Blank Cover Image

大腸粘膜内癌のリンパ節ITC(isolsted tumor cell)の免疫組織学的検討

フォーマット:
論文(リポジトリ)
責任表示:
松澤, 岳晃
出版情報:
新潟医学会, 2008-11
掲載情報:
新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌
ISSN:
00290440  CiNii Articles  Webcat Plus  JAIRO
著者名:
松澤, 岳晃  
巻:
122
通号:
11
開始ページ:
619
終了ページ:
625
バージョン:
publisher
概要:
大腸粘膜内癌にはリンパ節転移例の報告はなく, 大腸粘膜内癌にはリンパ節転移能がないと考えられてきた. しかし従来の大腸粘膜内癌リンパ節転移に関する検索は, HE染色標本のみを元に行われたものであり, 免疫組織学的に同定されるりンパ節微小転移(isolated tumor cell: ITC)の有無については検討されていない. 本研究は, リンパ節郭清を伴う外科切除が施行され, 病変の全割切片による組織学的検索が行われた大腸粘膜内癌36例を対象に, 上皮性サイトケラチンCAM5 .2免疫染色によりリンパ節ITCを検索し, ITCと原発巣粘膜内癌の組織学的因子との関連を検討した. 原発巣大腸粘膜内癌は全例が分化型(高分化・中分化)腺癌で, リンパ管侵襲・静脈侵襲, 蔟出のリンパ節転移リスク因子は陰性であり, 対象とした557個のリンパ節全てにITCは認められなかった. 以上のことから, 大腸粘膜内癌では免疫組織学的に同定されるITCすら存在せず, リンパ節転移能のない癌である可能性が高いことが再確認された. 大腸粘膜内癌では, 原発巣にリンパ節転移形成過程の第一段階である蔟出形成がなく, そのことがリンパ節転移が生じない主要因として推定された. 続きを見る
本文リンク

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

松澤, 岳晃

新潟大学大学院医歯学総合研究科

須田, 和敬

新潟大学

須田, 和敬, 若井, 俊文

新潟医学会

岡村, 拓磨

新潟大学

岡村, 拓磨

新潟医学会

日紫喜, 万理子, 石川, 卓, 羽入, 隆晃, 番場, 竹生, 小杉, 伸一, 若井, 俊文, 渡邉, 玄, 渡邉, 佳緒里

新潟医学会

廣瀬, 雄己, 坂田, 純, 大橋, 拓, 滝沢, 一泰, 新田, 正和, 高野, 可赴, 小林, 隆, 野上, 仁, 皆川, 昌広, 小杉, 伸一, 小山, 諭, 若井, 俊文

新潟医学会