close
1.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
佐藤, 瑞穂 ; 中村, 厚夫 ; 八木, 一芳 ; 関根, 厚雄
出版情報: 新潟医学会雑誌.  117  pp.650-650,  2003-11-10.  新潟医学会
URL: http://hdl.handle.net/10191/2758
2.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
鈴木, 明 ; 笹島, 寿郎 ; 溝井, 和夫 ; 泉, 純一 ; 渡邊, 磨 ; 渡会, 二郎
出版情報: 新潟医学会雑誌.  116  pp.516-517,  2002-10-10.  新潟医学会
URL: http://hdl.handle.net/10191/2759
3.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
恩田, 清 ; 山崎, 一徳 ; 宮川, 照夫 ; 遠藤, 純男 ; 木村, 輝雄 ; 檜前, 薫 ; 新井, 弘之
出版情報: 新潟医学会雑誌.  119  pp.506-506,  2005-08-10.  新潟医学会
URL: http://hdl.handle.net/10191/2760
4.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
近藤, 公男 ; 大澤, 義弘 ; 平山, 裕
出版情報: 新潟医学会雑誌.  116  pp.634-634,  2002-12-10.  新潟医学会
URL: http://hdl.handle.net/10191/2761
5.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
社本, 博 ; 川岸, 潤 ; 城倉, 英史 ; 中里, 信和 ; 清水, 宏明 ; 冨永, 悌二
出版情報: 新潟医学会雑誌.  119  pp.568-569,  2005-09.  新潟医学会
URL: http://hdl.handle.net/10191/2762
6.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
高橋, 和義 ; 山浦, 正幸 ; 和泉, 大輔 ; 吉田, 剛 ; 三井田, 努 ; 小田, 弘隆 ; 樋熊, 紀雄
出版情報: 新潟医学会雑誌.  118  pp.271-272,  2004-05-10.  新潟医学会
URL: http://hdl.handle.net/10191/2763
7.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
曽川, 正和
出版情報: 新潟医学会雑誌.  119  pp.176-179,  2005-03-10.  新潟医学会
URL: http://hdl.handle.net/10191/2764
概要: The incidence of pulmonary embolism tends to increase recently in Japan. Pulmonary embolectomy is performed only to patients with massive pulmonary embolism and hemodynamic deterioration so that the number of surgery for pulmonary embolism is restricted. Indication, technique, and outcomes of surgical intervention are reviewed. 続きを見る
8.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
小田, 温 ; 原田, 敦子 ; 佐藤, 元 ; 小出, 章 ; 梅田, 貴 ; 平山, 則子 ; 猪爪, 一也
出版情報: 新潟医学会雑誌.  117  pp.98-98,  2003-02-10.  新潟医学会
URL: http://hdl.handle.net/10191/2765
9.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
外山, 美沙 ; 佐藤, 絢子 ; 三間, 渉 ; 伊藤, 正洋 ; 藤田, 聡 ; 大倉, 裕二 ; 小玉, 誠 ; 相澤, 義房 ; 高橋, 昌 ; 白石, 修一 ; 若林, 貴志 ; 土田, 正則 ; 橋本, 毅久 ; 渡辺, 弘 ; 林, 純一
出版情報: 新潟医学会雑誌.  119  pp.56-57,  2005-01-10.  新潟医学会
URL: http://hdl.handle.net/10191/2766
10.

論文(リポジトリ)

論文(リポジトリ)
石井, 史郎 ; 高木, 偉博 ; 倉林, 工 ; 高桑, 好一 ; 田中, 憲一 ; 山崎, 肇 ; 佐藤, 尚 ; 松永, 雅道 ; 内山, 聖
出版情報: 新潟医学会雑誌.  117  pp.164-169,  2003-03-10.  新潟医学会
URL: http://hdl.handle.net/10191/2767
概要: 【目的】2000年4月より2002年3月までの2年間に行ったMRSA感染対策とその効果を分析し,MRSA水平感染防止のための具体的対応について検討する【対象及び方法】平成12及び13年の2年度の間に当院NICUに入院した児244名を対象とし た.MRSA感染の指標として,MRSA発生率を算出したMRSA発生率とは分母を1ヵ月の入院患者数,分子をその1ヵ月間にMRSAが検出された患者数とし,その百分率とした.【成績】2年間の入院対象のうち入院中にMRSAが検出された児は62名(25.4%)であった.標準予防策を施行した2000年4月から2001年3月までと,ディスポ手袋の着用を主とした積極予防策を施行した2001年4月~2002年3月までのMRSA発生率について検討した結果,保菌者発生率は標準予防策を行った2000年度が133例中46例(34.6%),積極予防策を行った2001年度が111例中16例(14.4%)であり保菌率が半数以下に減少した(P<0.01).【結論】ディスポ手袋着用,スタッフの意識づけ,患者間スペースの確保,施設精密清掃はMRSA水平感染の予防に効果があると考えられた. 続きを見る