Blank Cover Image

長野県稗田山崩壊地周辺に分布する岩石および地表水のSr・Nd同位体比組成

フォーマット:
論文(リポジトリ)
責任表示:
柚原, 雅樹 ; 相楽, 渉 ; 高橋, 俊郎 ; 渡部, 直喜 ; 山岸, 宏光 ; 丸井, 英明
出版情報:
新潟大学積雪地域災害研究センター, 2000-03
掲載情報:
新潟大学積雪地域災害研究センター研究年報 = 新潟大学積雪地域災害研究センター研究年報
ISSN:
03877892  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
著者名:
柚原, 雅樹
相楽, 渉
高橋, 俊郎
渡部, 直喜
山岸, 宏光
丸井, 英明
続きを見る
巻:
21
開始ページ:
73
終了ページ:
82
バージョン:
publisher
概要:
The^<87>Sr/^<86>Sr and ^<143>Nd/^<144>Nd ratios, Rb, Sr, Sm and Nd concentrations were determined in surface waters and rocks collected from the Hieda-yama landslide area, Nagano Prefecture. The change of trace element concentrations, ^<87>Rb/^<86>Sr and ^<147>Sm/^<144>Nd ratios in andesite by chemical weathering supports dissolution of plagioclase by this process as indicated in Sagara et al. (1997). The ^<87>Sr/^<86>Sr and ^<143>Nd/^<144>Nd ratios, however, are almost constant, because Sr and Nd isotopic ratios among minerals have small variation. This is caused by its young formation age. The ^<87>Sr/^<86>Sr and ^<143>Nd/^<144>Nd ratios of surface waters in the Kanayama-sawa river are close to those ratios of andesites. However, ^<87>Rb/^<86>Sr and ^<147>Sm/^<144>Nd ratios are lower than the ratios of andesites. These observations indicate that Sr and Nd in surface waters originated from plagioclases of these andesites. 続きを見る
本文リンク
タイトルが類似している資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

相楽, 渉, 渡部, 直喜, 佐藤, 修, 丸井, 英明, 垣原, 康之

新潟大学積雪地域災害研究センター

7 図書 修士論文

相楽, 渉

[新潟大学大学院自然科学研究科]

柚原, 雅樹, 渡部, 直喜, 中川, 勉, 厨川, 亮子, 高橋, 俊郎

新潟大学積雪地域災害研究センター

柚原, 雅樹, 渡部, 直喜

新潟大学積雪地域災害研究センター

山岸, 宏光, 志村, 一夫

北海道大学出版会

10 図書 地表水

君島, 八郎

丸善

山岸, 宏光, 志村, 一夫, 山崎, 文明

北海道大学図書刊行会

11 論文(リポジトリ) 天然水試料のSr同位体測定

柚原, 雅樹, 渡部, 直喜, 加々美, 寛雄, 中沢, 健太, 中川, 勉

新潟大学積雪地域災害研究センター

相楽, 渉

新潟大学大学院自然科学研究科

稗田, 豊治

医歯薬出版