no particular relationship between these immunological features and clinical ones. In some CLL cases, the neoplastic cells were larger than typical CLL cells and morphologically quite different from them. CLL has been recognized as a highly variable disease and its classification is still confusing. Further examination and more detail analysis should be required in order to clarify the disease entity of CLL and related disorders. 続きを見る
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
木村, 美奈子 ; 丸山, 聡一 ; 青木, 定夫
出版情報: 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌.  104  pp.334-335,  1990-04.  新潟医学会
本文リンク: http://hdl.handle.net/10191/34006