Blank Cover Image

感染性心内膜炎を合併した中部胆管癌の1例

フォーマット:
論文(リポジトリ)
責任表示:
北見, 智恵 ; 河内, 保之 ; 牧野, 成人 ; 西村, 淳 ; 川原, 聖佳子 ; 新国, 恵也
出版情報:
新潟医学会, 2016-02
掲載情報:
新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌
ISSN:
00290440  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
著者名:
北見, 智恵
河内, 保之
牧野, 成人
西村, 淳
川原, 聖佳子
新国, 恵也
続きを見る
巻:
130
通号:
2
開始ページ:
132
終了ページ:
138
バージョン:
publisher
概要:
感染性心内膜炎(Infectious endocarditis, 以下IEと略記)は菌血症や血栓を生じ, 多臓器障害を引き起こす重篤な疾患である. 大腸癌に合併したIEの報告は散見されるが, 胆道癌に関連したものは稀である. 今回われわれは胆管癌の周術期にIEを発症した1例を経験したので報告する. 症例は77歳, 女性. 既往歴は高血圧. 中部胆管癌による閉塞性黄疸で内視鏡的経鼻胆道ドレナージ後に膵頭十二指腸切除術を施行した. 術前胆管炎の所見は認めなかったものの, 開腹時肝 膿瘍を認めた. 術後17日目めまい, 嘔吐, 発熱, 術後22日目右片麻痺が出現, 頭部MRIで多発脳梗塞と診断された. 心エコーで大動脈弁と僧帽弁に疣贅と弁破壊を認め, IEと診断した. 術後27日目大動脈弁+僧帽弁置換術を施行した. 主起炎菌は黄色ブドウ球菌であった. 弁置換術後敗血症から脱することができず永眠された. 胆道感染や, ERCPなどによる一過性菌血症, 手術による免疫低下などが本例のIEの発症に関与した可能性が推測された. IEは基礎心疾患を有さなくとも発症するため, まれではあるが, 胆道癌の周術期においても念頭に置き, 心エコーなどを行い早期発見, 治療に努めるべきである. 続きを見る
本文リンク
タイトルが類似している資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

北見, 智恵, 河内, 保之, 須藤, 翔, 牧野, 成人, 西村, 淳, 川原, 聖佳子, 新国, 恵也

新潟医学会

宗岡, 悠介, 北見, 智恵, 新国, 恵也, 河内, 保之, 西村, 淳, 牧野, 成人, 川原, 聖佳子

新潟医学会

西村, 淳, 川原, 聖佳子, 河内, 保之, 牧野, 成人, 北見, 智恵, 角田, 知行, 大渓, 隆弘, 新国, 恵也

新潟医学会

臼井, 賢司, 北見, 智恵, 牧野, 成人, 河内, 保之, 廣瀬, 雄己, 石川, 博補, 川原, 聖佳子, 西村, 淳, 新国, 恵也

新潟医学会

西村, 淳, 川原, 聖佳子, 河内, 保之, 牧野, 成人, 北見, 智恵, 岡村, 拓磨, 橋本, 喜文, 新国, 恵也

新潟医学会

橋本, 喜文, 新国, 恵也, 河内, 保之, 西村, 淳, 牧野, 成人, 川原, 聖佳子, 北見, 智恵, 岡村, 拓磨

新潟医学会

川原, 聖佳子, 西村, 淳, 新国, 恵也, 河内, 保之, 牧野, 成人, 北見, 智恵, 岡村, 拓磨, 橋本, 喜文

新潟医学会

北見, 智恵, 河内, 保之, 牧野, 成人, 西村, 淳, 川原, 聖佳子, 番場, 竹生, 斎藤, 敬太, 新国, 恵也

新潟医学会

牧野, 成人, 橋本, 喜文, 岡村, 拓磨, 北見, 智恵, 川原, 聖佳子, 西村, 淳, 河内, 保之, 新国, 恵也

新潟医学会

川原, 聖佳子, 西村, 淳, 新国, 恵也, 河内, 保之, 牧野, 成人, 北見, 智恵, 中野, 雅人, 堀田, 真之介

新潟医学会

堀田, 真之介, 新国, 恵也, 西村, 淳, 河内, 保之, 川原, 聖佳子, 牧野, 成人, 北見, 智恵

新潟医学会

北見, 智恵, 河内, 保之, 西村, 淳, 牧野, 成人, 川原, 聖佳子, 番場, 竹生, 齋藤, 敬太, 新国, 恵也

新潟医学会