Blank Cover Image

4)女性SLE患者における長期ステロイド服用と骨粗鬆症に関する検討(シンポジウム 骨粗鬆症の病態・治療・予防, 第493回新潟医学会)

フォーマット:
論文(リポジトリ)
責任表示:
黒田, 毅 ; 長谷川, 尚 ; 渡辺, 武 ; 岡田, 雅美 ; 中野, 正明 ; 荒川, 正昭
出版情報:
新潟医学会, 1994-11
掲載情報:
新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌
ISSN:
00290440  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
著者名:
黒田, 毅
長谷川, 尚
渡辺, 武
岡田, 雅美
中野, 正明
荒川, 正昭
続きを見る
巻:
108
通号:
11
開始ページ:
820
終了ページ:
825
バージョン:
publisher
概要:
Osteoporosis is now recognized as one of the major problems of female SLE patients. We measured bone mineral density (BMD) in 54 female SLE patients using dual energy X-ray absorptiometory, and studied the relationship between BMD and clinical parameters or steroid and vitamine D treatment. There was an inverted relation between patient's age and BMD. BMD decreased remarkably in the age of forties and fifties. In the series study of BMD, both patients treated with vitamine D metabolites (group A) and those of untreated (group B) revealed no difference between initial and last BMD, The initial BMD of group A was significantly lower than that of group B. It means that vitamine D methabolites were administrated in patient showing lower DEXA. No remarkable difference were detected in serum biochemical parameters, creatinine clearance and urinary findings between two groups. BMD was not different between both nephrotic and non-nephrotic patients or between those with or without aseptic necrosis of femaral head. Further prospective controlled studies showed be performed to confirm the efficiency of vitamine D metabolites. 続きを見る
本文リンク

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
7 図書 骨粗鬆症

三木, 威勇治

南江堂

菊池, 透, 橋本, 尚士, 川崎, 琢也, 内山, 聖

新潟医学会

8 図書 骨粗鬆症

安倍, 千之

日本医学館

3 図書 骨粗鬆症

若松, 英吉

金原出版

9 図書 骨粗鬆症

山本, 吉蔵

メジカルビュー社

阿久津, 正, 高桑, 好一, 金沢, 浩二, 竹内, 正七

新潟医学会

10 図書 骨粗鬆症

美濃, 真(1928-)

学会センター関西, 学会出版センター (発売)

田宮, 洋一, 小野, 一之, 島影, 尚弘, 佐藤, 賢治, 佐藤, 信昭, 松尾, 仁之, 畠山, 勝義

新潟医学会

11 図書 骨粗鬆症

杉本, 利嗣

医薬ジャーナル社

東京都老人総合研究所

東京化学同人