Blank Cover Image

古期地すべり研究の応用地質学的意義

フォーマット:
論文(リポジトリ)
責任表示:
高浜, 信行 ; 藤田, 至則
出版情報:
新潟大学積雪地域災害研究センター, 1986-12
掲載情報:
新潟大学積雪地域災害研究センター研究年報 = 新潟大学積雪地域災害研究センター研究年報
ISSN:
03877892  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
著者名:
巻:
8
開始ページ:
35
終了ページ:
48
バージョン:
publisher
概要:
Most of the present active landslides are due to the remigration of debris and blocks formed by ancient landslides which occurred in the Japanese Islands. However, the important factors of ancient landslides such as textures, distributions and others are not still clear at all. In this paper, the authors discusses the importance of research of ancient landslides for solving practical problems today such as landslide disasters, the development of the mountainous region, etc. Detailed maps showing a distribution and texture of present and ancient slide mass areas might be useful for the prediction of landslides, and the planning and design of preventive actions for future possible landslide sites. Particular attention should be paid to mapping out the cracks of slide mass, which might behave as zones of paths for ground waters and act as zones of weakness. Such maps can be termed as mass movement geological maps, and can also contribute greatly to the development in mountainous regions, planning and construction of dams and tunnels. 続きを見る
本文リンク
タイトルが類似している資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

高浜, 信行, 山崎, 興輔

新潟大学積雪地域災害研究センター

高浜, 信行

新潟大学積雪地域災害研究センター

高浜, 信行

新潟大学積雪地域災害研究センター

青木, 滋, 藤田, 至則, 高浜, 信行, 小林, 巌雄, 鈴木, 幸治

新潟大学積雪地域災害研究センター

藤田, 至則

新潟大学積雪地域災害研究センター

大草, 重康, 高浜, 信行, 藤田, 至則

新潟大学積雪地域災害研究センター

藤田, 至則

新潟大学積雪地域災害研究センター

高浜, 信行

新潟大学積雪地域災害研究センター

高浜, 信行

新潟大学積雪地域災害研究センター

高浜, 信行, 藤田, 至則

新潟大学積雪地域災害研究センター

高浜, 信行

新潟大学積雪地域災害研究センター